交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

1歩行者と四輪車・単車との事故

 
(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?
H14-9-27、札幌地裁判決、平成13年(ワ)5181号、10:90

13歳男子、特殊学級に通学する生徒が、日没後の降雪時、北海道北広島市内の歩道を歩行中、おりから除雪中の除雪車に巻き込まれる事故が発生しました。
左足開放骨折等で85日間の入院、1年9ヵ月間に273日を通院、左足関節機能障害等で併合7級の後遺障害が認定され、
4839万6976円を求めて損害賠償請求訴訟を提起しています。

裁判所は、10%の過失相殺を適用、逸失利益の基礎収入は、センサス平均の2分の1で認定しています。

事故当時、歩道は、左右の端が雪山になっており、車道側の雪山は約50cmの高さで、反対側の雪山は約85cmの高さとなっていました。天候は、雪が降っており、暗くなっていたので、除雪車は前照灯を点灯していました。
除雪車の運転者は、事故現場近くで約12m前方に歩行中の被害者を認めています。

そこで、被害者が除雪車を回避するのを待ち、除雪車を停止させていました。
被害者が歩道から雪山を越えて車道に出たことを確認したところから、除雪車を始動、時速約2kmで進行させながら除雪作業を
再開させたものです。
運転者は、除雪した雪を飛ばす投雪シュートの向きを車道方向から反対側に変更、投雪シュートの方向を見ながら約6.5mを進行した地点で、除雪車の前方に左側から何かが落ちた様に感じたので、除雪車を停止させ、ロータリー刃の回転を停止させたところ、被害者が倒れているのを発見したものです。

被害者は、事故当時13歳で、西の里中学校2年生で特殊学級に在籍していました。
国語や算数の能力としては小学校高学年程度であり、教科学習などの理解力に問題はあったが、運動能力には問題がなく、
日常生活における支障はほとんどない状況で、事故当時も、クラブ活動を終え、1人で、自宅に戻る途中でした。

裁判所は過失割合を判断するにあたり、以下の指摘をしています。
被害者は、13歳であり、知的能力の問題があったことが認められるものの、過失相殺を考える際には、事理弁識能力で足りると
解されるから、この点の支障は認められない。

除雪車は、前照灯を点灯しており、被害者も除雪車の存在に気がついていたが、一旦、車道に出て除雪車を避けたものの、再度、歩道上の、本件車両の進行方向に戻っている事実があり、この点で、被害者の過失も考慮しなければならない。
一方、当時、西の里中学校前の車道の通行量は多かったこと、
歩道は片側のみの設置で、車道に出た歩行者が、再び、危険を感じて歩道に戻ることも十分考えられたこと、
車道の通行量が通常よりも多いことについて除雪車の運転者も認識をしていたこと、
日没後であったこと、
雪も降っていたことなどの事情が認められ、
これらを併せ考慮すると、被害者の過失割合は10%が相当と判断されました。

 

雪山、除雪車、まさに北海道特有です。
私には及びもつきませんが、先頃のパラリンピックでも、お爺ちゃんの操作する除雪車に巻き込まれ、前腕の先を失った選手が
スキーで活躍をしておられ、頭が下がりました。
小型のものでも、鋭い刃が高速回転していますから、やはり危険なものと予想されます

実は、北海道に熱心、真面目なご婦人の会員がおられ、長く、深く、楽しいおつき合いを続けています。
このご婦人は家族の交通事故受傷で会員となられたのですが、その後、ご自身も事故受傷され、その相談で長いおつき合いとなっています。

この妙齢のご婦人から、「追突を受けて、自車が全損したの!」昨年の冬の第一報です。
「前がチンタラ走っていたので、第一車線から追い抜きをかけ、本線に戻ったら相手車の追突を受け、自車はスリップして
ガードレールに激突、全損となりました?」ざっくばらんには、こんな事故状況です。
真冬の北海道でも幹線道路は24時間除雪の対象ですが、吹雪等の降雪時には、ともかく1車線の確保に必死で、そんなとき、
片側2車線の走行車線は、除雪が不十分で道幅も狭く、路面はやや、いや、かなりボコボコ状態です。

北海道の常識ある人々は、ボコボコ車線から追い抜きをかける?まず、そんなことはしないものです。
私も30年以上も前、北海道を爆走していましたから、こんな断言ができるのです。
ところが、妙齢のご婦人は、果敢にも挑戦されたのです。
なんとか追い抜きはしたのですが、いつまでもこのボコボコ車線を走行することはできません。
道路交通法では、追い抜いてから3秒程度走行してもとの車線に戻るのですが、目的を達成したご婦人にそんな余裕はなく、
ここからは予想ですが、間髪を入れず、元の車線に割り込んだものと推理しています。
ご婦人にとって見れば紛れもない追突ですが、追い抜かされたのが私なら、「オバハンの幅寄せで、衝突したんとちゃうの?」
となります。

代理店もシッカリしており、有効な遠隔操作もあって、全損の自車は新価特約でパリパリの新車となり、
ご婦人は人身傷害保険、ご主人は共同不法行為、自賠責保険のダブル請求+人身傷害保険、通院は、
搭乗者傷害保険+傷害保険請求で毟り取りました。
先頃、真面目に通院されたご主人にも14級9号が認定され、自賠責保険から75万円×2が振り込まれました。

「あなたは温厚な妻、子どもには優しいお母さんだけれど、ハンドルを握ると、狂暴になる傾向があるね!」
温厚なご主人の嘘・偽りのない感想です。
妙齢のご婦人も、長男の結婚で、7月にはお婆ちゃんとなられます。
「紛センで、地裁基準で?」このご相談には、もうやめておきましょうと優しく回答をしておきました。
この前の事故の解決が残っており、これからも2年以上のお付き合い、親戚状態が続きます。


■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト