交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 全損諸費用の請求
交通事故外傷と後遺障害


(1)全損になった時の請求?

物損・新車・代車・評価損・全損
 

全損諸費用の請求?

 

(1)全損になった時の請求?

 

全損には、どうにも修理が出来ない物理的全損と、修理費>車両時価額+車検残存費用+車両購入費用+解体・抹消登録費用等の経済的全損の2通りがあります。 

どちらのケースであっても、保険屋さんは自動車の時価額で示談解決を急ぐのですが、ちょっと待って? 
それで同程度の車が購入出来て、乗って走れるの?
当たり前のことですが、車に乗って公道を走るには、各種登録の手続と費用が必要です。
それ、自腹? そんなバカなことはありません。

同程度の自動車を購入、登録を完了して乗って走れる状態に戻すことを原状回復と説明し、裁判所の判決では、その費用の負担を保険屋さんに求めています。

 
 

 


■(2)全損で諸費用を認めた判例?click!

■(3)もはや、全損諸費用は当たり前!click!

■(4)では、どの費用が請求出来て、何が請求出来ないのか?click!

■(5)具体的な請求方法?click!

■(6)自動車損害賠償額請求書?click!

■(7)時価額の算出方法?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト