交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

(3)センターオーバー衝突

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(3)センターオーバー衝突
H14-10-31、京都地裁判決、平成13年(ワ)2082号、5:95

夜間、積雪の片側1車線道路で小型貨物車が、センターオーバーの大型貨物車に正面衝突を受けた事故で、大型貨物車が
駐車中の車両を追い越すためセンターオーバーをすることが予見できるとしても、チェーンを装着して急制動をかけても衝突を
回避できたとは言い切れず、小型貨物車の過失を5%と認定しました。

この事故は、平成11年2月4日、午前1時45分頃に滋賀県近江八幡市で発生しています。
当時は積雪しており、小型貨物自動車は、タイヤチェーンを装着せずに片側1車線道路を走行しています。

小型貨物車を運転していた22歳女性は、顔面多発性挫滅創で7級4号、歯牙の喪失をあわせて併合6級の後遺障害が認定されており、自賠責保険金を控除して3916万円損害賠償を求めて、訴訟を提起したものです。

被害者としては、相手車のセンターオーバーであり、当然に0:100を主張しています。
西濃運輸の大型貨物トラックの言い分は、事故当日、京都から横浜へ向かう予定であったが、天候が大荒れの吹雪であり、
降雪のため名神高速道路が通行止めであったことから、トラックにチェーンを装着して運転、先行の乗用車に追従して事故現場に差し掛かったもので、事故現場は、トラックからみて登りの左カーブであり、降雪のため、路面は積雪で真っ白の状態であった。
事故現場の左側路端に積雪のため放置されたものと思しき駐車車両があったことから、大型貨物トラックは、先行車両に続いて、ウィンカーを出しながら右にハンドルを切り、トラックを対向車線へ進出させたところ、正面前方に前照灯の明かりが見えたことから、対向進行中の自動車に気付いたが、同車が速度を落としたように見えたことから、相手車が道を譲ってくれるものと思い、トラックを微速で進行させたところ、相手車がそのまま進行してきたため、すぐにブレーキをかけて停止するとともに、前照灯をパッシングさせて相手車に対して危険を知らせたが、相手車は停止せず、そのままトラックと正面衝突したものである。

相手の小型貨物車は、事故当時、ノーマルタイヤであった上、チェーンも装着していなかった。
以上により相手小型貨物には、
‖膩寝瀛トラックの動静についての安全確認を怠っていること、
大型貨物トラックのパッシング合図に対して、停止等の適切な運転操作を怠っていること、
O面に積雪があったにもかかわらず、小型貨物トラックのタイヤにチェーンを装着しなかった等の過失が認められ、相当な
過失相殺がなされるべきである
センターオーバーでも、堂々たる理屈を展開しています。

これに対する裁判所の判断は、
事故現場は、ほぼ南北に走るアスファルトで舗装された片側1車線の平坦な直線道路であり、
双方とも、前方の見通しは良かった。
なお、事故当時の天候は雪であり、事故発生の約35分後から行われた実況見分の際の事故現場付近の積雪量は約9cmで
あったことが確認されている。
大型貨物トラックは、時速約40kmの速度で本件道路を北から南進、事故の際、大型貨物トラックには滑り止めのチェーンが
装着されていた。

一方、小型貨物トラックは、時速約30kmで道路を北進しており、事故の際、小型貨物トラックのタイヤは雪道用のものでなかったにもかかわらず、滑り止めのチェーンは装着されていなかった。
大型貨物トラックは、先行の乗用車に追従して事故現場に差し掛かったが、事故現場の左側路端に駐車車両があったことから、
まず、上記先行車両が車幅の半分程度を対向車線にはみ出す状態で上記駐車車両の横を通過、大型貨物トラックは、
上記駐車車両の存在に気付くのとほぼ同時に、対向車線を走行してくる小型貨物トラックの前照灯の光を認めたものの、
速度が遅く見えたことから、大型貨物トラックの通過を待ってくれているものと考え、先行車両に続き、対向車線に進出、
駐車車両の横を通過しようとしたところ、小型貨物トラックと約40mの距離に接近した時点で、停止せずに対向車線を走行してくることに気付き、ブレーキをかけたが、間に合わず、正面衝突をしたものである。
その際、大型貨物トラックのブレーキをかけるとともに、左にハンドルを切って衝突を回避しようとしたが、左側路端に縁石が
設置されていて、路外に進行することができなかったことから、結局、小型貨物トラックとの衝突を回避することができなかったものである。

実況見分記録によれば、大型貨物トラックが危険を感じてブレーキをかけようとした地点から小型貨物トラックと衝突した地点までの距離は約16.2mに過ぎず、その間の空走距離や事故当時、降雪のため路面が滑りやすかったことを考えると、たとえ、
小型貨物トラックのタイヤに滑り止めのチェーンが装着されていたとしても、大型貨物トラックとの衝突前に小型貨物トラックが停止したとは思われない。

本件事故はいわゆるセンターオーバー事故であり、大型貨物トラックは、左側路端の駐車車両の横を通過するに際し、
前方から原告車が対向進行してきていることを認識していたにもかかわらず、原告車の速度が遅く見えたことから、
原告車が自車の通過を待ってくれているものと軽信して対向車線に被告トラックを進出させたことにより事故を発生させたのであるから、本件事故の発生について、大型貨物トラックに前方不注視あるいは安全運転義務違反の過失があったことは明らかであるとともに、その過失の程度は相当に重いというべきであって、本件事故の発生に関する過失の大半は大型貨物トラックにあるというべきである。

一方、本件事故に関する小型貨物トラックの過失の有無を検討すると、一般的には、道路を走行する車両の運転者は、
対向車のセンターオーバーを予見すべき注意義務を負わないと解されるが、本件事故のように対向車線の路端に駐車車両があるような場合には、対向車が駐車車両を追い越すために自車線に進行してくる危険を予見することは比較的容易であるから、抽象的に言えば、そのような場合には、車両の運転者は、対向車の動静を注意深く観察し、場合によっては急制動を行ったり路外に退避するなどして、対向車との衝突を回避すべき注意義務を免れないといわざるを得ない。
しかも、事故当時は、事故現場付近には相当程度の積雪があったのであるから、小型貨物トラックのタイヤに滑り止めのチェーンを装着して制動能力を確保すべき注意義務を負っていたにもかかわらず、これを怠ったものであり、この点についても、原告には一定程度の過失があったものというべきである。

もっとも、本件事故の発生状況、殊に、小型貨物トラックの走行車線の左側路端に縁石が設置されており、大型貨物トラックとの
衝突を回避するために路外に退避することが不可能であったことなどにかんがみると、仮に、小型貨物トラックのタイヤに滑り止めのチェーンが装着されており、かつ、自車線に進行してくる大型貨物トラックの動静を認めて直ちに急ブレーキをかけたとしても、
衝突を回避することができたとは思われない。
本件事故の発生に関する小型貨物トラックの過失の程度は相当に軽微であるとみるのが相当である。
以上により、本件事故に関する小型貨物トラックの過失割合は5%とみるのが相当である。

 

ここからは余談になりますが、被害者は自賠責保険金を除いて、3916万円損害賠償を求めたのですが、
184万3908円×95%=175万1713円が認定されたに過ぎません。

通院交通費としてやや出鱈目なタクシー代の請求、H11-2-4〜H12−8-24までの治療費と休業損害の請求は相手側の克明な
立証により、ことごとく否定、頼みの逸失利益も全否定されています。
22歳の女性に顔面の醜状瘢痕を含む併合6級の後遺障害が認定されたことは悲しむべきことですが、訴訟では、
ケッタクソの請求は慎むべきです。
担当弁護士の能力もありますが、損害賠償請求訴訟としては明らかな負け戦です。

 

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト