交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、
H14-7-18、福岡高裁判決、平成13年(ネ)1186号、30:70、

夜間、3台の車両が走行中、先頭の大型トラックが積み荷の荷崩れを起こし、積み荷を落下させました。
それに気づいた後続の乗用車が急停止、3台目の大型貨物車が乗用車に追突した事故で、追突した大型貨物車に70%、
積み荷を落下させた大型トラックに30%の過失を認定しています。

 

1審の福岡地裁は、脇見運転による追突事故と認定、積み荷を落下させた大型トラックに対する請求を棄却していますが、2審の福岡高裁は、積み荷の落下と追突事故に相当因果関係が認める判決を下しました。

本件事故は、平成11年6月1日、午後9時37分頃、島根県浜田市下府町の国道9号線で発生したものですが、
鉄製のパレットを積載した大型トラック、乗用車、大型貨物車の順で走行中、路面の凹みで大型トラックの積荷、鉄製パレットが荷崩れを起こし、鉄製パレットが路面に落下してガードレールに激突し、なにかが爆発したかのような音を発生させています。

このことについて裁判所は、本件の落下は、大型トラックの積載物落下防止義務違反により生じたものであるから、大型トラックに過失が認められることは明らかである。
一般に、車両を運転する者は、走行中に自車の積載物を路面に落下させれば、後続車がこれに衝突する可能性があることのみならず、その後ろの後続車による二重追突事故が発生する可能性があることは、容易に予測できることであり、車両を運転する者は、直後の後続車以外の後続車に対しては、過失責任を負わないかのごとき議論は採用の余地がない。

後続の乗用車は、前方の大型トラックがパレットの荷崩れを起こしたことに気づき、減速を行い、4、5秒後にパレットが落下したことを確認して急制動の措置を講じ、落下物や大型トラックとの事故を回避している。
なお、乗用車が急ブレーキをかけたことが追突の重要な原因となるが、それが大型トラックより落下した鉄製パレットとの衝突を回避するために、やむを得ないものである以上、急ブレーキをかけたことに対して乗用車に本件事故の過失責任を問う余地はない。
そうであるからこそ、乗用車に急ブレーキをやむなくさせた大型トラックの積荷の落下と本件追突との間の相当因果関係があるとみるべきなのである。

大型貨物車は、乗用車の後方約40mの地点を時速約60kmで走行していたが、夜間で暗かったこともあり、大型トラックの荷崩れの様子は見えなかったため、鉄製パレットが落下した際の爆発音のような音を聞いて、一瞬、自車右側にあったコンビニエンスストアで何かが起こったのかと思い、そちらの方を見ている。

大型貨物車が視線を前方に戻したときには、乗用車は既にブレーキをかけていたので、大型貨物車と乗用車の車間距離は約22mに縮まっており、急ブレーキをかけたが間に合わず、落下した鉄製パレットの約1m手前に停止していた乗用車に追突、その弾みで乗用車が前方に押し出され、鉄製パレットと衝突している。

しかし、本件事故の態様は、乗用車は、大型トラックの荷崩れを起こしたことに気付いて急ブレーキをかけているが、その後方を走行していた大型貨物車は、荷崩れは見えなかったのであり、脇見をしなかったとしても、状況認識が遅れてブレーキを掛けるのが遅れることは当然有り得ることであり、本件追突が、もっぱら、大型貨物車の脇見に起因するとは言えない。
脇見の原因についても、落下した鉄製パレットがかなり大きな物で、落下時にガードレールに衝突したために、爆発音のような音がしたため、道路横のコンビニエンスストアで何かが起こったのかと思い脇見をしたことが認められ、追突事故が、落下事故とは無関係に、もっぱら、大型貨物車の過失により生じたとは言えず、落下と追突との間の相当因果関係を認めるのが、相当である。

大型トラックは、積載物落下防止義務に違反し、国道走行中に、前記鉄製パレットを路面に落下させたこと、他方、大型貨物車は脇見をしたものの、その原因に、本件落下による衝突音が影響していること等の諸事情を総合考慮すると、大型貨物車の過失を70%、大型トラックの過失を30%と認めるのが相当である。

 

 

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト