交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 眼の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第1節:眼の後遺障害click!

■1眼球の障害?click!

■●眼の調節機能障害に関することclick!

■●眼球の運動障害に関することclick!

■●視野障害に関することclick!

■2眼瞼の障害?click!

■3その他、瞳孔の異常と涙小管断裂による流涙?click!

眼の後遺障害等級?

第 1 節 眼の後遺障害

 

4 眼の後遺障害等級?

視力に関すること

1 級 1 号

両眼が失明したもの、

視力の測定は万国式試視力表によることとされています。失明とは眼球を摘出したもの、明暗を判断できないもの、ようやく明暗を区別できる程度のものを説明しています。

2 級 1 号

1 眼が失明し、他眼の視力が 0.02 以下になったもの、

この場合の視力とは矯正視力のことを説明しています。
平成 14 年 4 月からコンタクトレンズによる矯正も認められるようになりました。

2 級 2 号

両眼の視力が 0.02 以下になったもの、

3 級 1 号

1 眼が失明し、他眼の視力が 0.06 以下になったもの、

4 級 1 号

両眼の視力が 0.06 以下になったもの、

5 級 1 号

1 眼が失明し、他眼の視力が 0.1 以下になったもの、

6 級 1 号

両眼の視力が 0.1 以下になったもの、

7 級 1 号

1 眼が失明し、他眼の視力が 0.1 以下になったもの、

8 級 1 号

1 眼が失明し、または 1 眼の視力が 0.02 以下になったもの、

9 級 1 号

両眼の視力が 0.6 以下になったもの、

9 級 2 号

1 眼の視力が 0.06 以下になったもの、

10 級 1 号

1 眼の視力が 0.1 以下になったもの、

13 級 1 号

1 眼の視力が 0.6 以下になったもの、

 

視野に関すること

9 級 3 号

両眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの、

ゴールドマン視野計で、正常視野の 60 %以下になったものを視野狭窄と説明します。

13 級 3 号

1 眼に半盲症、視野狭窄または視野変状を残すもの、

眼瞼の障害

欠損に関すること

9 級 4 号

両眼の瞼に著しい欠損を残すもの、

瞼を閉じた時に、角膜を完全に覆い得ない程度のものを説明しています。

11 級 3 号

1 眼の瞼に著しい欠損を残すもの、

運動障害に関すること

11 級 2 号

両眼の瞼に著しい運動障害を残すもの、

12 級 2 号

1 眼の瞼に著しい運動障害を残すもの、

13 級 4 号

両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの、

瞼の一部に欠損を残すとは、瞼を閉じた時に、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度のものを説明しています。

14 級 1 号

1 眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの、

睫毛はげとは、睫毛のはえている周縁の 2 分の 1 以上にわたって睫毛のはげを残すものを説明しています。

外傷性散瞳

11or12 級

瞳孔の対光反射が著しく障害され、著名な羞明を訴え労働・日常生活に著しく支障を来すものは、 1 眼では、 12 級相当、両眼では 11 級相当が認定されます。

12or14 級

瞳孔の対光反射はあるが、不十分で、羞明を訴え労働・日常生活に支障を来すものは、 1 眼では 14 級相当、両眼では 12 級相当が認定されます。

涙小管断裂による流涙

14 級相当

涙小管断裂により常に流涙が認められるものは 14 級相当が認定されます。

 


■●後遺障害診断における立証のチェックポイント?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト