交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 車両評価損、格落ち損害
交通事故外傷と後遺障害


■車両評価損、格落ち損害?click!

(1)総論

物損・新車・代車・評価損・全損
 

(1)総論

 

自車が追突事故を受け、修理しました。
ところが、元通りではなく、不具合がある?
元通りに見えるが、査定では事故車であるとして、事故前の時価額より下がっている?
これらの減価分を、評価損或いは格落ちと言います。

評価損を事故が原因とする損害として請求すると、保険屋さんは、「支払えません!」 実にぶっきらぼうな回答です。 
「どうしてですか?」 この質問に対しては、「社内規定です! 納得がいかないのなら裁判でも何でもして下さい!」 
とりつくシマもありません。
評価損が認められた判決を根拠に再請求を行うと、評価損を認めないとした判決を提示して支払いませんと反論を繰り返します。
それでは、評価損とは、そもそも何なのか?
どのような場合に認められ、どのような場合に認められないのか?
どうすれば認められるのか? これらを検証していきます。

 

■(2)評価損とは?click!

■(3)裁判での争い、評価損を認めた判決?click!

■(4)裁判での争い、評価損を認めない判決?click!

■(5)財団法人日本自動車査定協会?click!

■(6)事故減価額証明書?click!

■(7)自動車査定協会の事故減価額証明書で評価損、格落ちを認めた判例?click!

■(8)その他、判例で認められた損害?click!

■(9)書式と請求の方法?click!

■(10)自動車損害賠償額請求書?click!

■(11)格落ち獲得に向けて被害者の交渉力とテクニック?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト