交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 頭部外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.頭部外傷click!

■2.頭部外傷click!

3.頭部外傷

3.頭部外傷 高次脳機能障害認定の3要件?2  
 

1)頭部外傷後の意識障害、もしくは健忘症あるいは軽度意識障害が存在すること、
2)頭部外傷を示す以下の傷病名が診断されていること、
3)上記の傷病名が、画像で確認できること、

頭部外傷の傷病名

脳挫傷

急性硬膜外血腫

びまん性軸索損傷

急性硬膜下血腫

びまん性脳損傷

外傷性くも膜下出血

外傷性脳室出血

低酸素脳症

3要件の1つ、意識障害の存在は、最も重要なポイントですが、前回に詳細を説明しています。
ここでは、残りの2つの要件、傷病名ごとの特徴や、得られる画像所見を説明していきます。

愛する家族が、ある日突然、交通事故、頭部外傷で救急搬送され、ICUに収容されました。
命に関わる重傷であり、誰もが、我を失い、狼狽えます。
しかし、それを繰り返すばかりでは、なんの前進もありません。
1日も早く、冷静さを取り戻し、正しい解決に踏み込んでいかなければなりません。

高次脳機能障害の重症例であっても、1年を経過すれば、症状固定の時期を迎えます。
つまり、後遺障害を立証して損害賠償請求を行う、重大な局面に突入していくのです。

では、なにから着手すべきなのか?
それは、診断書に記載されている傷病名について、正しく理解をすることです。

高次脳機能障害に特有の、記憶喪失、記憶回路の損傷、遂行機能の障害、失語、聴覚、嗅覚の脱失、言語理解や認知の低下などの異常行動は、全て、傷病名を出発点としているからです。

傷病名を理解することは、被害者を正しく理解することにつながります。
頭部外傷を代表する11の傷病名について、画像を明示して説明します。


■4.頭部外傷 左下顎骨々折、左頬骨々折、左側頭葉脳挫傷? click!

■5.頭部外傷 左側頭骨骨折・脳挫傷? click!

■6.頭部外傷 急性硬膜外血腫?(きゅうせいこうまくがいけっしゅ) click!

■7.頭部外傷 前頭骨陥没骨折、外傷性てんかん? click!

■8.頭部外傷 びまん性軸索損傷、 diffuseclick!

■9.頭部外傷 脳挫傷+対角線上脳挫傷=対側損傷? click!

■10.頭部外傷 外傷性くも膜下出血? click!

■11.頭部外傷 外傷性脳室出血? click!

■12.頭部外傷 急性硬膜下血腫?click!

■13.頭部外傷 慢性硬膜下血腫?click!

■14.頭部外傷 脳挫傷+頭蓋底骨折+急性硬膜下血腫+外傷性くも膜下出血+びまん性軸索損傷click!

■15.高次脳機能障害チェックリスト?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト