交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

1歩行者と四輪車・単車との事故

 
(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突
H13-8-10、名古屋地裁判決、平成13年(ワ)1400号、10:90

歩行、横断禁止の表示のなされていない名古屋市交通局が所有・管理する千種区星ヶ丘バスターミナル内を歩行する61歳男性がバスに衝突、死亡した事案で、ガードパイプ等の設置も不完全であり、目前の公道へは地下階段利用を強いる等、老人等の
弱者の乗降客には酷な構造であったところから、被害者の過失については10%を認定しています。

事故の1年前に定年退職となり、その後は職業安定所に通い職を探していた61歳男性被害者の死亡逸失利益について、
賃金センサス男性60〜64歳平均を基礎に、生活費を40%控除して9年間の逸失利益を認定しています。
458万4400円×(1−0.4)×7.108=1955万円
平成12年発生の61歳、男性、退職後無職者の死亡事案について、死亡慰謝料として2500万円を認定しています。
被害者は、妻、成人の2名の息子と同居していました。

 

本件事故は、バス運転手の前方不注視が主たる原因であるが、被害者についても、横断指定位置以外の場所でバス通路を横断する以上、通行車両の有無およびその動向に注意すべき一般的な義務があるにもかかわらず、通行車両の動向を十分に注視しなかった過失があるとしています。

.丱皇模内に横断禁止の表示はなく、横断を防ぐガードパイプ等の設置も完全ではなかったこと、

∨迷Δ離曄璽爐ら公道に向かうには、一旦、地下通路に入って南側ホームを経由しなければならないが、公共交通機関である市バスのターミナルにおいて、老人等、不特定多数の乗降客に、階段の上り下りを強いることは酷と思われ、本件事故現場を横断歩道付近と同一視することは相当ではないこと、

H鏗下坩奮阿砲癲▲丱皇模を横断する歩行者の存在が日常的に予想される状況であったこと、

ぬ覺屬任呂△襪照明があり、明るいこと、

上記を考慮すれば、バス運転者と被害者の過失割合は90:10と認めるのが相当であると判示しています。

 

裁判判例の分析では、毎回のことですが、常識的な目線による解決を大変強く感じます。

先の判例でも、名古屋市交通局は、バス通路はバスが頻繁に走行しており危険であるとして、被害者過失について50%を下らないと主張したのですが、

_C廼愡澆任蓮△△蠅泙擦鵑茵
横断を防ぐガードパイプも不十分だったではありませんか、
C浪篠模を強制するのは、少々酷ではありませんか、
い燭さんの乗客が、バス通路を歩いて横断しているじゃないの、
ヌ覺屬任△辰討癲⊂般世点灯され、明るいじゃないの、
Ε丱垢留薪昭蠅蓮⊂弖發魎兇犬謄丱垢鯆篌屬気擦襪泙如被害者に気がついていませんよ、
Г發舛蹐鵝△海鵑覆箸海蹐鯡〜海伐C任靴身鏗下圓砲皺畆困呂△蠅泙垢茵

裁判所は、証拠に基づき、上記の7項目を指摘、10:90と判断しているのです。

さて、最近の被害者からの問い合わせですが、受傷から7ヵ月を経過した時点で、治療先で症状固定、後遺障害診断を受け、
加害者の自賠責保険に対して被害者請求を行いました。
40日ほど経過して、14級9号が認定され、自賠責保険から75万円が振り込ました。
被害者は、後遺障害等級が認定されたので、紛センを視野に入れた解決を検討していたのですが、保険屋さんの提示額が予想以上に多く評価されていたところから、提示額に納得をして示談としました。

この示談金は振り込まれ、円満解決となった2ヵ月後、先の保険屋さんから過払いがあるので、示談金の一部を返還、再示談の
申し入れがなされました。

保険屋さんは、自賠責保険の認定額75万円が被害者請求で振り込まれていたことを失念、既払い金として相殺することを忘れて示談金を提示した?実にお粗末極まりない内容です。
私の間違いで75万円を余分に振り込んでしまったので、返してくれませんか?と泣きついているのです。

(欷渦阿気鵑猟鷦┳曚私の予想以上であったので、納得して示談したものであること、
△修靴董⊆談は適法に完了していること、
75万円が過払いであっても、それを間違えたのは保険屋さんであり、被害者が誘導したものではないこと、

上記の3点が被害者としての言い分で、法律的には返還の義務はないと結論しているのですが、保険屋さんは弁護士対応としており、弁護士が強気で、自信がないので、私のところに相談してきているのです。

法律的にはどうなのか、この議論となると、私は弁護士、専門家でないので分かりません。
しかし、その前に、
/祐屬任△譴弌誰しも間違いをすること、
¬世蕕な誤り、間違いであれば、それは訂正されるべきものであること、
D鷦┳曚砲弔い董個々の費目の検証を行っていないとしても、予想以上に多いとの印象を抱いていること、

元々、イケイケドンドンですから、「もらったもん勝ち、知らん顔、無視すれば!」これが私の本来の性格にあった回答ですが、
現在は、毎日の判例分析で冷静な眼力を向上させていますから、上記の3点を考えたのです。
そして、返還して解決することを前提とした交渉に踏み出すべきとアドバイスしました。

間違って、多目に支払った示談金程度のことで、裁判所が法律的な論争をするか?
そんなことに発展することはないと判断したのです。
ポンスケ弁護士には、保険屋さんが間違ったことを考慮して返還の額を提示させ、これに納得が行かなければ、紛センに持ち込んで、1から地方裁判所支払基準で線引きの仕直しをするまでのことと思われます。
その後、この被害者がどうしたのか?まだ、報告がありません。

 

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト