交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

(12)トンネル内の追突事故、

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(12)トンネル内の追突事故、
H9-5-29、東京高裁判決、平成8年(ネ)5184号、100:0

トンネル内で追突事故が発生、約1分後に、追突事故を発生させて停車中のベンツに乗用車が追突した事故で、2回目の追突車の過失を100%と認定しています。

この事故は、平成7年3月21日、午前6時49分頃、横浜市保土ヶ谷区の横浜新道下りのトンネル内で発生、最初の事故は、
渋滞のために停車した普通貨物トラックに、ベンツが追突したものです。

これを訴えたのは、2回目の追突車ですが、摩訶不思議な屁理屈を展開しています。

〆能蕕猟鋲融故がなければ、1分後にこの事故は発生しなかった?
最初の事故は2回目の追突事故と相当因果関係があり、社会的にみて同一の機会に生じた同時事故である?

∈能蕕猟鋲融故は、54万2030円、2回目の追突事故では69万4060円の損害が発生しており、合計の損害額は123万6090円であるが、事故当時のベンツの時価額は88万円であり、経済的全損となっている。
支払うべき損害賠償額は33万7970円が妥当である?

ベンツは、加入の保険屋さんに車両保険金を請求、免責の10万円を差し引いて113万6090円の支払いを受けており、
このことには、なんの不思議もありませんが、通常、修理費用は修理工場に直接支払うものであり、修理もしないで113万6090円の支払いを受けたことで、利得を得ているとねじ曲がった主張をしています?

ぅ戰鵐弔蓮追突後、進行方向に向かい右斜めになって車道を塞いで停止したが、後続車による衝突が予想される状況であり、
ベンツのエンジンに障害はなく自走することができたにもかかわらず、なんらの事故回避処置もしておらず、このことで50%の
過失相殺を行うべきである?

裁判所は、最初の追突事故は、ベンツの前方不注視で発生、その追突事故の約1分後には、2回目の追突車の前方不注視で
本件事故が発生、つまり2つの別の事故が発生したと認定しています。

最初の追突事故と本件事故によるベンツの損傷部位は異なっており、2事故の損害額を合計して経済的全損を主張することは
相当ではない。
ベンツが修理をしないで車両保険金を得たことで利得下との主張は、これを認める証拠がない。
最初の事故から約1分間に、事故回避措置をとらなかったからといって、ベンツの過失と評価することはできない。

つまり、これらの摩訶不思議な屁理屈は全面否定されたのです。
弁護士は依頼人の利益を守る立場、これが仕事となります。
先の屁理屈が、依頼人の要望であっても、これが通るか通らないかは、法律家としての知識以前に、常識で判断できることです。

依頼人の利益を守るのであれば、ときには、諫めることもしなければなりません。
本件は、高裁まで争って、控訴棄却の全面敗訴です。
私は、依頼人も、引き受けた弁護士も、頭の中はトンネルが通っていたのではないか?真剣に心配しています。
依頼人の名前も、担当した弁護士も分かっているのですが、これを明らかにすると、私が名誉毀損、偽計業務妨害罪で
持って行かれます。
恥を知れ、バカタレが!思っていますが、頭がトンネルになっても困りますので、ぐっと我慢で控えています。


■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト