交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 物損 > 全損諸費用の請求
交通事故外傷と後遺障害


■(1)全損になった時の請求?click!

■(2)全損で諸費用を認めた判例?click!

■(3)もはや、全損諸費用は当たり前!click!

■(4)では、どの費用が請求出来て、何が請求出来ないのか?click!

■(5)具体的な請求方法?click!

■(6)自動車損害賠償額請求書?click!

(7)時価額の算出方法?

物損・新車・代車・評価損・全損
 

(7)時価額の算出方法?

 

時価とは、車が事故に遭う直前の価格です。
裁判所の見解は、同じ車種、同じ年式、同じ型式、同じ様な使用状態、同じ様な走行距離の条件に合った車を中古車市場で買う時の価格です。
中古車販売店・地域によって価格は変わってきます。
同じ中古車を発見出来ないときもあります。
その場合の対処の仕方まで、裁判所が示している訳ではありません。

 

/啓崚佻晋紂1ヶ月以内の場合?

この場合は、減価償却定率法に基づいて時価を算出します。

 
減価償却定率法
日数 4年 6年 日数 4年 6年
1 0.998 0.999 16 0.975 0.983
2 0.997 0.998 17 0.973 0.982
3 0.995 0.997 18 0.972 0.981
4 0.994 0.996 19 0.970 0.980
5 0.992 0.995 20 0.969 0.979
6 0.990 0.994 21 0.967 0.978
7 0.989 0.993 22 0.965 0.977
8 0.987 0.992 23 0.964 0.976
9 0.986 0.990 24 0.962 0.975
10 0.984 0.989 25 0.961 0.974
11 0.983 0.987 26 0.959 0.973
12 0.981 0.986 27 0.958 0.972
13 0.979 0.985 28 0.956 0.971
14 0.978 0.984 29 0.955 0.970
15 0.976 0.983 30 0.953 0.968
 

法定償却年数

乗用車

軽四輪

4年

その他

6年

貨物

ダンプ式

4年

その他

5年

 

⊃啓崚佻晋紂1ヶ月から1年間の場合?

この場合も減価償却定率法で計算する方法が考えられます。
経過月数定率法未償却残存率表を使用して算出します。

 

経過月数定率法未償却残存率表

月数

4年

6年

月数

4年

6年

0

1.000

1.000

7

0.715

0.800

1

0.963

0.968

8

0.681

0.774

2

0.908

0.938

9

0.649

0.750

3

0.866

0.908

10

0.619

0.726

4

0.825

0.880

11

0.590

0.703

5

0.787

0.852

12

0.562

0.681

6

0.750

0.825

     
 

新車登録後1〜7年の場合?

この段階の車は、街中で最も多く走っており、中古車市場でも活発に取引されています。従って、先の例に比較すれば、安定した中古車価格を知ることが可能です。

この場合の時価額の簡易算出法は、レッドブックの小売欄に掲載されている中古車価格を時価とします。 レッドブックはオートガイド社が毎月発行する、「オートガイド自動車価格月報」 のニックネームで、最高裁の判例でも取り上げられています。
保険屋さんもこれにより時価を判断しています。

但し、レッドブックには小売価格、下取り価格、卸売価格、新車価格が掲載されています。
被害者は、事故日に一致する月の月報の小売価格欄をチェックしなければなりません。

中古車情報誌により、時価額を算出します。
先のレッドブックは書店で販売されていません。
更に、東京地区の業者価格を基準に作成されており、地域の実情を反映していないという問題点があります。 
中古車情報誌の代表的なものに、「カー・センサー」「GOO」「輸入車中古自動車価格ガイドブック」 等々があります。
最近では、複数の中古業者が情報誌を発行しガソリンスタンド等で無料配布しているケースも見受けます。 
これらの複数の情報誌から同じ車種をピックアップしその平均価格で賠償を求める方法も有効な請求方法です。

 

た啓崚佻晋紂8年以上の場合?

税法上の減価償却では、軽四輪4年、その他の乗用車6年、貨物トラックはダンプ式が4年、その他のトラックは5年で償却を完了します。
償却後の残価は、新車購入価格の10%となります。
それ以降は何年経過しても10%という考え方なのです。 これでは実態に合いません。

 

新車登録後、8年以上の時価算出法は、中古車情報誌により算出します。

H9-2-26東京地裁判決 

10年経過のベンツを輸入車中古自動車価格ガイドブックにより、100万円を認めた。
減価償却定率法により購入時の新車価格の10%を時価にする?
減価償却定率法により、購入時の新車価格の5%を時価にする?
事故日から車検終了日までの日数に対し、1日2000円を掛けた価格を時価にする?

 
H2-12-20大阪地裁判決

14年3ヶ月を経過した車の時価を車検満了日までの96日に1日当り2000円を掛け19万2000円の使用価値を認める。

 

どの解決がベストか?
中古車情報誌に掲載されていれば、これがベストの選択です。
最後の1日2000円は次の車検で廃車を考えている程度の車と思われます。

減価償却定率法の採用が一般的ですが、この場合、日頃の車の手入れや使用している地域によって車の外観や性能にバラツキが生じます。
残りの車検期間も影響すると考えられるのです。
一筋縄では行きませんが、被害者の交渉力が試されます。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト