交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 耳の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


第2節:耳の後遺障害

第 2 節 耳の後遺障害

 

耳の構造と機能です。 

耳には外耳・中耳・内耳の 3 つの部屋があります。 
外界の音は外耳より侵入し、鼓膜を振動させます。

鼓膜の振動は中耳を通り内耳の蝸牛内部に満たされているリンパ液に伝わり、ここで液体振動に変換します。液体振動は、蝸牛奥部のラセン器官を刺激します。 

刺激が内耳神経によって大脳の聴覚中枢に伝えられ、人は音を感じるのです。

内耳の後方にある三半規管と前庭は、体の平衡機能を担当しています。

 

それぞれが回転運動・直線運動に反応し、反射的に全身の随意筋・不随意筋をコントロールして、視覚・深部感覚・小脳の助けを得て、体の運動や頭の位置を正常に保持しています。


■1聴力の障害click!

■認定基準一覧表click!

■●他覚的検査?click!

■2耳殻の欠損障害click!

■3耳鳴りと耳漏click!

■4耳の後遺障害等級click!

■5平衡機能障害click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト