交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

(25)一方通行逆送車

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(25)一方通行逆送車
 
H5-5-28、名古屋地裁判決、平成2年(ワ)3542号、100:0
幅員5.8mの平坦な一方通行路を逆走した加害車両と、一方通行にしたがって走行中の被害車両が衝突した事故で、裁判所は、加害車両の回避処置の不適切を指摘、加害者の100%過失を認定しています。

 

過失割合について、
本件事故現場は、幅員5.8m、アスファルト舗装の平坦な南北道路で、南向き一方通行と最高時速40kmの規制がなされており、事故当時は、雨上がりで路面は湿潤であったことが認められ 加害車は、一方通行道路の標識を見誤って北進中、前方42.6mの道路中央付近を対向接近する被害車を認め、危険を感じて急ブレーキをかけるとともにハンドルを左に切ったが、路面が湿潤でハンドルの自由がきかず、そのまま20.3m右方に滑走し、危険を感じて道路の左側端に寄って停車しようとしていた被害車の右前部に衝突したものであり、本件事故は、加害車が一方通行の標識を見誤って進入できない本件道路に進入したこと、かつ、被害車を発見後の事故回避の処置の不適切があったことを原因に発生した事故というべきで、加害車の一方的過失による事故であり、被害者に前方不注視、その他の過失を認める証拠は存在しないとして、加害車の100%過失を認定しています。

 

なんと入院?
被害者は事故当時24歳の若僧ですが、初診の病院では、頚部捻挫、右肩打撲、右膝打撲・擦過傷で全治1週間の診断に過ぎません。 ところが、被害者は、一般的には、あまり考えられないことですが、誰が絵を描いたのか、加害者が看護師として勤務する別の治療先に転院、右肩関節亜脱臼の診断を受けるや、127日間の入院を続けています。

当然、裁判では、総治療期間と入院の妥当性が争われました。
右肩関節部には脱臼の徴候であるピアノサインが疑似陽性を示しており、XP検査結果でも右肩関節の亜脱臼が疑診されるレベルであったのですが、その後、ピアノサインは陽性に転じたこと、Nliro調査事務所が12級6号を認定したことから、裁判所も右肩関節の亜脱臼を追認しています。
総治療期間は、平成2年2月11日の事故受傷日から平成3年4月9日となっていますが、平成2年7月6日に症状固定しているとして9ヵ月間の治療費がカットされました。

主たる治療はデゾー包帯による患部の固定と鎮痛消炎剤の投与に過ぎません。
デゾー包帯による固定も、20日間で三角巾に変更されています。
もう、決まり切ったことですが、被害者は、入院中、しばしば外出、外泊を繰り返しており、特に入院10日後に既に外泊が始まり、カルテ上に患部の安静加療を要するとの記載のある期間中にも何回も外泊し、医師もその外泊を許可しているお粗末さです。
裁判所は、本件の入院は認めても2ヵ月として、その余をカットしています。

治療費は、245万3297円の請求ですが、認定されたのは、150万8980円となります。
付添看護料は38万5000円の請求ですが全否定されました。
通院交通費もタクシー通院で76万0200円の請求ですが、バス代の250円で合計1万3500円の認定です。
入院雑費も16万5000円の請求で7万3200円と大きく斬り捨てられています。
反省したのかどうかは知りませんが、私が最も軽蔑するアホな被害者です。

 

 


■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト