交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

(20)双方が青色信号で通過したと主張

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(20)双方が青色信号で通過したと主張
H16-6-16、東京地裁判決、平成15年(ワ)5312号、0:0で請求を棄却

見通しの悪い交差点で大型貨物車同士の出合い頭衝突事故が発生、お互いが青信号通過を主張した事案で、対面信号を特定することはできないとして、請求が棄却されています。

 

引き続き、信号を巡る争いです。
平成13年12月5日、午前5時40分頃、埼玉県岩槻市の交差点で、この事故は発生しています。
この交差点は、国道122号線の南北道路と、国道16号線の東西道路が交わっています。

122号線を北進する大型貨物車Aは、この交差点を右折して春日部方面に向かうのですが、対面信号が赤であり、右折車線に変更して一旦停止を行ったこと、大型貨物車Aは先頭で停止しており、左隣の右折車線後方に大型トラックが、自車の後方に他の車両が停止していたこと、その後信号が青となり、右折進行したところ、左方から進行してきた大型貨物車Bの衝突を受けたが、衝突寸前まで大型貨物車Bに気づいておらず、ブレーキも掛けていないと供述しています。

一方、大型貨物車Bは、国道122号線を南進、青信号で本件交差点を直進する際に、右方から進行してくる大型貨物車Aを認めて急ブレーキを踏むも間に合わず衝突をしたと供述しています。

大型貨物車Aの供述が正しいのであれば、大型貨物車Bは国道16号線を東進していなければならず、大型貨物車Bの供述が正しいのであれば、大型貨物車Aは、国道16号線を東進もしくは東進右折中でなければならないことになり、走行していたとする道路が特定できない事故状況となっているのです。

裁判所は両当事者の供述を克明に洗い直して結論をだすことにしました。

大型貨物車Aに後続車がいたのであれば、これら車両も信号が青に変わった後、交差点に進入し、右折して春日部市方面に向けて走行したはずであり、であれば、本件事故に巻き込まれたと思われるが、その事実は認められないこと、後続車両が交差点に進入したかどうかは分からないと供述していることから、後続車両の存在を認めることはできない。

また、大型貨物車Aは、衝突直前まで大型貨物車Bを発見しておらず、突然衝突したのであり、衝突を回避するためのブレーキもかけていないと供述するが、衝突地点には、大型貨物車Aのタイヤ痕が残っており、ブレーキをかけたことは、時の経過により失念するようなことではなく、大型貨物車Aの供述は、本件事故当時の客観的状況と重要な点で整合しない部分があり、交差点手前で、対面信号が赤であったこと、これに従って停止し、青に変わったことから、本件交差点に進入し、右折して進行したという供述を採用することはできない。

次に、大型貨物車Bの供述について検討すると、対面信号が青色表示であることを確認し、加速して、時速約50kmで本件交差点に進入、交差点進入直前、大型貨物車Aを発見し、ブレーキをかけたが間に合わず、衝突して停止したと供述しているが、発見してから、衝突後停止したと供述する地点までの距離は15.6mであり、時速約50kmで走行中にブレーキをかけて15.6mで停止することは、時速50kmの停止距離が約24.89mであることから、不可能であること、一方、被告車両の右側面には、擦過痕があり、これは、衝突後に2台の大型貨物車が接触したまま、つまり、大型貨物車Bが大型貨物車Aを引きずったためにできたものと考えるのが合理的であることから、衝突後、大型貨物車の停止の位置は、供述とは異なることになる。
以上により、大型貨物車Bの供述もまた、本件事故当時の客観的状況と重要な点で整合しない部分があり、このことからすると、対面信号が青色を表示していたので、本件交差点を直進するため、進入したとの供述を採用することはできない。

つまり、大型貨物車A、Bの供述は共に否定されています。
交差点の走行方向の矛盾に踏み込むことなく、本件の争いは棄却されたのです。

裁判では、お互いがなんでも好き放題に主張することができるのですが、証拠主義に貫かれていますから、立証できなければアウト、それまでのことです。

先の2件はいずれも信号を巡る争いです。
お互いが青を主張する不毛の争いですが、現実に、青・青はなく、どちらかが嘘を言い張っている状況です。
しかし、2件については、立証することも、嘘をあぶり出すこともできず、お互いが抹殺されています。,

私は、こんな短絡なことで争いたくはないので、3年前から、自車にはドライブ・レコーダーを取りつけています。
最近では、被害者が持参される刑事記録にドライブ・レコーダーの画像が添付されているものを頻繁に見受けており、刑事処分の現場では、ドライブ・レコーダーの記録が認知されています。

ドライブ・レコーダーは5万円未満ですが、いざ事故となれば、5万円の負担で済むことは稀です。
そして、相手のミエミエの嘘に激昂することもありません。

 

 

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト