交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

(29)ジェットスキー同士の衝突事故

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

2四輪車同士の事故

 
(29)ジェットスキー同士の衝突事故
 
H8-12-26、大阪地裁判決、平成7年(ワ)8727号、50:50
小型ジェットスキーが転覆、それを救助する目的で大型ジェットスキーが接近した際、運転を誤って追突をした事故で、過失割合を50:50と認定しています。
 
 

ジェットスキーの判例を3件紹介していますが、いずれも大阪地裁なのが、やや不思議です。

この事故は、平成5年6月27日の正午頃に、琵琶湖で発生しています。
転覆した小型ジェットスキーの救助に向かった大型ジェットスキーが運転操作を誤り、小型ジェットスキーの運転者に衝突したもので、被害者は、左上肢挫滅創、左橈骨神経麻痺、左橈骨神経損傷、中指・環指伸筋腱癒着、左総指伸筋腱癒着の診断で、10級10号レベルの重傷です。

本件の事故原因は、小型ジェットスキーに近づいた大型ジェットスキーがエンジンを停止させたことにあります。
ジェットスキーには、方向舵がなく、ハンドル操作でエンジンの噴射の調節をして走行しています。
したがって、エンジンを停止させれば、水の抵抗で自然に止まるのを待つだけのことになり、ハンドル操作で方向を転換することはできません。
本件も、加害者は4級船舶の免許を所有しておらず、小型ジェットスキーの運転経験はあったが、大型ジェットスキーの運転は、このときが初めての経験で、不慣れでした。

加害者は、急いで救助に向かうため、通常よりもスピードを出して走行、被害者の手前、5、60mでエンジンを停止させたのです。
ところが、大型ジェットスキーは思うように停止せず、惰性で直進し続け、被害者に接近したので、慌ててハンドルをまわし、方向転換して衝突を避けようとしたが、エンジン噴射を止めており、方向転換ができず、被害者の左手に大型ジェットスキーを衝突させています。

加害者は、免許を持たず、ジェットスキーの運転技術も未熟であり、特に大型ジェットスキーを運転するのは初めてのことであったから、被害者から救助を頼まれたとしても、誰か別の人に運転を頼むべきであった。
仮に、自身で救助に向かうのなら、慎重に運転し、加害者に衝突しないように、十分手前からエンジン噴射を止めておくべきであったのに、漫然とスピードを出して運転を続けており、エンジン噴射を止めるのが遅かったため、大型ジェットスキーを停止させることができず、衝突させてしまったのであるから、加害者には過失が認められ、本件事故について、被害者に生じた損害を賠償する責任がある。
なお、救助を求めた被害者の状況が、一刻を争うような危険な様子であったとは認められない。

一方、被害者は、加害者が無免許で、ジェットスキーの運転技術が未熟であることを知りながら、ジェットスキーを運転するのを容認し、しかも、大型ジェットスキーに初めて乗る加害者に、別の人に運転してもらうように明確に指示もせず、漫然と救助を依頼し、そのために、本件事故が生じたのであるから、原告にも、過失が認められる。
そして、過失割合は、以上述べた事実及び諸般の事情を考慮の上、双方とも50%とする。

加害車の過失は50%ですが、負担額は、2812万8348円となっています。
保険処理がなされたのか?この判決から読み取ることはできません。


■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト