交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 上肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.上腕神経叢麻痺 (じょうわんしんけいそうまひ)click!

■2.肩関節の構造?click!

■3.鎖骨骨折?click!

■4.肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)?click!

■5.胸鎖関節脱臼?click!

■6.肩腱板断裂?click!

■7.肩甲骨々折 (けんこうこつこっせつ)?click!

■8.SLAP損傷=上方肩関節唇損傷click!

■9.肩関節脱臼(かたかんせつだきゅう)?click!

■10.反復性肩関節脱臼(はんぷくせいかたかんせつだっきゅう)?click!

■11.肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)?click!

■12.変形性肩関節症 (へんけいせいかたかんせつしょう)click!

■13.上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)?click!

■14.上腕骨骨幹部骨折?(じょうわんこつこつかんぶこっせつ)click!

■15.上腕骨遠位端骨折 (じょうわんこつえんいたんこっせつ) click!

■16.フォルクマン拘縮 click!

■17.テニス肘?腕骨外側上顆炎と上腕骨内側上顆炎click!

■18.肘関節と手関節、橈骨と尺骨の仕組みclick!

■19.肘関節脱臼 (ちゅうかんせつだっきゅう)click!

■20.肘頭骨折 (ちゅうとうこっせつ)click!

■21.尺骨鉤状突起骨折 (しゃくこつこうじょうとっきこっせつ)click!

■22.変形性肘関節症(へんけいせいちゅうかんせつしょう)click!

23.肘内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?

肘内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?
 

肘関節は、上腕と前腕を連結しており、上腕骨、橈骨、尺骨の3本の骨で構成されています。
前腕部の内側、小指側に尺骨、外側、親指側に位置するのが橈骨です。

肘関節の両側には、肘関節が横方向に曲がらないように制御している側副靭帯があります。
内側々副靱帯は、上腕骨と前腕の内側にある尺骨を、
外側々副靱帯は、上腕骨と前腕の外側にある橈骨を連結しています。

交通事故では、自転車、バイクからの転落で手をついたときの衝撃力が肘に作用して、
内側々副靱帯を損傷しており、肘関節脱臼に伴うものと単独損傷の2種類があります。

内側側副靭帯損傷の症状ですが、受傷直後から肘の激痛と腫れが出現、
激痛のため、肘関節を動かすことができなくなります。
内側側副靭帯損傷では、上腕骨内側上顆の下端に圧痛が認められ、外反位で疼痛が増強し、不安定性が認められます。
XPでは判別が難しく、MRIで確定診断がなされています。
治療は、2、3週間のギプス固定が行われ、その後は、ギプスをカット、リハビリ運動が始まります。

外側々副靭帯損傷は、肘関節の脱臼に伴うものがほとんどですが、受傷後、時間が経過してから、
肘の引っかかり感、外れそうになる感じ等が問題となります。
後外側回旋不安定テストを行い、肘が外れそうな感じ、クリック音を調べます。

小児の上腕骨外側上顆剥離骨折を伴う外側々副靭帯損傷では、骨片の整復固定術が必要です。
陳旧性の外側々副靭帯損傷に対しては、靭帯再建術が実施されています。

ここからは、野球の話しです。
ボールを投げるとき、特に加速をつけるときは、肘の内側を伸ばす不自然な動作を行います。
それに伴って、内側々副靱帯は引き伸ばされることになります。
投球動作の反復により、内側々副靱帯は引き伸ばされ続け、肘に対する負担が大きくなり、行き着くところ、
側副靱帯が部分断裂するのです。ピッチャーにとっての職業病と言えます。

ダルビッシュ選手が、右肘内側側副靱帯の一部断裂で、トミージョン手術を受けることになりました。
復帰は、早くて来年の5月以降の予定です。
古くは、村田兆治、桑田真澄さんが、このオペを受けています。
最近では、松坂、和田、田沢、藤川さんも、このオペを受けて復活しています。

トミー・ジョン手術とは?
1974年、フランク ジョーブ博士が、ドジャースのピッチャー、
トミー・ジョン選手の内側側副靱帯の断裂に対して行ったオペで、有名となりました。
このオペ後、トミー・ジョン選手は、170勝し、年間20勝以上を2回、果たしました。
現在、TJ術は、アメリカスポーツ医学研究所のジェームズ・アンドリュース医師が第一人者です。
TJ術とは、部分断裂した内側側副靱帯を摘出し、長掌筋腱を移植する術式です。

長掌筋は、手首を曲げる役目を果たしていますが、同じ働きを持つ筋肉は他にもあり、長掌筋を外しても、問題を残しません。
握り拳では、手首に腱がむき出しとなるのですが、この腱が長掌筋の腱です。

再建した靱帯の定着に時間がかかり、術後は、長期のリハビリが必要となり、復帰には1年以上を要しますが、
すでに、800人以上の大リーガーがこの手術を受けており、
リハビリの技術が向上したところから、成功率も90%を超えています。

日本では、慶友整形外科病院 伊藤恵康医師が考案した「伊藤法」が有名です。
巨人の脇谷亮太さんが、この病院で右肘靱帯の再建手術を受けています。

名称 慶友整形外科病院 
所在地 〒374-0011 群馬県館林市羽附町1741 
TEL 0276-72-6000 

病院長 肘関節・手の外科・末梢神経外科 伊藤 恵康(いとう よしやす)先生

肘内側々副靱帯損傷における後遺障害のキモ?

1)交通事故外傷の内側々副靱帯損傷は軽度から中等度であれば、テーピングや短期間のギプス固定を行えば、
リハビリ期間も含めて4カ月もあれば、後遺障害を残すことなく治癒しています。
強烈な打撲で、靱帯が引きちぎられたときでも、靱帯縫合、ギプス包帯、その後のリハビリで改善が得られ、
後遺障害を残すことはありません。

2)「ちょっと、肘関節が緩んでいますが、湿布で様子を見ましょう?」
問題は、いつものことですが、適切な治療が行われなかったときです。

後遺障害の対象は、肘内側部の痛み、動揺性、機能障害です。
内側々副靱帯損傷が確定診断され、ギプス固定がなされたときでも、その後のリハビリに無関心で放置されたときは、
肘関節の拘縮で機能障害を残すことがあります。

過去に、肘関節の拘縮で10級10号を獲得したことがあります。
調査事務所は、意図的にリハビリをサボったのではないかとして、12級13号の認定でした。
被害者は、1カ月平均で16回のリハビリ治療を継続しており、
リハビリの内容が温熱療法だけに終始したことは問題であったものの、
このことは被害者の責任に帰するものではないとして異議を申し立て、10級10号を獲得しています。

もう1つのパターンは、肘関節打撲と診断し、内側側副靱帯損傷を見落とした例です。
側副靱帯は緩んだままで、不安定性を残して症状固定としました。
側副靱帯の損傷はMRIで、不安定性は、ストレスXP撮影で立証し、12級6号を獲得しています。

最後のパターンも、左内側々副靱帯損傷を見落とした例です。
無料相談会に参加されたときは、受傷から2年を経過していました。
受傷後にMRIの撮影すら実施していないお粗末さです。
受傷直後のXPでは、尺骨はやや亜脱臼気味に写っています。
今回のMRIで、陳旧性の内側々副靱帯は、ほとんど断裂に近い損傷所見でした。
左肘は、変形性肘関節症となっており、肘の可動域が低下、遅発性尺骨神経麻痺で、
薬指の外側と小指のしびれ、握力の低下の訴えがあり、左手には、軽度ですが、骨間筋萎縮が認められました。

側副靱帯損傷はMRI、尺骨亜脱臼はCT3D、遅発性尺骨神経麻痺は神経伝達速度検査で立証、
この被害者には、変形性肘関節症を原因とする肘の機能障害で12級6号、
遅発性尺骨神経麻痺で10級10号、併合9級が認定されました。

余談ですが、もう1例、困った被害者がおりました。 右肘内側側副靱帯の損傷で、ほぼ完治していますが、
痛みを大袈裟に訴え、加害者の誠意のなさと、保険屋さんの傍若無人な対応にも立腹、
「アメリカでTJ術を受けたいが、なんとかならないか?」 こんな相談を受けたのです。

.▲瓮螢に行けば、誰でも受けられる手術ではないこと、
△修發修癲TJ術を受けなければならない理由が存在していないこと、
したがって、アメリカでTJ術を受けるにしても、保険屋さんは、治療費の負担を拒否すること、

一生懸命説得したのですが、頑として聞き入れません。
大リーガーでも、ピッチャーでもない、その辺のおっさんがフロリダでTJ術?
お役に立てませんと頭を下げ、相談会を終了しました。


■24.橈・尺骨々幹部骨折 (とう・しゃくこつこつかんぶこっせつ)click!

■25.橈骨頭頚部骨折 (とうこっとう・けいぶこっせつ)click!

■26.モンテジア骨折click!

■27.ガレアッチ骨折click!

■28.橈骨遠位端骨折、コーレス骨折とスミス骨折click!

■29.バートン骨折click!

■30.ショーファー骨折=橈骨茎状突起骨折click!

■31.尺骨茎状突起骨折 (しゃっこつけいじょうとっきこっせつ)click!

■32.肘部管症候群 (ちゅうぶかんしょうこうぐん) click!

■33.手根管症候群 (しゅこんかんしょうこうぐん)click!

■34.正中神経麻痺 (せいちゅうしんけいまひ)前骨間神経麻痺(ぜんこつかんしんけいまひ)手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)click!

■35.橈骨神経麻痺、後骨間神経麻痺click!

■36.尺骨神経麻痺(しゃくこつしんけいまひ)肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)ギヨン菅症候群click!

■37.ズディック骨萎縮Sudeck骨萎縮click!

■38.ド・ケルバン病?click!

■39.手の構造?(てのこうぞう)click!

■40.手根骨の骨折,有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)click!

■41.手根骨の骨折,有頭骨々折(ゆうとうこつこっせつ)click!

■42.手根骨の骨折,舟状骨々折(しゅうじょうこつこっせつ)click!

■43.手根骨の骨折,月状骨脱臼(げつじょうこつだっきゅう)?click!

■44.手根骨の骨折,舟状・月状骨間解離click!

■45.手根骨の骨折,三角・月状骨間解離?click!

■46.キーンベック病=月状骨軟化症click!

■47.手根骨の骨折,手根不安定症(しゅこんふあんていしょう)click!

■48.手根骨骨折のまとめclick!

■49.手根骨の骨折,TFCC損傷?click!

■50.手指の各関節の側副靭帯損傷、親指MP関節尺側々副靭帯の損傷=スキーヤーズサムclick!

■51.手指伸筋腱損傷(てゆびしんきんけんそんしょう)click!

■52.手指の伸筋腱脱臼?click!

■53.手指屈筋腱損傷?click!

■54.手指の脱臼と骨折、中手骨頚部骨折click!

■55.手指の脱臼と骨折、中手骨基底部骨折click!

■56.手指の脱臼と骨折、中手骨々幹部骨折?click!

■57.手指の脱臼と骨折、ボクサー骨折?click!

■58.手指の脱臼と骨折、PIP関節脱臼骨折?click!

■59.手指の脱臼と骨折、マレット フィンガー=槌指click!

■60.手指の脱臼と骨折、親指CM関節脱臼click!

■61.クロスフィンガーclick!

■62.ばね指click!

■63.手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障害click!

■64.突き指のいろいろ?click!

■65.手指の欠損について?click!

■66.胸郭出口症候群 (きょうかくでぐちしょうこうぐん)click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト