交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

1歩行者と四輪車・単車との事故

 
(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?
H5-7-6、大阪地裁判決、平成4年(ワ)2857号、10:90

不安定な姿勢で積荷と一緒に加害貨物車の荷台に搭乗中、カーブで転落死亡した被害者に10%の
過失相殺が適用されています。

半年前、観光ビザで来日、作業員として就労していた韓国籍、26歳独身男子の死亡慰謝料を1200万円、逸失利益について、
3年間はわが国での実収入を基礎に、以後は韓国の建設労働者の平均賃金を基礎に生活費50%を控除してホフマン式で
算定しています。

10%の過失相殺について、
本件事故は、運転者が、被害者が運送に不慣れな日雇い労務者であることを知りながら、仕事を急ぐ余り、積荷にロープをかける等の安全措置を講じることなく、荷台に作業員を乗せて積荷が落下しないように押さえておくようと指示、さらに、走行中に荷台の作業員や積荷の様子に注意を払うことなく、急カーブの道路を徐行せずに進行したため、被害者が荷台から落下して死亡したもので、運転者としての過失は極めて重大である。

一方、被害者にも、運転者から荷台に乗って積荷を押さえておくよう指示されたとは言え、荷台の枠に腰掛ける極めて不安定な姿勢で搭乗していたことにより、急カーブで落下しかけた積荷の机を押さえようとして机とともに落下、本件事故の発生を招いた点で過失があると判断せざるを得ない。
上記の諸事情を考慮すると、本件の過失割合は、運転者90%、被害者10%が相当である。

被害者遺族は、運転者が被害者に対して危険を強いておきながら、これを被害者側の過失として主張することは、信義則に反し
許されないと主張したのですが、運転者が積荷にロープをかける等の安全措置を講じることなく、荷台に被害者らの作業員を乗せて積荷が落下しないように押さえておくよう指示した点で、運転者が被害者に危険を強いたことは認められるものの、その際、
運転者が被害者に対して荷台の枠に腰掛ける極めて不安定な姿勢で乗車することまで指示していた事情は窺えないのとして、
信義則に反するとの主張を却下しています。

 

○観光ビザで就労していた死亡被害者の逸失利益、慰謝料について、

^鐚才益については、4237万6507円の請求に対して、1793万3957円を認定しています。
被害者は、本件事故当時26歳で独身、被害者は従兄弟と2人で、H3-3-14、観光目的で来日したが、しばらくして所持金がなくなったため、来日から約2週間後に、従兄弟と2人で大阪市浪速区内のマンションを借り、日雇い労務の仕事を始め、1ヵ月に35万円程度の収入を得て、死亡するまでの間に、韓国にいる母親に5、60万円の仕送りをしている事実が認められる。

そして、入管法の「短期滞在」の在留資格をもって在留する者は、報酬を受ける活動等をすることができず、この規定に違反して、報酬を受ける活動等を専ら行っていると明らかに認められる者については、入管法24条により日本からの退去を強制することができることから、被害者の来日後の就労は、違法就労である。

しかし、日本への入国自体が強度の違法性を有する密入国のような場合とは異なり、就労内容も日雇い労務であって、問題がないことからすると違法就労であることを理由に、被害者の逸失利益を否定するのは相当でない。

入管法の規制によれば、被害者が就労を継続すれば、最終的には、日本からの退去を強制されることになる。
本件事故当日から3年間については、日本国内で得ていた1ヵ月35万円、年間420万円の収入を基礎とし、その後の67歳までの38年間については、韓国男子建設労働者の月額平均賃金79万990ウォンに為替相場の換算率を適用した月額10万5676円、
年収126万8112円の収入を基礎として逸失利益を算定すべきである。
ILOの統計によれば、平成2年の韓国における男子建設労働者の月額平均賃金は79万990ウォン、H5-6-10における
韓国外換銀行の電信為替相場では、100ウォンが13円36銭である。
本件事故当時における被害者の年齢、身上関係、生活状況からすると、生活費として50%を控除すべきであるとして、1793万3975円の逸失利益を認定しています。

被害者遺族は、逸失利益に関し、憲法における法の下の平等の原則、国際人権規約の理念に照らして、外国人労働者についても日本人と同等の賠償額を認めるべきであると主張しているが、逸失利益の算定において基礎となる収入額については、被害者の本件事故当時の収入額、就労状況、就労の継続性等を重要な要素とする事実認定に関する事項であって、被害者が外国人から否かに関する問題ではないのであるから、被害者遺族の主張は採用できないとして却下しています。

∋猖完崋嬶舛砲弔い討蓮2000万円の請求に対して1200万円を認定しています。
被害者遺族は、死亡慰謝料についても、逸失利益における主張と同様に、憲法における法の下の平等の原則、国際人権規約の理念に照らせば、外国人労働者についても日本人と同様の慰謝料額を認めるべきであると主張するが、本件における死亡慰謝料額は、本件訴訟の審理において現れた一切の事情を考慮して、裁判所の裁量で決定すべき事項であるとして、先の被害者の
身上関係、違法就労状況、入管法による退去強制の処分の可能性、ILO統計による韓国の男子建設労働者の月額平均賃金、
本件事故態様、その他一切の事情を考慮すれば、死亡慰謝料としては、1200万円が相当であると判示しています。
他の不法就労でも参考となる判例です。


■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト