交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 頭部外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.頭部外傷click!

■2.頭部外傷click!

■3.頭部外傷click!

■4.頭部外傷 左下顎骨々折、左頬骨々折、左側頭葉脳挫傷? click!

■5.頭部外傷 左側頭骨骨折・脳挫傷? click!

■6.頭部外傷 急性硬膜外血腫?(きゅうせいこうまくがいけっしゅ) click!

■7.頭部外傷 前頭骨陥没骨折、外傷性てんかん? click!

■8.頭部外傷 びまん性軸索損傷、 diffuseclick!

■9.頭部外傷 脳挫傷+対角線上脳挫傷=対側損傷? click!

■10.頭部外傷 外傷性くも膜下出血? click!

11.頭部外傷 外傷性脳室出血? 

11.頭部外傷 外傷性脳室出血? 
 


 

脳の中心部にある、脳室と呼ばれる空洞に出血したものです。
中央部の白く細長い像は、脳室内出血を抜き取るドレーンチューブです。

脳室は脳脊髄液で満たされており、その脳脊髄液はいくつかの脳室を順に流れていきます。
脳室と脳室の間は非常に狭い孔や通路でつながっているので、脳室内出血によって脳脊髄液の通り道が詰まると、上流にある脳室が急速に拡大して、周囲の脳を圧迫、これを急性水頭症、徐々に流れが滞り、脳室が大きくなると正常圧水頭症と診断されています。

脳組織の挫滅=脳挫傷に伴って脳室の壁が損傷を受け、そこからの出血が脳室内にたまって脳室内出血に至ります。

急性水頭症では、脳室の拡大のために頭蓋骨の内圧が高まり、激しい頭痛、嘔吐、意識障害などが認められます。
さらに、脳室の拡大による圧迫が脳ヘルニアの状態にまで進行すると死に至ります。

急性水頭症に対しては、局所麻酔をかけて頭蓋骨に小さな孔をあけ、脳室にチューブを挿入し、脳脊髄液と脳室内の出血を取り除く脳室ドレナージ術が、緊急に実施されています。


■12.頭部外傷 急性硬膜下血腫?click!

■13.頭部外傷 慢性硬膜下血腫?click!

■14.頭部外傷 脳挫傷+頭蓋底骨折+急性硬膜下血腫+外傷性くも膜下出血+びまん性軸索損傷click!

■15.高次脳機能障害チェックリスト?click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト