交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害とは何か?
交通事故外傷と後遺障害


■1後遺症と後遺障害?click!

■2いつ、申請はできるの?click!

■3どこが、等級を認定するの?click!

■4申請は、保険屋さんにお任せする事前認定か、それとも被害者請求か?click!

■5後遺障害診断書には、なにを書いてもらえばいいの?click!

■6問題点 医師は後遺障害を知らない?click!

■7問題点 後遺障害診断書は、一人歩きする?click!

■8問題点 後遺障害を損害賠償で捉えると?click!

9交通事故110番からのご提案

後遺障害とはなにか?
 
9交通事故110番からのご提案
 

※傷病名と後遺障害のキモで、学習してください。
※6カ月後の症状固定、後遺障害診断に、備えるのです。
※解決は、紛センか、弁護士?

1)後遺障害の学習など、
HPでは、自賠法で規定されている300種類の傷病名について、ポイントを解説しています。
まず、ご自身の傷病名を検索され、症状固定時期、想定される後遺障害と、その立証方法を学習するのです。
分からないところがあれば、フリーダイアル0120-716-110で質問してください。

医師とのお付き合いは、基本6カ月です。
治療先の事務室にはお菓子、看護師さんにはパンストなどを差し入れ、将も馬にも目配りし、気もお金も使って、可愛がられる、良好な人間関係を形成しながら、症状固定を迎えるのです。
であれば、間違いのない後遺障害診断書を回収することができます。

治療効果が得られない? 医師との人間関係もイマイチ?
こんな状態であれば、見切り千両で、さっさと見切ることです。
グズグズして4カ月も経過すれば、転院も間に合わず、後遺障害を諦めることになります。

そんなときは、フリーダイアル0120-716-110で質問してください。

そして、交通事故110番が全国で展開している交通事故無料相談会に参加してください。
必要があれば、スタッフ、チーム110を派遣し、治療先同行など、後遺障害の獲得まで、丁寧なサポートを開始します。
無料相談会には、弁護士もボランティア参加しています。

2)示談解決など、
先の表に掲げたとおり、損害賠償の頂点には、弁護士が君臨しています。
後遺障害が認定されれば、弁護士が登場することで、賠償金は2倍以上に跳ね上がるのです。

選択肢は、以下の2つとなります。
仝益財団法人 交通事故紛争処理センターに示談の斡旋を申し入れる。
交通事故の解決に長けた弁護士に委任する。

いずれにしても、保険屋さんと話し合って解決することは、ナンセンス、選択してはなりません。


■10弁護士の選び方、法律事務所なら、どこでもいいのか、Boo弁?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト