交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

1歩行者と四輪車・単車との事故

 
(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、
H3-7-16、静岡地裁判決、平成2年(ワ)417号、0:100

幅員3.3mの橋の上の狭路で実況見分を行なう警察官(被害者)が他車との衝突事故で滑走した加害車を避けようとして、
欄干を飛び越えて21m下の川に転落、負傷した事故で、被害者の過失相殺が否認されています。

この事故で、33歳男性警察官は、脾臓喪失で8級11号、右下肢の1cmの短縮で13級9号、併合7級の後遺障害が認定されたのですが、事故後は昇給するものの、被害者が希望する刑事、交通畑の仕事に戻れずデスクワーク的な仕事に就くこと、脾臓喪失も
今後の警察官としての勤務、昇進昇給等に少なからぬ影響が生じることが容易に推認されることから、労働能力喪失率25%で32年間の逸失利益を認定しています。

 

〔覺屐降雨中に片側3.3mの狭路で漫然と実況見分を行っていたのではないの?
⊂ー蠅鉾瑤唸澆蠅堂我をしたのだから、警察官にも過失があるでしょう?

被害者である警察官は、怒りで震えたと思われますが、これが保険屋さんの主張です。

これに対して、裁判長は、もう1人の警察官が赤色灯を携帯し、これを脇に挟んで照らしながら路側帯上で実況見分しており、
運転手が前方を注視していれば、警察官の立っていた地点より約66メートル手前で、赤色灯を明瞭に確認できる状況にあり、
また加害者はスリップ事故の前にこの赤色灯を確認しているとして、2名の警察官は、実況見分中であることを通行車両の運転手に察知せしめるための一応の措置をとっていたと判断しています。

片側3.3mの狭路の路側帯で実況見分を行うには、進行車両の通行に十分注意しなければならないのですが、警察官は、
本件事故当時、夜光テープがつけられた白色ヘルメットおよび白色雨衣上着を着用しており、被害者は、加害車両と対面する向き、東京方面を向いて立っており、車両の通行にも注意しつつ実況見分に当たっていたことが認められると指摘、漫然と実況見分をしていたとの主張を斥けています。

被害者が自ら欄干を飛び越えて衝突事故を回避しなくても、加害車両と衝突しなかった可能性は否定できない
が、片幅3.3mの狭い道路上で、走行するトラックが真近に迫っている状況に直面した被害者が飛び降りなければ衝突すると直感し、衝突を避けるため欄干を飛び越えようとしたことも無理からぬ心情として十分理解できると指摘、路側帯で佇立したままトラックの通過を待つべきと強いることはできないとして、事後的、客観的に衝突しない可能性があったとの判断を前提としても、被害者が
自ら欄干を飛び越えて約21m下の川に落下したことが過失相殺の対象にはならないとして、0:100との判断を示しています。
保険屋さんの非常識な主張は全面的に否定され、0:100となったのです。

 

盲導犬の交通事故死で、名古屋地裁が260万円の損害賠償を命じています。
これは、盲導犬の価値が争われた全国初の判決ですが、裁判官は、盲導犬の価値について、視覚障害者の眼の代わりとなり、精神的な支えとなって積極的な社会参加を可能にする点で、杖とは異なる社会的価値があるとの判断を示しています。

客観的な価値については、育成に要した費用を基礎に考えるのが相当とし、中部盲導犬協会が、全盲導犬に対して支出した育成訓練費用の平均が453万円であり、死んだ盲導犬、サフィー6歳の残りの活動年数、死ぬまでに向上した盲導犬の技能を加味して、賠償額を260万円としています。
つまり、逸失利益が認められたと言うことです。

 

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト