交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

(10)ETCレーンにおける追突事故

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(10)ETCレーンにおける追突事故
H19-4-20、名古屋地裁判決、平成17年(ワ)4428号、0:100

ETC車載器の配線の断線で開閉棒が開かなかったことによる追突事故について、先行車に後続してETCレーンに進入しようとする車両の運転手は、何らかの不具合等によりETCゲートが開かず、そのため先行車が停止を余儀なくされる事態もあり得ることを
予見した上で、減速および車間距離を保持すべき義務がある。

しかし、本件は、普通貨物車がETCゲート手前で急停止したことに対応できず、乗用車が追突したというものであり、乗用車には、減速義務違反または車間距離保持義務違反の過失を認めるのが相当であるとして、追突車に100%の過失を認めています。

 

 

訴えたのは、追突した乗用車ですが、その屁理屈を検証します。

4トントラックの運転者は職業運転者である、
ETCカードは無効なものであり、利用できない状況で漫然と進入して急停止した過失がある、
ETCユニットの配線に問題があったとの主張がなされているが、であれば、整備不良の過失がある、
ぃ釘圍奪押璽箸肋彳佑靴討蘯崑里鮟つけないウレタンなどの柔らかい素材で作られており、万一、ETCゲートが開かなかったときは、そのままETCゲートに衝突してでも通過することが、運転者のとるべき対処策である、
グ幣紊砲茲蝓4トントラックの急ブレーキは道路交通法24条でいう「危険を防止するためやむを得ない場合」には該当せず、
4トントラックには重大な過失が認められる、
乗用車は、4トントラックが重過失により急停止したため、これを避けることができず、やむなく追突したもので、
過失は認められない

正に、言いたい放題です。

さて、裁判所の判断です。
△郎拠がなく、問答無用で否定、
整備不良については、ETCユニットの配線はダッシュボードのふたを外した中のヒューズボックス内にあるのであって、日常的に当然に点検できるような箇所にはない。
道路運送車両法47条2第1項では、日常的な点検の方法は目視等とされており、また、同条項所定の国土交通省令である自動車点検基準1条では、点検項目として、ブレーキ、タイヤ、バッテリ、原動機、灯火装置および方向指示器、ウインド・ウォッシャおよびワイパー、エア・タンク等が掲げられているものの、ETC車載器やその配線は掲げられていないとして、整備不良を否定しています。

ぅ押璽箸望彳佑靴討任眥眠瓩垢戮については、そもそもETCゲートは、ETC車載器と路側無線装置等との間で有効に通信ができないときに、路側表示器に停車が表示されるとともに、ETCゲートを開かないままにすることにより車両を停止させるというために設置されたものであり、ETCゲートが開かないときは、運転者はその手前で停止する義務があるのであって、これを通過すべき義務があると認めることは到底できないと全面否定、以上により、4トントラックの急停止は、危険を防止するためやむを得ない場合に
該当すると判示しました。

乗用車の過失については、先行車に後続してETCレーンに進入しようとする車両の運転手は、何らかの不具合等によりETCゲートが開かず、そのため先行車が停止を余儀なくされる事態もあり得ることを予見した上で、減速および車間距離保持をすべき義務があると指摘、本件は、乗用車が、4トントラックがETCゲート手前で急停止したことに対応できずに被告車に追突したもので、減速義務違反または車間距離保持義務違反の過失があるとするのが相当であるとして、本件の損害賠償請求を棄却しています。

なんとも格好のつかない判決で、吉本のお笑い以下です。

 

横浜地裁判決H19-9-28

ETC利用規程8条1号には、ETC車線内は徐行して通行すること、前車が停車することがあるので、必要な車間距離を保持することとあり、ETCシステム利用規則実施細則の4条には、徐行の際は、ETC車線内で前車が停止した場合、開閉棒が開かないもしくは閉じる場合その他通行するにあたり、安全確保できない事態が生じた場合であっても、前車または開閉棒その他の設備に衝突しないよう安全に停止することが出来るような速度で通行することが定められており、一般車両通行帯における前車の急激な停止の場合と同視することはできないとして、追突車に100%の過失を認定しています。
判決文では、開閉棒が開かなかった原因は明らかにされていません。

 

横浜地裁判決H20-8-12

先行車の運転手によるETCカード挿入が不十分であったことについて、道路交通法24条に違反した場合に準じて先行車の過失を検討する必要があるとの判断を示しました。

別冊判例タイムズ16、189ページ、107の基本過失割合70:30を適用、後続車には、通常の道路と比べて厳格な減速義務および車間距離保持義務が課されること、制限速度が20kmを15km上回る速度違反があったことを修正要素と考慮、90:10、先行車に10%の過失を認めています。

道路交通法24条では、車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、またはその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならないと規定しています。

 

ETC車線の通行方法に関する規制=ETCシステム利用規程

8条1号、ETC車線には、時速20km以下に減速して進入すること、
8条2号、ETC車線内は徐行をすること、
8条3号、前車が停止することがあるので、必要な車間距離を保持すること、

開閉棒が開かなかった原因が、ETCシステムの故障による場合、ETC車載器の断線等故障を原因としたものでは、急ブレーキをかけたとしても、道路交通法24条では、危険を防止するためやむを得ない場合に該当することになり、先行車に過失は認められません。

開閉棒が開かなかった原因が、先行車の運転手のETCカードの入れ忘れであれば、これを怠った先行車の運転者にも過失が
認められる傾向です。
基本過失割合は20%が相当とされています。
先行車に制動灯の故障がある場合は、10〜20%の加算修正が行われます。

この場合、後続車の加算修正割合は、15km以上で10%、30km以上で20%となります。


■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト