交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

(4)山岳道路での正面衝突事故

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(4)山岳道路での正面衝突事故
H14-10-31、京都地裁判決、平成13年(ワ)2082号、5:95

山岳のS字カーブ道路で遭遇した2台の自動車がお互いに急ブレーキを踏んで、中央部で正面衝突したものですが、原告は、
事故後2日を経過して、頚部捻挫等で不調を訴え3人が入院する?やや臭い事案です。

さて、裁判所の判断です。
本件の事故発生状況について、
本件の道路は、奥多摩町方面と大月市方面とを結ぶ、県道大月奥多摩線にあり、この県道は山岳道路であるため、樹木により
見通しの妨げられているところがあったり、場所により道路幅員が異なったり、あるいは各所にカーブが認められる道路状況です。
事故現場は、アスファルト舗装された道路幅員5.4m、ほぼ平坦で乾燥しており、速度規制、センターラインはなく、
また、奥多摩町方面から大月市方面に向かって緩やかな左カーブとなっており、右側が山、左側が崖であり、
崖側にはガードレールが設置されており、転落を防止、崖側には多数の樹木が乱立しており、対向方向の見通しを妨げており、
交通量は少なく閑散としています。

原告は、妻を助手席に、知人を後部席に同乗させ、大月市方面から奥多摩町方面に向け時速約40ないし50kmの速度で道路の
ほぼ中央を進行中、右前方の木々の陰から現れた被告車を約20m先に発見、急ブレーキを踏んで停車し事故を回避しようとしたが、結局、原告車の右前部角付近と被告車の右前部角付近とが本件路上中央部、左端から2.7mの地点で衝突し、原告車の右前部バンパーフェンダー前照灯等が小破しています。

被告は、被告車を運転して奥多摩町方面から大月市方面に向け時速約60kmの速度で中央部を進行中、左前方の木々の陰から対向して進行してくる原告車を約35m先に発見し、危険を感じ急ブレーキを掛け、左に若干ハンドルを切ったが、結局約20m進んだ付近で5、6mのスリップ痕を残して衝突、その場に停車しています。
結果、被告車の右前部バンパーフェンダー等が小破しています。
なお、原告車は被告の発見後約11.3mを進行しています。

過失相殺について、
以上の事実により、道路の中央部を走行し、相手車の発見後、適切な対処を怠った双方に過失が認められ、その割合は、原告が40%、被告を60%とするのが相当と判断されます。

臭い話しについて、
原告=訴えた方の3名、夫婦と知人は、事故後2日を経過して不調を訴え、麻布病院に入院しています。

〇故現場では、警察官に人身事故ではないと説明、特に原告は車を運転して自宅に戻っていること、

2日後に麻布病院を受診、頭部・右膝打撲、頚椎捻挫により4週間の診断がなされ、5/20までの52日間の入院をしているが、
麻布病院のカルテには、症状の訴え、投薬(注射、湿布)、理学療法(鍼、マッサージ、超音波)などの記載はあるが、ジャクソンテスト、スパーリングテストといった頚椎捻挫に対し通常行われるテスト所見をはじめとする他覚的・理学的な所見に関する記載がないこと、
当時、原告は慢性肝炎により、麻布病院で治療中であったが、カルテにはこの点に関する記載もなく、原告は入院期間中何回か無断外出していること、

H鏐陲聾狭陲魎泙3名が入院したとの連絡を受け、平成元年3月29日上野原警察署に対し人身事故を届け出たが、原告らからは診断書の提出はなされておらず、警察署は実況見分および取調べを行うために原告側に再三連絡をとるも、原告側は、その呼び出しに応ずることは勿論、何らの連絡をとることもなかったこと、

し枋杷浦辰蓮∪橘名彳佑両豺腓任眸傷することはあるが、不意を衝かれることの多い追突とは異なり、衝突が予見できるために防御態勢をとることができ、そのために、発傷に要する衝撃は追突と比べて、かなり大きいことが通常であること、

また、頚椎捻挫は、事故直後にその症状が現れることもあるが、事故後暫くしてからその症状が現れることも、強くなることもあると肯定しています。

上記の4つを指摘して、本件事故により、頭部・右膝打撲、頸椎捻挫の傷害を受けたものと認めることはできるけれども、原告は、原告車を運転していたのであり、かつ、予め被告車を発見し事故を予見していたのであるから、防御態勢をとっていたとみられることや、事故後の原告に関する状況を総合すると、その傷害の程度が入院を要するものであるとまでは認めることはできないとして、入院治療を否定しました。

妻女も知人も同じ理由で否定されています。
さらに、妻女については、妻であることを理由に、40%の過失相殺が行われ、既払い額を控除すると、既に損害は填補済みと結論されています。
勘違いして訴訟を提起したのですが、踏んだり蹴ったりの結論となりました。

〇故直後に不調を訴えていないじゃないの?
病院における治療内容から、どうして入院の必要性があったの?
神経学的検査も実施されていない、なんといい加減な病院ですね?
それに、入院中も、無断外泊をしているじゃないですか?
い匹Δ靴瞳抻,某与隼故を届けなかったの?

これらは、全て、相手の保険屋さんの立証と主張です。
事故直後の不調については、裁判では、「頚椎捻挫は、事故直後にその症状が現れることもあるが、事故後暫くしてから、その症状が現れることも、強くなることもある。」と肯定されていますが、その他は全て保険屋さんの主張が採用されています。
いかがわしい被害者達とポンスケ弁護士が仕掛けた裁判ですが、なすすべもなく、叩き潰されています。
わたし的には、「ザマーミロ!」の感想です。


■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト