交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故
H17-10-5、名古屋地裁判決、平成16年(ワ)2508号、10:90

幅員7.8mの道路を軽貨物車が直進中、前方に駐車中の大型トラックを発見、これを避ける必要から右寄りに進行したところ、工場から道路に進行しようと車頭部分をはみ出して停止中のフォークリフトの爪部分に衝突しました。 停止中のフォークリフトには、10%の過失が認められています。

 

本件事故は、軽貨物車が約10m前方に駐車中の大型トラックを避けようとして、道路の北寄りに停止中のフォークリフトの爪部分に衝突したものであり、基本的には、軽貨物車の前方不注視の過失により発生したものである。

一方、本件道路は中央線が引かれていないこと、停止中のフォークリフトからも、本件道路を走行する車両が、大型トラックを避けるために道路中央に進路を変更して走行することが予想され、そして、フォークリフトの爪部分が地上から約20cmの位置に固定されており、運転者が爪部分に気づかないまま走行してくることも予想されることから、フォークリフトにも爪部分の操作で一定の過失が認められる。
そこで、本件では、フォークリフトに10%の過失を認めるのが相当である。

さて、軽貨物トラックを運転の被害者は、加入の日本興亜損害保険に対して、車両保険金および人身傷害保険金を請求、5052万3330円を受領、さっさと解決としています。
人身部分の損害は、日本興亜の積算では、5948万4606円でしたが、人身傷害保険金は5000万円の加入であり、保険金限度額の支払いとなっています。

そこで、日本興亜損害保険が原告となり、支払った5052万3330円の求償請求を行った裁判です。

この被害者は、妻と2人で喫茶店を経営しており、平成12年度確定申告による収入は、減価償却を含めても144万3429円となっています。
休業損害は、この金額を基礎として計算されていますが、
逸失利益では、
’間92万5974円、減価償却を含めても144万3429円では生活することが困難であること、
被害者は、喫茶店を経営する前の25年間、ファミリーレストランに勤務、店長として複数の店舗を任され、退職時の手取りの給与は40万円を得ていたこと、
今後、外部で飲食関係の仕事に就いたときは、上記の収入を得る蓋然性が認められること、
上記の3点を理由に、基礎収入を55歳年齢別平均賃金から、50万6100円とするのが相当と主張しています。
保険屋さんとは思われないやさしい主張ですが、払ったものの取り返しですから、必死なのです。

これに対して、フォークリフト側は、以下の厳しい糾弾をしています。
仝絨箴祿欧砲茲覦鐚才益の算定では、原則として事故前の現実の収入とすべきである。
∨楫錣任蓮基礎収入について、年齢別平均賃金の607万3200円が適用されているが、被害者の事故前の収入は144万3429円であり、本件事故当時54歳の被害者が、今後、外部で就職し、実収入の約4倍もの平均賃金額を得られる蓋然性は認められない。
H鏗下圓蓮⊆尊櫃僚蠧世500万円程度であったと思うとするが、これを立証する証拠はない。

じ狭陲蓮被害者の確定申告書の所得は節税対策を講じた上での金額であり、実際の所得はこれを上回っていたと主張するが、これは、明らかに所得隠しまたは脱税に他ならない。
ダ婆浬陲砲浪畩な所得を申告、他方で実際の所得より多くあったとして多額の請求を行うことは不当である。

では、裁判所は、
“鏗下圓諒神12年度の確定申告書の所得金額は92万5974円、減価償却分を合わせても144万3429円である。
原告は、被害者の確定申告額は、節税対策を講じた金額であり、実際の所得はこれを上回ったと主張、被害者も喫茶店の売上げは年間約1000万円、営業経費を差し引いた粗利益は600〜700万円であったと供述をしているがこの供述以外に、立証する証拠は認められていない。

△靴し、被害者は喫茶店の仕事をする前は、手取り約40万円の収入があったこと、
妻との生活を維持するためには、確定申告書記載の収入額では不十分であると推認されること、
被害者が、借入金等により生活を維持していたことを窺わせるような事情もないことから、事故当時、確定申告書の金額以上の収入があった可能性が予想されるが、実際の収入を明らかにする証拠はないことから、平均賃金を用いることとし、平成14年賃金センサス産業計・規模99人以下・調理師男性労働者の全年齢平均賃金月額29万1800円を基礎となる収入とするのが相当である。

なお、原告の主張する被害者の税務申告の方法は、いわゆる所得隠しと評価されても仕方がないような方法であり、税務署に対しては、故意に所得を低く申告しながら、裁判所に対しては、税務申告以上の所得を申告するのは許されないとも考えられる。
しかし、交通事故に基づく損害賠償請求の裁判において、逸失利益等の基礎となる収入の算定は、原則として被害者の実際の収入を基礎とすべきであり、仮に、税務申告上において所得隠しが行われているのではないかと疑われるとしても、それは、損害賠償請求とは別に修正申告等の税務申告上の手続で処理されるべきものであると考えられ、被害者が、税務申告上の所得額と異なる所得の申告をすることが信義則に反し許されないとまでは認められない。
実にクールな判断を示しています。

これは、保険金を支払った保険屋さんが求償請求を行った裁判です。
当然に支払った限度額で請求されており、認定も地裁基準ではなく日本興亜損害の人身傷害保険支払基準で
判断されています。

損害の費目

日本興亜火災の請求額

裁判所の認定額

いわゆる地裁基準

治療費

181万6333円

181万6333円

181万6333円

入院雑費

14万3000円

14万3000円

19万5000円

通院交通費

7万2400円

7万2400円

7万2400円

頚椎装具

1万9879円

1万9879円

1万9879円

文書料

9280円

9280円

9280円

休業損害

185万4895円

185万4707円

185万4707円

傷害慰謝料

144万9350円

144万9350円

260万7000円

逸失利益

4711万9469円

2598万4900円

2598万4900円

後遺障害慰謝料

700万0000円

700万0000円

1400万0000円

物損額

52万3300円

52万3300円

52万3300円

総損害額

5052万3300円

3867万3149円

4708万2799円

過失相殺後の損害額

 

388万7317円

470万8280円

本件事故の過失割合を0:100として5052万3300円の請求となっていますが、90:10と認定された結果、388万7217円の支払いが認定されたに過ぎません。
いわゆる地裁基準ならどうなるか?積算を行いましたが、逸失利益の基礎収入があまりに低く、損害の総額が5000万円未満で、過失相殺後の損害額は470万8280円となりました。

裁判所は、税務署では過少申告、損害賠償では多額の請求を行ったとしても、信義則に反し、許されないとまでは認められないと判示していますが、実際には、過少申告で泣きを見た結果となっています。

 

松の木ばかりが、松じゃない?
前回、松の枝の損害を取り上げています。
当方の悪ガキ、2怪獣が松にぶら下がって枝が折れたら個人賠責保険の日常生活賠償特約に請求すると説明していますが、個人賠責保険では、管理財物に対する損害賠償責任は免責になっているとのことで、借家賠償保険に請求することになりますよとのアドバイスです。

ファンの優績代理店さんからの、愛情溢れるご指摘、もっとも、ファンとは、私が勝手に言っていることですが、こんなときは本当に助かります。

 

次は、保険料をとり過ぎているとの情報です。
地震保険では、コンクリート造・鉄骨造を(イ)構造、木造は(ロ)構造と区分して保険料を決めています。
ところが、木造であっても、省令準耐火等、耐火基準を満たしていれば(イ)構造となります。

木造でも、平成以降の建築であれば、特に2×4住宅では99%が(イ)構造に該当します。
そして、2010年1月から地震保険の料率改定があり、(イ)構造であれば、保険料が半額となったのです。

ところが割引料率の適用は、2010年を始期とする契約に限られているのです。
2009年12月以前の契約なら、保険証券に木造省令準耐火と記載されていても、保険料は高いままなのです。
35年間の一括契約をしている人は、これからも35年間、高い保険料をとられ続けることになります。
急いで、2010年を始期とする契約に変更してください。


■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト