交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 粉セン他
top > コンテンツ > 紛セン・日弁連・Nliro=爺さん会
紛セン・日弁連・Nliro=爺さん会




交通事故の解決は「何が何でも訴訟で実現する!」と主張しています。
しかし、14、12級の頚・腰部捻挫では、経費対効果の面で弁護士の導入は不可能な状況です。
この場合、交渉の相手方は保険屋さん、日弁連交通 事故相談センター、紛争処理センターの選択となり、被害者の交渉力を必要とします。
やはり、交渉力に力点をおいて説明しています。

Nliro調査事務所は、自賠責保険の査定業務を担当しており、後遺障害等級の認定実務を取り仕切っています。
日常は、自賠責保険の後に隠れて黒子に徹しており、実に不気味な存在です。知っておかれて損はありませんので、
承知している範囲内で説明をしております。


紛セン
財団法人 交通事故紛争処理センターのことです。 紛センは、交通事故110番がつけたニックネームですから、皆様は、せめて紛争センターと呼んでください。

連携行政書士が全国の案件を対象に、
行政書士と連携する弁護士が、
紛センに出向いて、
解決することができるようになっています。

日弁連交通事故相談センター
紛センに比較すれば、拘束力がなく、力量で見劣りします。評価していません。
損害保険料率算出機構  Nliro調査事務所
交通事故110番は、勝手にライバルと認識しており、爺さん会に負けないように切磋琢磨しています。 承知している範囲内の実態を説明しました。

 

TOPページへ 交通事故相談サイト