交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 上肢の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■1:上肢の後遺障害 総論click!

■上肢の欠損障害click!

■上肢の機能障害click!

上肢の偽関節

上肢の後遺障害

 

●上肢の偽関節

上腕骨及び橈骨・尺骨の偽関節

等級

認定基準

7 級 9 号

1 上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの、

上腕骨に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、
橈骨および尺骨に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、

8 級 8 号

1 上肢に偽関節を残すもの、

上腕骨または橈骨および尺骨に偽関節を残すもので、物を保持したり移動するのに時々、硬性補装具を必要とするもの、

12 級 8 号

長菅骨に変形を残すもの、

橈骨または尺骨の一方に偽関節を残し、物を保持し移動するのに、硬性補装具を必要としないもの、


上腕骨または橈骨と尺骨のそれぞれに偽関節を残し、異常可動性のため、常時、硬性補装具を必要とした場合に限って 7 級 9 号が認定されます。 

物を保持、移動するときに、ときには硬性補装具を必要とするものは 8 級 8 号が認定されます。

橈骨か尺骨のいずれかに偽関節を残し、硬性補装具を必要としないものは、 12 級 8 号が認定されます。

従来は、上腕骨または橈骨と尺骨の両方に偽関節を残すものが 7 級、橈骨もしくは尺骨のいずれか一方に偽関節を残すものが 8 級で、著しい運動障害に特別な意味はないとされていました。

今回の改正では、上肢の役割を、物を保持し移動させることと規定、著しい運動障害がクローズアップされ、厳しい認定基準となりました。

偽関節とは、長管骨の骨折部の骨癒合が停止して、異常可動域を示している状況です。

医師は、長管骨の一部が癒合していない状況を偽関節と説明しますが、後遺障害に該当するには、すべてが骨癒合しておらず、異常可動性が認められなければなりません。

偽関節により、保持機能を喪失し、硬性装具なくしては、物の保持や移動が困難になった状況が、著しい運動障害に該当するとの考えが明らかにされました。

さて、骨折で固定術が実施されたにもかかわらず十分な骨癒合が得られないケースでは、当然に腸骨の骨移植を伴う再手術が検討されますが、規模の小さい個人病院では、医療過誤を懸念してか?この決断が、ズルズル遅れる傾向です。

医大系の専門医は、あっさりと決断、早期の再手術を行っています。
再手術はできれば受けたくない?被害者全員の希望ですが、この決断で逡巡をすると社会復帰が遅れ、取り返しのつかない状況に陥ります。
不運にも偽関節となった?医大系の専門外来を受診、早期の再手術を決断してください。

私の 35 年の経験則では、交通事故で、この状態に至る偽関節を確認しておりません。

近年の医療技術では、このレベルの後遺障害を残すことは通常考えられません。
仮に残したとしても、専門医で修正が可能です。
したがって、上肢の偽関節による 7 、 8 級は、通常は、あり得ないことです。

上腕骨及び橈骨・尺骨の偽関節

等級

認定基準

7 級 9 号

1 上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの、

上腕骨に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、
橈骨および尺骨に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、

8 級 8 号

1 上肢に偽関節を残すもの、

上腕骨または橈骨および尺骨に偽関節を残すもので、物を保持し移動に時々、硬性補装具を必要とするもの、

12 級 8 号

長管骨に変形を残すもの、

橈骨または尺骨の一方に偽関節を残し、物を保持し移動に、硬性補装具を必要としないもの、

橈骨又は尺骨の偽関節

等級

認定基準

8 級 8 号

橈骨または尺骨の一方に偽関節を残し、物を保持したり移動するのに時々、硬性補装具を必要とするもの、

12 級 8 号

長管骨に変形を残すもの、

橈骨または尺骨の一方に偽関節を残し、物を保持し移動に、硬性補装具を必要としないもの、

上腕骨、橈骨または尺骨の遠位端部の偽関節

等級

認定基準

12 級 8 号

上腕骨の遠位端、つまり骨端部の偽関節は、 12 級 8 号とし、肘関節の機能障害と比較していずれか上位の等級を認定する、橈骨および尺骨の遠位端、つまり骨端部の偽関節は、 12 級 8 号とし、手関節の機能障害と比較していずれか上位の等級を認定する、

カパンジー法
前腕の回内・回外運動の改善と手関節の安定化を図る目的の手術で尺骨の一部を切り離す手術をカパンジー法と説明します。この場合、尺骨は偽関節となりますが、前腕の保持機能にほとんど影響はなく、硬性補装具を必要とすることも考えられないところから、長管骨に奇形を残すものとして 12 級の 8 の認定となります。

ダラー法
前腕の回内・回外を改善させる目的で尺骨の遠位端を欠損させる手術をダラー法と説明します。
遠位端の切除ですから、偽関節には該当しません。
これにより、何らかの障害を残した場合は、別途判断することとされています。

手関節の可動域を確保する観点から実施された尺骨の骨切りによる偽関節は、従来は 8 級が認められていましたが、本改正で 12 級 8 号に下方修正がなされました。


■上肢の長管骨の変形障害click!

■肘・手関節の動揺関節と肩関節の習慣性脱臼click!

■上肢の人工骨頭・人工関節と関節の機能障害click!

■2:上肢の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト