交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、
H6-9-22、山口地裁判決、平成4年(ワ)220号、10:90

日没後、無灯火で耕耘機を運転して国道を通行中、乗用車の追突を受けた事故で、耕耘機の過失を10%と認定しています。

 

この事故は、平成2年4月15日、午後19時18分頃、山口県阿武郡の国道9号線で発生しています。

 

過失割合について、
乗用車は、時速約70kmで進行中、約13mの至近距離で耕耘機の存在に気がつき、右にハンドルを切るもおよばず追突しており、運転者は同乗者との会話に気を取られ、前方不注視の状態で漫然進行した過失が認められる。

一方、耕耘機については、これを運転して国道を走行すること自体が法規に違反している上、日没後であるのに、ストップランプ、前照灯、車幅灯、尾灯もなく、反射板の右側はなくなっており、左側も古いものでほとんど効果を上げていないことが認められる。つまり、自車の存在を後続車に対して明らかにするなんらの措置も講じておらず、ここに落ち度があったと認めざるを得ない。
上記の事情を総合的に考慮すれば、耕耘機に10%の過失を認定するのが相当である。

 

本件が裁判となったわけについて、
耕耘機の運転者は、農業とタクシー運転手を兼業していたのですが、本件の追突で10m近くを飛ばされ、6m下の田んぼに転落、これにより、頭部外傷、外傷性クモ膜下出血、外傷性頚部症候群等の傷害を負っています。
事故当初は2つの病院に23日間入院、退院後は199日間に17回の通院をしています。
この間の138日間について、温泉を利用した治療先で54回の温泉治療を受け、その後、平成3年1月8日から上記とは異なる病院に52日間入院、退院後は89日間で17回の通院をしています。
しかし、後遺障害は2回の申請で、いずれも非該当となっており、訴訟では12級12号の認定を求めています。

保険屋さんは、この再入院は認められない?後遺障害は非該当である?そもそも、耕耘機は公道を走ることができない?マルマルの無灯火ではないの?として、債務不存在確認請求訴訟を立ち上げたのです。

裁判所は、これらの治療については、平成3年5月28日の症状固定までの期間を認定しています。
しかし、治療が長期化した原因として、腰部の経年性変化と、早期のタクシー運転手の復帰を指摘、事故受傷と、これらが競合して損害が拡大しているとの判断を示し、損害を公平に分担させるという損害賠償法の理念に照らすのであれば、損害賠償額を定めるに当たり、民法722条2項の過失相殺の規定を類推適用して、10%の素因減額を認めるのが相当としました。

耕耘機の運転者は、本件事故と相当因果関係の認められる後遺障害の程度について、12級12号であると主張、一方、加害者加入の保険会社は、後遺障害は認められないと主張しているが、その症状から14級10号を認定するのが相当であると、14級10号を認定しています。

後遺障害はなんとか14級10号が認定されたのですが、過失相殺で10%、素因減額で10%、損害額は20%のカットとなりました。


■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト