交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害とは何か?
交通事故外傷と後遺障害


■1後遺症と後遺障害?click!

■2いつ、申請はできるの?click!

3どこが、等級を認定するの?

後遺障害とは何か?
 

3 どこが、等級を認定するの?

※自賠責損害調査センター 調査事務所が認定実務を独占しています。
※JA共済は、上部団体の共済連が独自に認定しています。

後遺障害等級は、自賠会社を窓口として、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査センター調査事務所が、認定実務を担当しています。 この組織は2002年6月まで自動車保険料率算定会調査事務所と呼ばれていました。 加盟損保会社の委託を受け、自賠責保険請求事案について、公平な第三者機関の立場で損害調査業務を行うことをその目的とする、なんてぶち上げていますが、運用経費の60%、つまり人件費はマルマル損保協会の負担ですから、明らかに保険屋さん寄りの機関と言えます。 保険屋さんを定年退職した職員を多数再雇用しており、名称変更後も、親しみを込めて、自算会=爺さん会の愛称でお呼びしています。

名称 損害保険料率算出機構(略称 損保料率機構)
Non-Life Insurance Rating Organization of Japan
所在地 〒 101-0063 東京都千代田区神田錦町 1-9
TEL 03-3233-4141
URL http://www.nliro.or.jp/

4141 の電話番号は、被害者にとって、良い、良いと理解すべきなのか? 
職員がお爺さんなので、ヨイヨイなのか? 
悩むところですが、日々研鑽され、被害者にとって、良い、良い機関を目指して欲しいものです。

さらに、自賠責保険は2002年4月から、それまで国営であったものが民営化され、主導権が損保会社に移りました。調査事務所も自賠責保険も被害者にとっては気の許せない存在です。

古くから、JA共済は、損保ではないとして、仲間外れとされてきました。
今でも、上部団体の共済連が、独自に認定しているのですが、このレベルに危機感を感じています。
職員の知的水準が低く、加えて、社内教育も行き届いておらず、等級認定の精度に問題があります。
イライラさせられることが、実に多く、困ったことです。


■4申請は、保険屋さんにお任せする事前認定か、それとも被害者請求か?click!

■5後遺障害診断書には、なにを書いてもらえばいいの?click!

■6問題点 医師は後遺障害を知らない?click!

■7問題点 後遺障害診断書は、一人歩きする?click!

■8問題点 後遺障害を損害賠償で捉えると?click!

■9交通事故110番からのご提案click!

■10弁護士の選び方、法律事務所なら、どこでもいいのか、Boo弁?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト