交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、
H15-4-14、東京地裁判決、平成13年(ワ)18270号、70:30、

片側2車線道路の右側駐車場から右折進入した乗用車を避けて、路外左側の歩道に乗り上げ、樹木に激突した普通貨物車の未接触事故について、普通貨物車に速度超過が認められ、右方から進入の乗用車をもう少し早く発見できる可能性があったとして普通貨物車の過失割合を30%と認定しました。

 

本件事故は、平成7年12月30日、午後2時40分頃に茨城県鹿島市内で発生しています。
普通貨物車の男性運転者、47歳独身は右股関節脱臼骨折、右脛骨顆部粉砕骨折、肺挫傷等の傷害を被り、283日間の入院をしており、併合11級の後遺障害が認定されています。

 

過失割合について、
乗用車は、駐車場から道路に右折進入するには、道路左右の方向から進行してくる車両の有無および動静を注視した上で、これらの車両の進行を妨害することのないようにすべき注意義務があったが、左手の方向を見て原告車を認識したものの、余裕をもって右折することができるものと軽信し、安易に道路に右折進入した結果、普通貨物車の安全な進行を妨げた過失が認められる。
ただ、普通貨物車のスリップ痕が約20mにもおよんでいる上、樹木に衝突してようやく停止していること、普通貨物車の運転者は、自車の速度を時速約75kmであったと供述しているものの、感覚に基づくものにすぎないことからすると、制限速度を時速30km以上はともかくとして、時速15kmを超える速度を出していたことはほぼ明らかであること、普通貨物車がもう少し早く本件道路の右方から進入してくる乗用車を発見していれば、本件事故は避けられた可能性を否定することができないことといった点を指摘することができ、普通貨物車にも一定の落度があったものと言わざるを得ない。
以上の事情を総合的に考慮すると、普通貨物車の過失割合は30%と見るのが相当である。

 

入院期間、付添看護料、逸失利益について、
確かに重傷でしたが、47歳男性被害者は、2ヵ所の病院で283日間の入院を続けており、請求された治療費は、739万1703円となっています。
相手方は、2回目の入院は抜釘術の6日間を除いて全否定をしたのですが、裁判所は、2回目の入院時は4分の1の部分荷重であったが、平成8年6月初旬には、3分の1ないしは2分の1荷重に改善、6月末には松葉杖1本で歩行、全荷重となっていること、6/13、6/16、6/22、6/23、6/29、7/6と外出を続け、7/13は外泊をしていること、7/15にはもうしばらくの入院を希望しているものの、その後も、7/17、7/20、7/21、7/27、7/28と外出を続けていることから、2回目の入院の必要性・相当性は、遅くとも平成8年6月30日までに限られ、以降は通院による理学療法で足りたと判断されるとして、平成8年7月1日〜9月30日までの入院を否定し、一方で通院による理学療法の必要性を認め、治療費については、その70%を認定しています。
105万2320円の治療費がカットされました。

本件の被害者は、骨盤骨の奇形で12級5号、右膝の変形性関節症による神経症状で12級12号が認定され、併合11級となっています。12級5号は、腸骨からの骨移植による奇形・変形です。

被害者は11級の労働能力喪失率、20%で逸失利益を請求していますが、裁判所は、右脛骨顆部粉砕骨折について、腸骨翼から骨移植がなされ、「骨盤骨に著しい奇形を残すもの」として12級5号に該当すると判断されているが、
腸骨からの採取による奇形については、後遺障害慰謝料の点で斟酌することは当然のことであるが、これが被害者の労働能力を喪失させたとの証拠はないと逸失利益を否定しています。

右膝関節痛は、レントゲン写真から、右膝関節面の内顆・外顆の癒合に不整が認められ、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級12号と判断されたことが認められ、右膝関節痛については、ゆっくりとしか歩けず、500m前後を歩くと、右膝の内側に痛みが走り、立っていることもままならないこと、したがって、仕事に復帰したものの、階段の上り下りや長く歩くときは、膝に痛みが来ないようにサポーターをきつく巻くようにしていること、事故前の重量物の運搬・据付作業には従事することができず、業務管理の仕事に限定されるため、給与も一定程度減少していることから、後遺障害による労働能力喪失率は14%を認めるのが相当としています。

交通事故によって受傷し、入院した被害者に対する親族の付添看護については、医師の指示がなくとも、被害者の病状等の事情に照らし、親族が付き添い、看護をすることが社会通念上相当であると認められるときは、これに要した費用は、当該交通事故と相当因果関係のある損害というべきである。

被害者は、入院直後から、肺挫傷のため、酸素の投与を受けたこと、平成8年1月9日、全身麻酔で約5時間30分の手術を受けたこと、1/11、集中治療室から一般病室に転室したこと、術後も、創部ドレーンからの排液が多く、C反応性蛋白も高値を示したため、抗生剤の投与を受けたこと、術後1週間で酸素の投与が中止され、2週間後には、C反応性蛋白の数値も鎮静化したため、抗生剤の投与を経口に変更したこと、そして被害者は独身であり、実姉である西村恭子が、住所地の新潟市から茨城県鹿島郡鹿島町に赴き、1/3〜1/24
までの間、神宮ホテルに宿泊し、宿泊代14万7,000円を支払ったこと、最初の病院に入院していた被害者に付き添い、看護をしたことが認められる。
実姉が入院中の原告に付き添い、看護をしたことは、社会通念上相当であったと認められるところ、これに要した費用は、宿泊代に加えて、1日当たり6500円として14万3000円を付添費として本件事故と相当因果関係のある損害ということができるから、合計で29万円となる。

 

この判例からくみ取れること、
“鏗下圓入院を希望しても、損害賠償では、その妥当性が検証されます。
外出や外泊は、カルテから厳しく詮索され、大ナタが振るわれるのです。
本件でも、カットされた治療費、105万2320円は被害者の取り分から差っ引かれています。

骨移植に伴う腸骨=骨盤骨の変形は自賠責保険では12級5号が認定されますが、それによる支障を被害者が立証しない限り、逸失利益は否定されています。

F院に伴う付添看護料は、医師の指示がなくても、社会通念上、相当と判断されるときは、認定されています。
宿泊を伴うときは、宿泊料も認定されています。


■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト