交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 眼の後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■第1節:眼の後遺障害click!

■1眼球の障害?click!

■●眼の調節機能障害に関することclick!

■●眼球の運動障害に関することclick!

■●視野障害に関することclick!

2眼瞼の障害?

第 1 節 眼の後遺障害

 

2 眼瞼の障害?

眼瞼の障害

欠損に関すること

9 級 4 号

両眼の瞼に著しい欠損を残すもの、

瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆い得ない程度のものを説明しています。

11 級 3 号

1 眼の瞼に著しい欠損を残すもの、

運動障害に関すること

11 級 2 号

両眼の瞼に著しい運動障害を残すもの、

12 級 2 号

1 眼の瞼に著しい運動障害を残すもの、

13 級 4 号

両眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの、

瞼の一部に欠損を残すとは、瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆うことができるが、白眼(球結膜)が露出している程度のものを説明しています。

14 級 1 号

1 眼の瞼の一部に欠損を残しまたは睫毛はげを残すもの、

睫毛はげとは、睫毛のはえている周縁の 2 分の 1 以上にわたって睫毛のはげを残すものを説明しています。

 眼瞼の欠損、睫毛はげ、瞳孔異常、眼瞼の運動障害について、等級認定が行われています。

眼瞼の欠損?

瞼に著しい欠損を残すものとは、瞼を閉じたときに角膜を完全に覆うことができないことを説明しています。 単眼で 11 級 3 号が、両眼で 9 級 4 号が認定されます。

瞼の一部に欠損を残すものとは、瞼を閉じれば角膜は完全に覆うことができるものの、白目が露出する状況を説明しています。 単眼で 14 級 1 号が、両眼で 13 級 4 号が認定されます。

瞼の欠損は、外貌の醜状障害としても捉えることが可能です。
両方の観点から捉え、いずれか、上位等級を認定することになります。

眼瞼の運動障害?

眼瞼の運動障害は、顔面や側頭部の強打で、視神経や外眼筋が損傷されたときに発症します。 horner 症候群、動眼神経麻痺、眼瞼外傷、外転神経麻痺が代表的な傷病名です。

瞼には、≠曚鯤弔犬襦甦竄枴頂拭↓≒曚魍ける=眼瞼挙上、瞬き=瞬目運動の 3 つの運動があり、後遺障害の、瞼に著しい運動障害を残すものとは、瞼を閉じたときに、角膜を完全に覆えないもので、兎眼と説明します。 

同じく、瞼を開いたときに、瞳孔を覆うもので、これは、眼瞼下垂と説明します。 

単眼で 12 級 2 号、両眼で 11 級 2 号が認定されますが、男女とも、相当に深刻です。

睫毛はげ?

これは睫毛の生えている瞼の周縁の 2 分の 1 以上にはげを残すものに限って認定されます。

単眼で 14 級 1 号が、両眼で 13 級 4 号が認定されるに過ぎません。


■3その他、瞳孔の異常と涙小管断裂による流涙?click!

■眼の後遺障害等級?click!

■●後遺障害診断における立証のチェックポイント?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト