交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

(9)高速道路、料金所付近での衝突、

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(9)高速道路、料金所付近での衝突、
H15-9-2、東京地裁判決、平成14年(ワ)16051号、50:50

これも料金所付近で見かける事故形態です。
高速道路の料金所を出て、運転を交代する目的で路側帯に停車しようとした乗用車に、大型貨物車が衝突した事故ですが、
本線とは逆方向で左側車両の前方を斜めに横切った乗用車と、右側の車両に気を取られ、前方の注視を怠った大型貨物車の
過失割合を50:50と認定しています。

 

さて本件事故は、平成12年7月11日、午後3時25分頃、関越自動車道上り線、新座料金所先で発生しています。
乗用車は追突された?
大型貨物車は、トラックの前方に急激に割り込まれた?
いつものパターンで、水と油の主張をしています。

乗用車は、料金所の第4ゲートで料金を支払い、その後、運転を交代する目的で、左端の路肩に停車させるべく、左サイドミラーとルームミラーで左後方を確認、危険はないと判断して左方向指示器を点滅、左斜方向に道路を横切るように乗用車を進行させたものである。
右方向に緩やかにカーブする道路を左方向に進行して路肩に停止させるには、左後方の安全を十分に確認しなければならない注意義務が求められるにもかかわらず、左サイドミラーとルームミラーで後方の安全を確認したのみであり、衝突するまで、大型貨物車に気がついていない。

一方、大型貨物車は第2ゲートで料金を支払い、その後、本線の合流地点に向かうため時速約50kmで走行していたが、大型貨物車の右側には、第3ゲートをほぼ同時に出た4とントラックが少し前方を併走するように走行しており、この動静に気を取られ、脇見しており、前方の注視を怠った過失が認められる。

裁判所が認定した事故発生状況は、上記の通りで、大型貨物車の前方不注視の程度も相当大きいとして、50:50の過失割合が相当であると認定しています。
追突も、急激な割り込みも、完全否定されました。

この裁判は、乗用車と、車両保険・人身傷害保険を支払ったあいおい損害が提起したものです。
乗用車の運転者は、歯科助手をしていたのですが、この事故で頚椎捻挫、腰椎捻挫となり、1年6ヵ月間で235日を通院しており、人身部分の損害請求を行っています。
この中には、Nliro調査事務所が非該当と判断した後遺障害部分の損害も含まれています。
これらについては、治療先の診断書、診療報酬明細書、カルテ、画像等が詳細に分析され、自覚症状中心の外傷性頚腰部症候群であるとして、後遺障害を否定、必要とされる治療期間についても、受傷から10ヵ月間、平成13年5月末日で症状固定との判断が示されています。

本件で笑えるのは、あいおい損害の失態です。
あいおい損害は、車両保険から520万円、対物保険から12万0681円、人身傷害保険で352万0095円、合計884万0776円を負担しています。
治療期間、休業損害は足切りされ、50%の過失相殺が実施され、自賠責保険分が差し引かれると、求償債権の額は、208万4451円に大きく目減りしたのですが、同時に、本件の弁護士費用も裁判所に請求しています。

これに対して裁判所は、
「不法行為の被害者が、自己の権利擁護のために訴えを提起することを余儀なくされ、訴訟追行を弁護士に委任した場合には、
それに要する弁護士費用は相当と認められる額の範囲で不法行為と相当因果関係のある損害となるが、保険会社が商法662条1項により代位取得した損害賠償請求権を行使する場合においては、これに要する弁護士費用が、当然に当該不法行為と相当因果関係のある損害となるものではないと解されるべきである。
もっとも、保険代位が生じる時点で既に被害者が訴訟追行を弁護士に委任していた場合には、具体的に発生した弁護士費用の
賠償を求める権利は損害賠償請求権の一部として保険会社に移転することになるが、本件においてそのような事情は認められない。
したがって、弁護士費用は原告会社の損害と認めることはできない。」
バッサリ斬り捨てられています。

被害者には格落ち損傷を否定して、車両保険金の回収の裁判では、評価損を請求した日産火災が思い出されるバカ丸出し請求です。
追突と主張して、50%過失ですから、泣くに泣けない判決ですが、被害者は、車両保険、人身傷害保険の対応で、一定の損害のカバーはできています。
保険屋さんのみが悲嘆に暮れる判決となりました。

 


■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト