交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 上肢の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■1:上肢の後遺障害 総論click!

上肢の欠損障害

上肢の後遺障害

 

● 上肢の欠損障害

上肢の欠損障害による後遺障害等級

1 級 3 号

両上肢を肘関節以上で失ったもの、

肩関節において、肩甲骨と上腕骨とを離断したもの、肩関節と肘関節との間において上腕を切断したもの、肘関節において、上腕骨と橈骨および尺骨とを離断したもの、

2 級 3 号

両上肢を手関節以上で失ったもの、

肘関節と腕関節との間で切断したもの、腕関節において、橈骨及び尺骨と手根骨とを離断したもの、

4 級 4 号

1 上肢を肘関節以上で失ったもの、

5 級 4 号

1 上肢を手関節以上で失ったもの、

( 1 )手指の欠損

手指の欠損障害による後遺障害等級

3 級 5 号

両手の手指の全部を失ったもの

母指にあっては指節間関節、その他の指にあっては近位指節間関節以上を失ったもの、

6 級 8 号

1 手の 5 の手指または親指を含み 4 の手指を失ったもの、

7 級 6 号

1 手の親指を含み 3 の手指を失ったものまたは親指以外の 4 の手指を失ったもの、

8 級 3 号

1 手の親指を含み 2 の手指を失ったものまたは親指以外の 3 の手指を失ったもの、

9 級 12 号

1 手の親指または親指以外の 2 の手指を失ったもの、

11 級 8 号

1 手の人差し指、中指または薬指を失ったもの、

12 級 9 号

1 手の小指を失ったもの、

13 級 7 号

1 手の親指の指骨の一部を失ったもの、

1 指骨の一部を失ったこと、その程度は 1 指骨の一部を失ったことが XP によって明確であるものおよび遊離骨片が認められるものを説明しています。 ただし、その程度が手指の末節骨の長さの 2 分の 1 以上を失った場合は、手指の用を廃したものとなる、

14 級 6 号

1 手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの、

各指は、親指・人差し指・中指・環指・小指と言います。
親指の関節は、指先に近い方から IP 、 MP と言い、その他の指は指先に近い方から DIP 、 PIP 、 MP と言います。 

手指を失ったとは、親指では IP より先、その他の指では PIP より先を失ったものです。
両手であれば 3 級 5 号が、片手であれば 6 級 8 号となります。

今回の改正から、 Nliro 調査事務所は、母指を親指、示指を人差し指と説明しています。
明らかに分かりやすいところから、当方もそれにならいます。

( 2 )手指の用廃

手指の機能障害による後遺障害等級

4 級 6 号

両手の手指の全部の用を廃したもの、

指の末節骨の長さの 2 分の 1 以上を失ったもの、中手指節関節または近位指節間関節(母指では指節間関節)に著しい運動障害を残したもの、著しい運動障害とは運動可動域が健側の 2 分の 1 以下に制限されたものを説明、

7 級 7 号

1 手の 5 の手指または親指を含み 4 の手指の用を廃したもの、

8 級 4 号

1 手の親指を含み 3 の手指の用を廃したものまたは親指以外の 4 の手指の用を廃したもの、

9 級 13 号

1 手の親指を含み 2 の手指の用を廃したものまたは親指以外の 3 の手指の用を廃したもの、

10 級 7 号

1 手の親指または親指以外の 2 の手指の用を廃したもの、

12 級 10 号

1 手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの、

13 級 6 号

1 手の小指の用を廃したもの、

14 級 7 号

1 手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの、

手指の全部の用を廃したものとは、親指では IP より先、その他の指では PIP より先の 2 分の 1 以上を失ったもの、また親指では IP ・ MP その他の指では PIP ・ MP のいずれかに正常可動域の 2 分の 1 以下に運動が制限されたものを説明しています。両手であれば 4 級 6 号が、片手であれば、 7 級 7 号が認定されます。

/道


部位

MP 関節主要運動

IP 関節主要運動

他の主要運動

親指

屈曲

伸展

合計

屈曲

伸展

合計

橈外転

掌外転

合計

正常値

60 °

10 °

70 °

80 °

10 °

90 °

60 °

90 °

150 °

用廃

30 °

5 °

35 °

40 °

5 °

45 °

30 °

45 °

75 °


△修梁召了

部位

MP 関節主要運動

PIP 関節主要運動

手指

屈曲

伸展

合計

屈曲

伸展

合計

正常値

90 °

45 °

135 °

100 °

0 °

100 °

用廃

45 °

25 °

65 °

50 °

0 °

50 °

手指の関節は、親指にあっては、指先に近い方から IP 、 MP 関節、
親指以外の手指にあっては、指先に近い方から DIP 、 PIP 、 MP 関節といいます。
手指の関節に参考運動はありません。


■上肢の機能障害click!

■上肢の偽関節click!

■上肢の長管骨の変形障害click!

■肘・手関節の動揺関節と肩関節の習慣性脱臼click!

■上肢の人工骨頭・人工関節と関節の機能障害click!

■2:上肢の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト