交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 耳の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第2節:耳の後遺障害click!

■1聴力の障害click!

■認定基準一覧表click!

■●他覚的検査?click!

■2耳殻の欠損障害click!

■3耳鳴りと耳漏click!

4耳の後遺障害等級

第 2 節 耳の後遺障害

 

4 耳の後遺障害等級

両耳の聴力に関するもの

4 級 3 号

両耳の聴力を全く失ったもの、

平均純音聴力レベルが 90dB 以上、または 80dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 30 %以下のものを説明しています。

6 級 3 号

両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの、

耳に接しなければ大声を解することができないとは、 80dB 以上、又は 50dB 〜 80dB 未満で、かつ最高明瞭度が 30 %以下のものを説明しています。

6 級 4 号

1 耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの、

1 耳が 90dB 以上、かつ、他耳が 70dB 以上のものを説明しています。

7 級 2 号

両耳聴力が 40cm 以上の距離では、普通の話声を解することができない程度になったもの、

両耳が 50dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 50 %以下のものを説明しています。

7 級 3 号

1 耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの、

1 耳が 90dB 以上で、かつ、他耳が 60dB 以上を説明しています。

9 級 7 号

両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの、

両耳が 60dB 以上、または 50dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 70 %以下のものを説明しています。

9 級 8 号

1 耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの、

1 耳が 80dB 以上で、かつ、他耳が 50dB 以上を説明しています。

10 級 5 号

両耳の聴力が 1m 以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの、

両耳が 50dB 以上、または 40dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 70 %以下のものを説明しています。

11 級 5 号

両耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの、

両耳が 40dB 以上のものを説明しています。

1 耳の聴力に関するもの

9 級 9 号

1 耳の聴力を全く失ったもの、

1 耳の聴力を全く失ったものは、 90dB 以上のものを説明しています。

10 級 6 号

1 耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの、

80dB 〜 90dB 未満のものを説明しています。

11 級 6 号

1 耳の聴力が 40cm 以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの、

70dB 〜 80dB 未満、又は、 50dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 50 %以下のものを説明しています。

14 級 3 号

1 耳の聴力が 1m 以上の距離では小声を解することができない程度になったもの、

40dB 〜 70dB 未満のものを説明しています。

耳殻の欠損

12 級 4 号

1 耳の耳殻の大部分を欠損したもの

耳鳴り・耳漏

12 級相当

30dB 以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により立証可能なもの、
30dB 以上の難聴で、常時耳漏を残すもの

14 級相当

30dB 以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの、
30dB 以場の難聴で、耳漏を残すもの、

 

 

■5平衡機能障害click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト