交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 粉セン他
top > コンテンツ > 紛セン・日弁連・Nliro=爺さん会 > 紛セン
交通事故外傷と後遺障害


紛セン

中立・公正・無料? 公益財団法人 交通事故紛争処理センター(平成28年5月11日)
 
公益財団法人 交通事故紛争処理センターは、民間で運営する裁判外紛争解決機関=ADRとして、
1974年2月に創立、 2016年で41年目を迎えています。
この間、2014年度末までの受付相談取扱件数は、累計で約20万7000件に上り、
その内、約13万5000件について、示談を成立させています。
自動車事故に係る損害賠償問題の紛争解決を中立公正な立場から無料でお手伝いする公益財団法人であり、
これを紛センと略しているのは、交通事故110番だけですから、皆様は、せめて、紛争センターと呼んでください。
 
 

1)紛センの特徴とメリット
〕用者に費用の負担がなく、地裁基準をベースとして示談が斡旋されていること、
非公開でありプライバシーが守られ、時間がかからないこと、
手続きが簡単であること、
な厂銘膾曄疂競札鵑虜枋蠏覯未鯢塢として、保険屋さんが訴訟提起をすることができないこと、
ADRの紛争解決により、裁判所に持ち込まれる紛争が減少、負担の軽減につながること、

2)紛センのデメリット
〜蠱娘爾鮟けば、全国に8カ所しか設置されていないこと、
北海道なら札幌、東北は仙台、東京・神奈川・北関東・甲信越は東京、中部・北陸は名古屋、
近畿・中国は大阪、四国は高松、九州は福岡を選択することになります。
根室の交通事故を札幌の紛センで解決することは、現実的ではありません。

同一財団法人であるのに、適用される支払基準にバラツキが見られること、
赤本基準が採用されるのは、紛セン東京本部だけで、他の支部では、ほとんどが青本基準で、30%ダウン、
大阪支部は大阪地裁支払基準ですが、20%のダウンとなっています。

2魴茲謀事者が応じないケースがあること、
争いの内容によっては、紛センに馴染まないとして斡旋が停止されることがあります。
JA共済連、全労済、トラック共済、全自共、共済連
上記5つの共済以外では、紛センの利用ができないことになっています。

ぞ託弁護士の資質により、保険屋さん寄りで、恣意的な斡旋がなされていること、
詳細は言えませんが、さいたま相談室はパスしてください。

ズ枷修魑こす権利が失われること、
示談の斡旋に了解したときに限って、裁判を起こす権利は失われます。
紛センでは、斡旋と裁定の2つの手続きがあり、裁定では、保険屋さんを拘束します。
つまり、裁定結果に納得が行かないとして訴訟を提起することは、
被害者はOKですが、保険屋さんには、許されていません。
被害者は裁定を破棄して訴訟提起をすることができ、このことを片面仲裁と呼んでいます。

3)申込
被害者・保険屋さんで、紛争が生じていることが、申込みの前提条件となります。
具体的には、保険屋さんから損害額の計算書が届けば、紛センに申し込むことができます。
どうして? ショボイ賠償金ですから、納得できないのです。
紛センに電話し、相談日の予約を行います。
混み合っていても、キャンセルで繰り上がりますから、キャンセル待ちとしてください。
相談日が決まれば、保険屋さんに、「紛センに示談の斡旋を申し立てました。」と連絡を入れます。

4)所在地・TEL一覧

公益財団法人 交通事故紛争処理センター 所在地

1東京本部

新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル25階 .03-3346-1756 

2札幌支部

札幌市中央区北1条西10丁目札幌弁護士会館4階 .011-281-3241 

3仙台支部

仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル11階. 022-263-7231 

4名古屋支部

名古屋市中村区名駅南2-14-19住友生命名古屋ビル24階 .052-581-9491

5大阪支部

大阪市中央区北浜2-5-23 小寺プラザビル4階南側 .06-6227-0277

6広島支部

広島市中区立町1-20NREG広島立町ビル5階 .082-249-5421

7高松支部

高松市丸の内2-22香川県弁護士会館3階 .087-822-5005

8福岡支部

福岡市中央区天神1-9-17福岡天神フコク生命ビル10階 .092-721-0881 

さいたま相談室

さいたま市大宮区吉敷町1-75-1太陽生命大宮吉敷町ビル2階 .048-650-5271

金沢相談室

金沢市本町2-11-7金沢フコク生命駅前ビル12階 .076-234-6650

静岡相談室

静岡市葵区黒金町11-7三井生命静岡駅前ビル4階 .054-255-5528 


 

静岡は、従来から東京高等裁判所管内ですから、紛セン本部で対応をしていました。
ところが、2015年10月1日に静岡相談室が開設されました。
相談室ですから、裁定はできません。
当然、本部で裁定かと予想していたのですが、これがなんと、名古屋支部なのです。
名古屋で交通事故相談会を行っても、浜松・静岡の被害者が参加されることは、ほとんどありません。
静岡県民は、東京を向いている? これは、私共の定説ですが、それに逆らった開設となっています。

交通事故110番における、最近の紛セン運用は、連携の弁護士が担当することになっています。
なぜなら、紛センであっても、交渉力を必要とするからです。
これからは、東京の弁護士が、紛セン静岡相談室に出向いて、タフ・ネゴシエーションを行います。

5)紛センQ&A
Q 紛センに持ち込めば、地裁基準で計算してくれるって本当ですか?

A 紛センのHPでは、「和解の斡旋および審査は、いずれも裁判所の判例を基準に、
通常裁判所の行っている責任の認定、損害賠償額の算定の方法により、また水準もこれに従うことにしています。
現在センターでは、全国主要地方裁判所の交通事故の判決を収集、項目別に分類して斡旋、
審査にあたっての参考資料としています。」 と記載されており、間違いなく、地方裁判所支払基準が採用されています。
ただし、本部は赤本、支部は青本、名古屋支部は茶本、大阪支部では、大阪地方裁判所支払基準を適用しています。

Q 紛センでは弁護士が対応してくれるのですか?

A 紛センには、所属弁護士会から推薦の200名前後の嘱託弁護士が相談業務を担当しています。
ただし、貴方が費用を負担して依頼した弁護士ではありません。
公正・中立な示談解決を目的としていますが、決して貴方の味方ではありません。
変な勘違いは、しないことです。

Q 紛センの裁定には、どこの保険屋さんも従うのですか?

A 損害保険協会・外国保険協会加盟の損害保険会社、 共済では、JA 共済連、全労済、
トラック共済全自共、共済連は従うことを明言しています。
ちなみに、損保協会加盟の保険屋さんは、あいおいニッセイ同和、朝日火災、アドリック損害、アニコム損害、イーデザイン損保、HS損保、SBI損保、au損保、共栄火災、ジェイアイ傷害、セコム損保、セゾン自動車、ソニー損保、損保ジャパン、そんぽ 24 、大同火災、東京海上日動、トーア再保険、日新火災、日本興亜、日本地震再保険、日立キャピタル、富士火災、三井住友、三井ダイレクト、明治安田損保、の26 社で、無視しているのは、タクシー共済等、上記5つの共済以外です。
教職員共済、自治共済は、紛センや日弁連交通事故相談センターの斡旋については尊重すると表明しています。

Q 紛センにおける注意点とは、なんでしょうか?

A 加害者、保険屋さんの対応でウダウダ文句を言わないこと、立証資料を揃えること、この2つに尽きます。
「本来であれば、保険会社と円満解決を行うのが一般的です。 
それなりに努力をして来たのですが、予想外の非常識な対応で、断念せざるを得ませんでした。
これらの経緯を繰り返しても、耳障りなだけで、先生には、ご迷惑をかけますが、どうぞ宜しくお願い申上げます。」 
このように爽やかに言ってのけることです。

)楫鏤故による被害者の具体的な支障、
△修譴蕕了拆磴亡陲鼎い拭地裁基準による損害積算明細書、
2畆困覗茲いあるときは、刑事記録と過失割合分析、
上記の立証資料を完璧に作成し、第1回目の相談日に全てを提出しなければなりません。
被害者が紛センで、なにを実現したいのか、担当弁護士は、金銭解決であることを百も承知していますが、
だからといって端から金、金では議論が進みません。
やはり、日常、仕事上の支障を具体的に説明して、その延長線上に金銭賠償があるのです。
命の次に大事なお金が絡み、片一方の相手が顔も見たくない保険屋さんです。
だからこそ、冷静に合理的に組み立てるのです。
交渉力がなくても、完璧な資料を提出できれば、それで前に進むのです。

Q紛センにおける協議、解決までにどれ位かかりますか?

A 人身損害では、通常3回で70%以上、5回までのあっ旋で90%以上の和解が成立しています。
物損では、ほとんどが2回程度で取扱いが終了しています。
紛センのHPの説明です。
立証資料を揃えて合理的に進めれば、平均的には、3回目で斡旋案が提示されています。
1カ月に1回の協議、3カ月で3回の見通しです。

Q紛センでは、遅延損害金も請求できるのでしょうか?

A 2003年11月11日、紛セン広島支部は、遅延損害金と弁護士費用の支払いを認めることは相当でないと裁定しており、 現在も、紛センの統一見解となっています。
したがって、請求をされても、門前払いの扱いです。

「和解の斡旋および審査は、いずれも裁判所の判例を基準に、通常裁判所の行っている責任の認定、損害賠償額の算定の方法により、また水準もこれに従うことにしています。 現在、センターでは、全国主要地方裁判所(一部高裁を含む)の交通事故の判決を収集、項目別に分類して斡旋、審査にあたっての参考資料としています。」
紛センのHPでは積極的な説明ですが、実のところは、それほど積極的ではありません。

遅延損害金は、請求しても、門前払いの状況で、高次脳機能障害における、5級2号の介護料の認定も無視しています。
地裁で認められた直近の判例は、傍観者の立場であり、逸失利益の喪失期間や年数は、
判例傾向の最大公約数の適用が限界となっています。
損害保険協会の負担する経費で成立しているADRですから、当然と言えば当然です。

Q主婦のムチウチですが、紛センでは、いくら貰えるのですか?

A 受傷6カ月で症状固定、30歳・専業主婦の14級9号、総治療期間180日、
受傷後3カ月間の通院実日数は52日として計算します。

労働能力喪失率5%、喪失年数は保険屋さんでは、2年、1.859が一般的、
紛セン 東京本部であれば、喪失率5%、喪失年数は5年、4.329が圧倒的多数例となっています。

 

損害費目

保険屋さんでは、

紛センでは、

慰謝料

64万3000円

89万円

休業損害

29万6400円

51万8000円

後遺障害慰謝料

40万円

110万円

逸失利益

35万円

78万8000円

合計

168万9400円

329万6000円

 

保険屋さんの通院期間に対応する傷害部分の慰謝料は、64万3000円ですが、
赤本となると別表兇適用され、28%割り増しで89万円となります。

家事従事者の休業損害は、受傷から3カ月間の通院実日数×5700円で計算されますが、
赤本では、賃金センサス・女性・学歴計の364万1200円が基礎収入として採用され、43%増しとなります。
保険屋さんなら、5700円×52日=29万6400円
紛センなら、(364万1200円÷365日)×52日=51万8000円となります。

後遺障害部分の慰謝料+逸失利益は、合計で75万円となり、これは自賠責保険からの支払いです。
赤本であれば、後遺障害慰謝料は110万円、
逸失利益は、364万1200円×0.05×4.329=78万8000円、
総損害額は329万6000円となり、保険屋さんと比較すれば、ほぼ50%のアップです。

 
12級13号では、

損害費目

保険屋さんでは、

紛センでは、

慰謝料

64万3000円

89万円

休業損害

29万6400円

51万8000円

後遺障害慰謝料

100万円

290万円

逸失利益

124万3635円

294万9000円

合計

318万3035円

725万7000円

ムチウチの14級9号であれば、保険屋さんに比較して2倍、12級13号であれば、2.3倍となります。
地方裁判所支払基準が高過ぎるのではなく、1998年3月31日まで適用していた旧支払基準をそのまま使用している保険屋さんが、あまりにショボ過ぎることを原因としています。
 

Q 紛センにおける協議を弁護士に依頼することはできますか?

A 2011年から、交通事故110番では、連携する弁護士が、紛センに出向いて、解決しています。

紛センのHPでは、「ご自身で費用をかけて弁護士に依頼する必要はありません。
センターでは、被害者本人が賠償問題の法律知識がなく、交渉に不慣れであっても 、センターの相談担当弁護士が中立公正な立場でご理解いただけるように適切に対応いたしますので安心してご利用ください。
センターの相談担当弁護士の費用はすべて無料となっています。」
このように記載されていますが、やはり、話し合い解決ですから、交渉力に左右されます。


もちろん、スグレ弁であって、カネ・カネのBoo弁、ポンスケ弁は、パスです。
 
弁護士特約に加入であれば、被害者に費用の負担はありません。
未加入でも、14級9号で20万円程度の合理的な費用、しかも示談解決後に相殺しています。
示談交渉の頂点に君臨する優れた弁護士に依頼されるべきと考えています。
 
2016-5-11

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト