交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

(2)救急車との衝突

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(2)救急車との衝突
H6-7-15、千葉地裁判決、平成15年(ワ)1466、2343号、90:10

救急搬送中の救急車が、サイレンを鳴らし、赤色の警告灯を点灯して赤信号の交差点に進入、右方から青信号で進行中の貨物自動車と出合い頭衝突しました。
ところが、自動車の運転者は0.25mmgの酒気帯び運転であり、交差点には、時速77km以上の速度で進入しており、裁判所は、
この運転者の過失を90%と認定しています。

本件事故は、平成11年12月26日、年末も押し迫った午前2時45分に発生しています。
本件の出合い頭衝突により、救急車は全損、救急車の運転者も負傷、さらに、衝撃で救急車の後部扉が開放したことにより、
救急隊員、救急搬送中の患者と同乗者の妻が車外に投げ出される悲惨な事故となっています。
救急車の運転者は頚椎捻挫で済みましたが、もう1人の救急隊員は急性硬膜外血腫、搬送中の患者は、翌年の1月6日に死亡、その妻女は頚椎骨折の重傷です。

さて、裁判所の判断です。
〇故発生状況について、救急車はサイレンを吹鳴し、赤色の警告灯を点灯しながら、時速約50kmで直進、本件交差点に至り、対面信号が赤色であったのを確認している。
救急車は、停止線手前から減速して横断歩道を越えた辺りで時速約5kmに落とし、横断歩道を越えた付近に達した時点で
南北道路の左方から進行してくる自動車が停止線辺りで停止してくれたのを認め、右方を十分確認しないまま加速をして、
時速約20〜23kmで直進進行したところ、本件交差点の中央付近で、救急車の右側部に貨物自動車の衝突を受けたものである。

貨物自動車の運転者は、平成11年12月25日午後11時30分ころから午前2時頃まで、行きつけのスナックで焼酎の水割りを焼酎の量にして約300〜400ccを飲み、午前2時10分過ぎころ、スナックを出ている。
当時、呼気1リットルで0.25mmg以上のアルコールを身体に保有する状態であったが、運転に支障はないと判断し、貨物自動車を運転して帰途についたものと思われる。
貨物自動車は、時速約77km以上の高速で直進、本件交差点付近でサイレンの音を聞いたが、アルコールの影響で注意力が
鈍っていたため、遠くで音がしていると感じ、青色信号に従ってそのままの速度で進行したところ、左方救急車が進行してくるのを認め、急制動の措置を採ったが間に合わず、貨物自動車の前部を救急車の右側部に衝突させたものである。

∋故当時、救急車の後部扉をロックしていたが、事故の衝撃により救急車の後部扉が開き、搬送されていた患者と搭乗中の
患者の妻、搭乗中の救急隊員が車外に放り出されたものである。

5澣渕屬篭杁渕嵶召任△蝓∪嵜号の場合であっても一般車両に対し優先権がある上、事故当時は、サイレンを吹鳴し、赤色の警告灯を点灯して走行、交差点手前において、一旦、時速約5kmに減速した後、時速約20〜23kmに加速して進行しているのに
対し、貨物自動車は、事故当時、時速約77km以上の高速で進行していたのみならず、呼気1リットルにつき0.25mmg以上のアルコールを身体に保有する状態であり、交差点付近に至ったところでサイレンの音を聞いたが、アルコールの影響で注意力が鈍っていたため、遠くで音がしていると感じて一時停止するなどの措置を全く講じず、青色信号に従ってそのままの速度で進行したものであり、その過失は極めて大きく、救急車に徐行義務違反、右方の注視義務違反があることを考慮しても、10:90と破断するのが
相当である。

さて、本件事故は、搭乗中の救急隊員、患者と患者に付き添っていた妻女にとっては、紛れもなく共同不法行為が成立、救急車と貨物自動車の2つの自賠責保険の対応を受けることができます。

全損となった救急車については954万8405円の損害が認められました。
救急隊員に対しては、総治療期間と治療実日数に基づく慰謝料のみが地裁基準で判決されています。
搬送中の患者が、この事故により死亡しているのですが、この人身損害は8982万3297円となっており、内、3053万5620円は、
地方自治体である千葉市が、2808万7677円は、貨物自動車加入の保険屋さんからすでに支払われているのです。

 

本件事故は、救急車の所有者である千葉市が、貨物自動車を訴えたものであり、争点は過失割合が中心です。
つまり、亡くなった患者の損害賠償は既払い金で計上されており、この損害額が地裁基準で検討されることはなかったことになります。
患者の年齢が不明ですが、自賠責保険から3000万円×2=6000万円の支払いが予想され、保険屋さんとしての負担は僅かなものです。
肝心の死亡した被害者の損害賠償額が、既払い金として処理されたことに怒りを感じていますが、訴訟当事者でなければ、
これは仕方のないことです。

 

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト