交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

1歩行者と四輪車・単車との事故

 
(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突
H19-10-9、京都地裁判決、平成18年(ワ)2513号、0:100

京都郊外の大型スーパーの屋外駐車場で佇立中の8歳男子をオフロード車が轢過、死亡させた事案につき、被害者は見えにくい時刻に、わずかに車両用通路に入って佇立中で全く落ち度がないとは言えないものの、歩行者誘導帯とカート置場近くで車両用通路にわずか入った地点であり、轢過するまで被害者に気付かず、度重なる違反歴で本件事故当時、運転免許停止中であった加害者の過失に対し、被害者に過失相殺減額を行うことは相当でないと認定しています。

直近で変わり果てた被害者の姿を目の当たりにした父母、妹がPTSDに罹患したとする事案について、直接の被害者ではないから損害とみることはできないが、慰謝料算定に斟酌するとした。

被害者側の懲罰的・制裁的慰謝料の請求につき、最高裁平成9年7月11日判決に基づき、認めることはできないと判示、斟酌事情から被害者人分2250万円、父母については、それぞれ300万円、妹分として150万円慰謝料を認定しています。

 

被害者には、車両が多数通行する大型駐車場の車両用通路を横断中に、通行車両に対する安全の確認をせずに本件車両用通路に立ち止まっていて、危険な状態に身をさらしていた過失があること、

両親には、被害者の手を引くなり、車両用通路に身体を出さないように注意する等、監督、見守りをして、その安全を図れる立場にあったのに、車両用通路への立ち入り、佇立を容認した過失が認められること、

刑事事件の控訴審判決は、量刑の事情において、被害者側に全く落ち度がないとはいえないと認定していること、

保険屋さんは、例によって被害者側にも過失が認められるとして、過失相殺の主張を展開しています。
しかし、自信がなかったのか、過失割合の表示までは踏み込んでいません。

これに対して裁判官は、
_坦下圓砲蓮∩以注視義務という運転者にとって最も基本的な注意義務を怠っていること、
被害者が佇立していた位置は、車両用通路の中央部分ではなく、歩行者用誘導帯の近くであったこと、
2坦下圓蓮⊂彳佑訣牴瓩垢襪泙波鏗下圓傍ど佞い討らず、被告の前方不注視の程度が大きいこと、
げ坦下圓蓮∧神11年、12年に速度超過、平成16年には、整備不良車運転による罰金前科を有していたほか、速度超過、
赤信号無視等の交通違反歴も12件あり、過去2回の運転免許停止処分を受け、本件事故当時も3回目、平成16年11月から
180日間の運転免許停止中であったこと、

これらの事実が認められるところから、被害者とその両親になんらかの過失が認められるとしても、法の基礎をなす衡平の観点からすれば、過失相殺減額を行うことは相当でないと判示しています。

免停中の運転は無免許の扱いとなり、重過失が問われます。
加害者に+20%の加算修正が当然ですから、これは、0:100となります。

被疑者側が請求する懲罰的・制裁的慰謝料について、
これは被害者側が実際に被った損害以上の賠償が認められるべきとの主張である。

H5-3-24、最高裁大法廷判決によれば、不法行為に基づく損害賠償制度は、被害者に生じた現実の損害を金銭的に評価し、加害者にこれを賠償させることにより、被害者が被った不利益を補填、不法行為がなかったときの状態に回復させることを目的としており、加害者に対する制裁や、将来における同様の行為の抑止、すなわち一般予防を目的とするものではなく、加害者に対して損害賠償義務を課することによって、結果的に加害者に対する制裁ないし一般予防の効果を生ずることがあるとしても、それは被害者が被った不利益を回復するために加害者に対し損害賠償義務を負わせたことの反射的、副次的な効果にすぎず、加害者に対する制裁および一般予防を本来的な目的とする懲罰的損害賠償の制度とは本質的に異なるというべきである。

H9-7-11、最高裁第二小法廷判決では、不法行為の当事者間において、被害者が加害者から、実際に生じた損害の賠償に加えて、制裁および一般予防を目的とする賠償金の支払を受け得るとすることは、上記の不法行為に基づく損害賠償制度の基本原則ないし基本理念と相いれないものと判示されており、懲罰的損害賠償を認めることはできないとして斥けています。

 

 

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト