交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 上肢の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■1:上肢の後遺障害 総論click!

■上肢の欠損障害click!

■上肢の機能障害click!

■上肢の偽関節click!

■上肢の長管骨の変形障害click!

■肘・手関節の動揺関節と肩関節の習慣性脱臼click!

■上肢の人工骨頭・人工関節と関節の機能障害click!

2:上肢の後遺障害等級

上肢の後遺障害

 

2 上肢の後遺障害等級

上肢の欠損障害による後遺障害等級

1 級 3 号

両上肢を肘関節以上で失ったもの、

肩関節において、肩甲骨と上腕骨とを離断したもの、肩関節と肘関節との間において上腕を切断したもの、肘関節において、上腕骨と橈骨および尺骨とを離断したもの、

2 級 3 号

両上肢を手関節以上で失ったもの、

肘関節と腕関節との間で切断したもの、腕関節において、橈骨および尺骨と手根骨とを離断したもの、

4 級 4 号

1 上肢を肘関節以上で失ったもの、

5 級 4 号

1 上肢を手関節以上で失ったもの、

上肢の機能障害による後遺障害等級

1 級 4 号

両上肢の用を全廃したもの、

肩関節・肘関節・手関節のすべての完全強直、完全麻痺、健側に比して患側の運動可能領域が 10 %以内に制限され手指の障害が加わるもの、

5 級 6 号

1 上肢の用を全廃したもの、

6 級 6 号

1 上肢の 3 大関節中の 2 関節の用を廃したもの、

関節の完全強直またはこれに近い状態にあるもの、

8 級 6 号

1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの、

10 級 10 号

1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に著しい障害を残すもの、

関節の運動可動域が健側の 2 分の 1 以下に制限されたもの、動揺関節のため、労働および日常の行動に支障があり、常時固定道具の装着を必要とするもの、

12 級 6 号

1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に障害を残すもの、

関節の運動可動域が健側の 4 分の 3 以下に制限されたもの、動揺関節のため、労働および日常の行動に多少の支障はあるが、固定装具の常時装着を必要としないもの、習慣性脱臼を残すもの、

上肢の奇形障害による後遺障害等級

7 級 9 号

1 上肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの、

8 級 8 号

1 上肢に仮関節を残すもの、

12 級 8 号

長管骨に変形を残すもの、

 

手指の欠損障害による後遺障害等級

3 級 5 号

両手の手指の全部を失ったもの

親指にあっては指節間関節、その他の指にあっては近位指節間関節以上を失ったもの、

6 級 8 号

1 手の 5 の手指または親指を含み 4 の手指を失ったもの、

7 級 6 号

1 手の親指を含み 3 の手指を失ったものまたは親指以外の 4 の手指を失ったもの、

8 級 3 号

1 手の親指を含み 2 の手指を失ったものまたは親指以外の 3 の手指を失ったもの、

9 級 12 号

1 手の親指または親指以外の 2 の手指を失ったもの、

11 級 8 号

1 手の人差し指、中指または薬指を失ったもの、

12 級 9 号

1 手の小指を失ったもの、

13 級 7 号

1 手の親指の指骨の一部を失ったもの、

1 指骨の一部を失ったこと、その程度は 1 指骨の一部を失ったことが XP によって明確であるものおよび遊離骨片が認められるものを説明しています。ただし、その程度が手指の末節骨の長さの 2 分の 1 以上を失った場合は、手指の用を廃したものとなる、

14 級 6 号

1 手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの、

手指の機能障害による後遺障害等級

4 級 6 号

両手の手指の全部の用を廃したもの、

指の末節骨の長さの 2 分の 1 以上を失ったもの、中手指節関節または近位指節間関節(親指では指節間関節)に著しい運動障害を残したもの、著しい運動障害とは運動可動域が健側の 2 分の 1 以下に制限されたものを説明、

7 級 7 号

1 手の 5 の手指または親指を含み 4 の手指の用を廃したもの、

8 級 4 号

1 手の親指を含み 3 の手指の用を廃したものまたは親指以外の 4 の手指の用を廃したもの、

9 級 13 号

1 手の親指を含み 2 の手指の用を廃したものまたは親指以外の 3 の手指の用を廃したもの、

10 級 7 号

1 手の親指または親指以外の 2 の手指の用を廃したもの、

12 級 10 号

1 手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの、

13 級 6 号

1 手の小指の用を廃したもの、

14 級 7 号

1 手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの、

コラム 共同不法行為?

8 年前、神戸市内で信号無視の劣悪な交通事故が発生、同乗者の女性は車外に投げ出され、頭部外傷で 2 級の後遺障害が認定されました。この女性は友人の自動車に同乗、対面信号が青で交差点に進入したのですが、信号無視の相手車と、さらに後方車の追突を受け、受傷したものです。
目撃者もおり、相手の信号無視は確定的でしたが、誰にそそのかされたのか?加害者は、信号は青色と主張、最高裁まで馬鹿げた争いを続けたのです。
保険屋さんは、加害者の主張を重視、 100 : 0 として任意保険対応をストップしました。

私は、相手の信号が青なら、共同不法行為が成立することに着目、自車、相手車、追突車、 3 台の自賠責保険に被害者請求を行い、傷害部分、 120 万円× 3 = 360 万円と後遺障害部分は 9000 万円の枠ですが、 7800 万円を先行回収しました。
そして、このポンスケ加害者が最高裁でコケルのを待ったのです。
事故受傷から 3 年 5 ヵ月を要したのですが、ポンスケは実刑を喰らって刑務所に収監されました。
ただちに訴訟提起、保険屋さんから、残余の損害 1 億 4700 万円を、遅延利息大盛りでもぎ取ったのです。

自車、相手車、追突車から回収した 8160 万円は、自賠責保険の判断ですから、裁判所は無視で既払い金として精算したに過ぎません。
実際の事故状況からは、自車の自賠責保険から支払われた 1920 万円が過払いとなります。
本来であれば、これを戻し入れして、改めて、信号無視の保険屋さんに請求すべきですが、そんな議論が起こらないのがお役所仕事です。私は、この経験で共同不法行為請求のオーソリティになりました。


前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト