交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

(5)側道一方通行路からバックで進入

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

3単車と四輪車の事故

 
(5)側道一方通行路からバックで進入
 
平成5年1月20日、大阪地裁判決、昭和62年(ワ)11496号、10:90
深夜の幹線道路で一方通行の側道からバックで逆行して幹線道路に進入した加害軽四輪貨物車と直進中の被害自動二輪車の衝突につき、10:90、自動二輪車に10%の過失が認められています。
 
 

)楫鏤故現場は、中央環状線北行の制限速度50kmのアスファルト舗装された直線道路上である。
自動二輪車は、夜間、小雨の降る中央環状線北行の第3車線を北進し、軽トラックは、中央環状線から国道1号線へ至る一方通行の側道から後向きで逆行し、導流帯を無視して自動二輪車の走行車線に進入してきたものであり、互いの見通しは良好であったこと、

軽トラックは、後進を始めて38.8mを走行、衝突して、はじめて自動二輪車に気づいたこと

K楫鏤故により、軽トラックは、右後角が凹損、後部ガラス破損、右後方タイヤパンクの損傷、自動二輪車は前フォーク曲損、ヘッドライト破損、前フェンダー凹損、両ミラー破損の損傷が生じたが、自動二輪車のハンドル、ブレーキの状態は良好であったこと、

に楫鏤故現場には、自動二輪車のスリップ痕はなかったこと

被害者は、本件事故後、警察官から、スピードメーターが壊れて80kmを示し、止まっていたと聞いたこと、
被害者には本件事故前後の記憶を失っているが、以上の事実が認められる。

ところで、速度計が80kmを表示して壊れていたというのは、警察官が事情聴取の際に原告に聞いたに止まるもので、速度計の損傷状況について他の証拠もなく、これから直ちに時速80kmであったと認めることはできない。
また、本件事故現場にはスリップ痕もなく、他に自動二輪車が衝突を回避する運転操作をしたと認める痕跡もなく、軽トラックは自動二輪車に気づかないまま衝突したと推認できるから、時速80kmで衝突したとするのは疑問で
あり、両車両の損傷程度からも自動二輪車が時速30km以上速度を超過していたと認めることはできない。

本件事故は、軽トラックが一方通行道路を後向きで逆行し、導流帯を無視して進行、さらに後方確認を怠ったことが主たる要因であることは明らかであり、被害者にとって、側道から後向きで逆行してくる車両まで予見して運転することは困難というべきではあるが、本件事故現場の道路状況、自動二輪車の走行距離を考慮すれば、自動二輪車が前方注視を怠っていたことも否定できず、本件事故における過失割合は、90:10とするのが相当である。

本件事故により、被害者の左陰嚢は、手拳大に腫脹、黒ずんでおり、陰嚢内容腫脹のため穿刺、その後、陰嚢水腫として手術がなされ、傷病名は、左陰嚢血水腫、不妊であった。

正常であれば、精液1ml中の精子は5億6000万個以上、奇形率15%以下、運動率60%以上であるが、治療中の被害者の精子の状況は、射精精液中の精子は0、穿刺による精液瘤内の液の精子は多くて7000万個、運動率40%であり、人工授精を試みるも妊娠には至らなかった。

国立大阪病院泌尿器科医師作成の後遺障害診断書では、傷病名として、外傷後無精子症、自覚症状として不妊、後遺障害の内容として両側睾丸の造精機能の高度低下、精液検査にて精子を認めずとされた。

一方、事故前の昭和60年10月19日に原告と婚姻した妻は、婚姻前、被害者との性交渉で昭和59年7月7日に妊娠と診断され、7月21日に人工妊娠中絶手術を行っている。
以上の事実から、本件事故と原告の閉塞性無精子症による不妊には相当因果関係が認められ、入通院と後遺障害の慰謝料として600万円が認定されています。

後遺障害等級としてなん級が認定されたのか?判決では触れられていませんが、現状であれば、「常態として精液中に精子が存在しないもの、」として7級5号が認定されています。
ED障害は、後遺障害として複数の経験則がありますが、精子の存在しないものは、珍しい認定となります。


■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

■(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒click!

■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト