交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
交通事故外傷と後遺障害


■1歩行者と四輪車・単車との事故(1)電車と乗客、ホームでの事故click!

■(2)飼い犬と自転車運転者との事故click!

■(3)歩行者同士の衝突click!

■(4)ゴルフ場における歩行者とゴルフカートとの衝突、click!

■(5)飼い犬の大型犬に噛まれる、click!

■(6)コンビニ駐車場をバックした車と歩行者の衝突click!

■(7)バスターミナルでの、歩行者横断衝突click!

■(8)衝突を避けようと、欄干を飛び越えて転落、click!

■(9))3歳の男子がスーパー駐車場内において貨物車後輪で轢かれる、click!

■(10)スーパー駐車場の車両通路に佇立中の被害者に免停者が衝突click!

■(11)高速道路サービスエリア内での歩行者と車の衝突click!

■(12)車両誘導員に衝突click!

■(13)スケートボードで滑走、車道に飛び出した事故click!

■(14)交通誘導員に道路工事の特殊作業車が衝突click!

■(16)ボンネットに腹ばいclick!

■(17)加害車の前面にしがみつくclick!

■(18)ドアノブにつかまり、負傷click!

■(19)カーブ地点で荷台に乗車中の被害者が転落?click!

■(20)ドアミラーにしがみつき、電柱に激突?click!

■(21)窓枠につかまり電柱に激突?click!

■(22)客待ちで重列停車のタクシーに抗議した被害者が引きずられて負傷?click!

■(23)横断歩道上に横臥して轢過されたもの?click!

■(24)歩道上における除雪車と歩行者の衝突?click!

■2四輪車同士の事故(1)後進中のタクシーに、路外から進入した車が追突click!

■(2)救急車との衝突click!

■(3)センターオーバー衝突click!

■(4)山岳道路での正面衝突事故click!

■(5)緊急出動の消防車に100%過失click!

■(6)踏切不作動での電車と自動車の衝突click!

■(7)駐車場内で、切り返し中に衝突click!

■(8)高速道路のSAにおける後退駐車時の衝突click!

■(9)高速道路、料金所付近での衝突、click!

■(10)ETCレーンにおける追突事故click!

■(11)トンネル内で停止してチェーンを装着している車に追突、click!

■(12)トンネル内の追突事故、click!

■(13)道路にはみ出した庭木の責任、click!

■(14)路外から右折進入したクレーン車と対向車の衝突、click!

■(15)フォークリフトの公道無免許運転、click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(16)道路に爪部分をはみ出して停車中のフォークリフトと直進車の事故click!

■(17)車線を変更して急停止した車に、後続車が追突、click!

■(18)先行車の積み荷が落下して急停止した乗用車に後続の大型貨物車が追突、click!

■(20)双方が青色信号で通過したと主張click!

■(21)夜間、無灯火の耕耘機に後続車が追突、click!

■(22)交差点にバックで進入した加害者と、この交差点を右折した被害者との衝突click!

■(23)自宅の車庫に後退して車庫入れ中に駐車車両と衝突したもの、click!

■(24)路外進入車を回避して樹木に激突、お互いは未接触の事故、click!

■(25)一方通行逆送車click!

■(26)路外からの犬の飛び出しで急停止、追突となったもの、click!

■(27)海上におけるサーファーとウィンド・サーフィンとの衝突click!

■(28)河川内におけるジェットスキー同士の衝突事故click!

■(29)ジェットスキー同士の衝突事故click!

■3単車と四輪車の事故(1)中央線のない山間部道路における対向車との衝突click!

■(2)未接触事故、路外左折車を回避して転倒click!

■(3)未接触事故、合図なしの進路変更四輪車を回避して転倒した動二輪車click!

■(4)未接触のサンキュー事故、click!

■(5)側道一方通行路からバックで進入click!

■(6)停電による信号機無転倒時の出合い頭衝突click!

■(7)路上作業中のフォークリフトの爪部分に、逃走中の原付が衝突、click!

■(8)右折のトラクターと直進単車との衝突、click!

■(9)単車を牽引中の事故、click!

■(10)第二車線歩道上で横臥していた被害者を轢過、click!

(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒

判例タイムズ・赤本にない過失割合を判例で検索
 

3単車と四輪車の事故

 
(11)パーキングの鎖で二輪車が転倒
 
平成10年2月16日、大阪地裁判決、平成7年(ワ)7508号、60:40

レストラン経営者にすれば、「そんな!」の判決で、過失が認められています。

レストラン駐車場入口の鎖にひっかかり、転倒受傷した自動二輪車の損害賠償請求訴訟で、店内の照明を消した後に鎖をかける等の注意義務を怠ったと、レストランの過失を認めたものの、それであっても、被害者の過失割合は60%を下らないと判示しています。

 
 

本件事故は、大阪府堺市のレストラン、びっくりドンキーで発生しています。
高校3年生の男子は、平成4年8月27日午前1時45分頃、大阪府堺市内のレストラン駐車場に自動二輪車で入ろうとして、ラストオーダー後にかけられた鎖に頚部等をひっかけて転倒、気管損傷、助骨骨折等で246日間の入院、400日間の通院の後、6級相当の呼吸機能、発声機能の著しい障害を残したとして、レストランを相手取って6486万5800円の損害賠償請求を求めて訴訟提起をしています。

被害者側は、本件事故は、未だ店内で他の客が飲食している営業中の時間帯に、あたかも客の来店を誘引するかのごとく店の看板もライトアップしたままの状態を放置しておきながら、他方で、見通しの悪い駐車場の入口を視認しにくい細いチェーンで封鎖し、駐車場に進入しようとする者にとって危険な状況を作り出した被告ないし被告の従業員である店長の過失によって起こったものであると主張、一方、レストラン側は、本件事故は、被害者が自動二輪車を運転し、駐車場入口より進入するに際し、前方注視を尽くし安全を確認して進行しなければならない注意義務があるのにこれを怠り、漫然と時速約10kmで進行した過失によって、引き起こされたもので、駐車場入口の状態は、安全性を欠いている状態、すなわち瑕疵があるとはいえないと反論しています。

上記の争いに対する裁判所の判断です。
)楫鏤故の過失割合について、
本件レストランの営業時間は午前2時までであるところ、ラストオーダー時刻である1時30分を過ぎても、店内の照明が点灯している間は、本件駐車場に進入してくる客がいるかもしれないことは、店長は予想すべきであったにもかかわらず、本件事故当日チェーンをかけるに際して、本件レストランの店内の照明を消した後にする等の相当な方法をとるべき注意義務を怠ったというべきである。
したがって、本件事故発生については、店長の過失がその一因となったものと認められる。

他方、被害者には、自動二輪車を運転し、駐車場入口より進入するに際し、前方注視、安全を確認して進行しなければならない注意義務があるのにこれを怠り、漫然と時速約10kmで進行した過失があることは明らかである。
以上認定される店長と被害者の過失の内容および程度を斟酌すると、過失相殺として、被害者の過失を60%とするのが相当である。

被害者の後遺障害の内容と程度について、
被害者は、本件事故により、右第1・2肋骨骨折、両側血気胸、肺挫傷、頚部挫傷、気管損傷、両側反回神径麻痺等の傷害を負ったことが認められる。
そして平成7年12月8日付の後遺障害診断書における診断では、他覚症状及び検査結果として、声門閉鎖が不完全なために気息性の嗄声がある。声門下で狭窄があるために頸部後屈時に狭窄が強くなり、軽い息苦しさを覚える、醜状障害として前頚部皮膚瘢痕と診断されている。

被害者は、事故によって気管が損傷され、その後、気管切開により手術を行ったが、気管の内部にできた肉芽のため、気道がふさがれるようになった。
その後、肉芽は除去されたものの、呼吸はすぐに息切れする状態となり、また、声帯は中間位で固定となったため、発声時に十分に閉じず、発声が困難な状態が続いている。
被害者は、平成7年5月20日から配管工として稼働するようになったが、小さなかすれ声しか出ず、他人に指示したり、ものを頼んだりしてもなかなか聞き取ってもらえないという不自由を感じている。
頚部の醜状瘢痕は、縦約9cm、横約11.5cmの大きさで、前頚部のほぼ中央に存在している。

以上から、被害者には、本件事故により、前頚部の醜状痕に加えて、発声および呼吸機能の障害も残ったと認められ、これらの後遺障害によりその労働能力を通年にわたり25%失ったものと解するのが相当である。

被害者が主張した6級の労働能力喪失率は67%ですが、認定されたのは25%です。
私の分析では、胸腹部臓器に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもので11級10号、男子の外貌に著しい醜状を残すものとして12級14号、併合10級となります。
10級の喪失率は27%ですが、男子の外貌の醜状痕で逸失利益が発生するとも思われません。
11級の喪失率は20%、裁判所の25%の認定は、微妙に妥当と思われます。


■(13)T字型交差点における競走馬と自動二輪車の衝突click!

■(14)バレーボールに乗り上げ原付自転車が転倒、click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト