交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 上肢の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■1:上肢の後遺障害 総論click!

■上肢の欠損障害click!

■上肢の機能障害click!

■上肢の偽関節click!

■上肢の長管骨の変形障害click!

■肘・手関節の動揺関節と肩関節の習慣性脱臼click!

上肢の人工骨頭・人工関節と関節の機能障害

上肢の後遺障害

 

●上肢の人工骨頭・人工関節と関節の機能障害

上下肢の人工骨頭・人工関節置換術がなされた場合、

等級

認定基準

8 級 6 号

人工骨頭または人工関節を挿入置換し、かつ、当該関節の可動域角度が健側の 2 分の 1 以下に制限されたもの、

10 級 10 号

人工骨頭または人工関節を挿入置換したもの、

従来は、人工骨頭や人工関節に置換されたものは、すべて関節の用を廃したものとして 8 級の認定でした。 

昭和 50 年当時は、人工関節の材質としてポリエチレンが使用されており、短期間での摩耗や、置換後の骨との緩みが問題となっていましたが、近年、材質は超高分子量ポリエチレン、骨頭についてはセラミックが普及し、耐久性が 10 〜 20 年と報告されているところから、関節の用を廃するについては、見直しがなされることになりました。

人工関節の場合、脱臼予防の観点から関節の可動域には一定の制限が指導されます。 
しかしながら、関節の可動域が 2 分の 1 以下の制限となることは、通常、考えられません。

これまで無条件で 8 級が認定されていましたが、今後は、ほぼ 100 %の被害者について 10 級に格下げになると理解しなければなりません。将来、人工骨頭や人工関節の再置換術が必要となった際、労災保険は、再発申請でこれを認めているのですが、この点に変更はありません。


■2:上肢の後遺障害等級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト