交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 上肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1.上腕神経叢麻痺 (じょうわんしんけいそうまひ)click!

■2.肩関節の構造?click!

■3.鎖骨骨折?click!

■4.肩鎖関節脱臼(けんさかんせつだっきゅう)?click!

■5.胸鎖関節脱臼?click!

■6.肩腱板断裂?click!

■7.肩甲骨々折 (けんこうこつこっせつ)?click!

■8.SLAP損傷=上方肩関節唇損傷click!

■9.肩関節脱臼(かたかんせつだきゅう)?click!

■10.反復性肩関節脱臼(はんぷくせいかたかんせつだっきゅう)?click!

■11.肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)?click!

■12.変形性肩関節症 (へんけいせいかたかんせつしょう)click!

■13.上腕骨近位端骨折(じょうわんこつきんいたんこっせつ)?click!

■14.上腕骨骨幹部骨折?(じょうわんこつこつかんぶこっせつ)click!

■15.上腕骨遠位端骨折 (じょうわんこつえんいたんこっせつ) click!

■16.フォルクマン拘縮 click!

■17.テニス肘?腕骨外側上顆炎と上腕骨内側上顆炎click!

■18.肘関節と手関節、橈骨と尺骨の仕組みclick!

■19.肘関節脱臼 (ちゅうかんせつだっきゅう)click!

■20.肘頭骨折 (ちゅうとうこっせつ)click!

■21.尺骨鉤状突起骨折 (しゃくこつこうじょうとっきこっせつ)click!

■22.変形性肘関節症(へんけいせいちゅうかんせつしょう)click!

■23.肘内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■24.橈・尺骨々幹部骨折 (とう・しゃくこつこつかんぶこっせつ)click!

■25.橈骨頭頚部骨折 (とうこっとう・けいぶこっせつ)click!

■26.モンテジア骨折click!

■27.ガレアッチ骨折click!

■28.橈骨遠位端骨折、コーレス骨折とスミス骨折click!

■29.バートン骨折click!

■30.ショーファー骨折=橈骨茎状突起骨折click!

■31.尺骨茎状突起骨折 (しゃっこつけいじょうとっきこっせつ)click!

■32.肘部管症候群 (ちゅうぶかんしょうこうぐん) click!

■33.手根管症候群 (しゅこんかんしょうこうぐん)click!

■34.正中神経麻痺 (せいちゅうしんけいまひ)前骨間神経麻痺(ぜんこつかんしんけいまひ)手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)click!

■35.橈骨神経麻痺、後骨間神経麻痺click!

36.尺骨神経麻痺(しゃくこつしんけいまひ)肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)ギヨン菅症候群

尺骨神経麻痺 (しゃくこつしんけいまひ)  肘部管症候群 (ちゅうぶかんしょうこうぐん) ギヨン菅症候群 
 

尺骨神経は、腋の下から肘の内側を走行し、手首を越えて手先まで走行、
この神経は薬指と小指の知覚と手指を動かす筋肉を支配しています。

肘には尺骨神経溝と線維性腱膜で形成された肘部管があり、この中を尺骨神経が走行しています。
交通事故と尺骨神経との関係は、交通事故により肘関節部の切創・肘部管症候群、上腕顆上骨折、上腕骨内上顆骨折、
事故による変形性肘関節症、外反肘、手関節切創などが、尺骨神経麻痺の原因になると考えられています。

※薬指と小指が強烈に痺れる、
※薬指と小指を完全に伸ばすことができない、
※手の筋肉、骨間筋が萎縮、骨がうき出ている、
※肘の内側部分を叩くと過敏なところがあり、小指へ響く痛みがある=Tinelサイン+

これらの症状があれば、尺骨神経麻痺を疑ってください。
尺骨神経が圧迫を受けると、薬指と小指が痺れ、手に力が入りづらくなります。
母指内転筋・小指外転筋・骨間筋が脱力し筋萎縮を起こします。
この結果、手は鷲手=claw hand変形をきたすのです。

尺骨神経は、薬指と小指の感覚を支配しているので、この部位に感覚障害が生じます。

下図のFroment徴候、Tinel徴候などのテストに加え、針筋電図も有効な検査です。
尺骨神経麻痺があると、紙が簡単に抜けてしまいます。
この神経が絞扼・圧迫を受けやすい場所は肘と手首です。
肘で発症するのを、肘部管症候群、手首で発症するのを、ギヨン管症候群と呼びます。
 

肘部管症候群 (ちゅうぶかんしょうこうぐん) 


尺骨神経が、肘部管というトンネルの中で絞扼・圧迫されているものです。 肘の内側のくるぶし=上腕骨内上顆の後ろに、尺骨と滑車上肘靭帯で形成された肘部管というトンネルがあり、このトンネルの中を尺骨神経が通過しています。 トンネル内は狭くゆとりがないため、外傷による打撃、圧迫、引き延ばしで、神経麻痺を発症します。 肘の内側のくるぶしの後ろをたたくと、痛みが指先にひびくチネルサインが陽性となります。 先に説明のフロメンテストも陽性となります。
神経伝達速度検査では、神経を電気で刺激したときに、筋肉が反応するまでの時間が長くなります。 肘部管症候群と診断されたときは、できるだけ早期にオペを選択することになります。 オペは、絞扼・圧迫を受けている部位、状況で異なりますが、以下の3つが行われています。 .ズボーンバンド=腱弓の切開、 ⊂縅唸内上顆の切除、 尺骨神経の前方移行術 ´△任蓮▲ペ後7日間程度、肘が固定されます。 では、皮下前方移行術で3週間程度、筋層下前方移行術で1カ月前後、肘は固定されます。
 
ギヨン菅症候群 
 
尺骨神経が、ギヨン管というトンネルの中で絞扼・圧迫されているものです。 尺骨神経は、頚椎から上腕の内側を走行し、肘の内側を下降し、手首周辺で、有鈎骨の鈎と豆状骨で構成されるギオン管の中を通過します。 有鈎骨骨折は、先に、「15手根骨の骨折 有鈎骨骨折」で解説していますが、右手では、環指と小指の中間、下方にある手根骨の1つで、手のひら側に、突起=鉤が存在する特異な骨です。 交通事故では、バイクのアクセルを握った状態での出合い頭衝突で、右手に多く発症しています。 自転車、バイクから転倒する際に、手をつくことでも発症しています。

手のひら側のCT画像ですが、突起=鉤が骨折しているのが確認できます。
有鈎骨の骨折により、ギオン管症候群を発症します。
 

神経伝達速度検査によって病変部位の特定が可能です。
治療は保存的に低周波電気刺激療法やマッサージ、レーザー光線の照射が行われますが、
効果が得られないものは神経剥離術、神経移行術がおこなわれます。
これらが不可能なものは腱移植術をおこない、装具の装用で機能を補完することになります。
専門医の執刀でなければ、なりません。

外反肘・変形性肘関節症などにより肘部菅が圧迫することにより尺骨神経麻痺を起こしたものを、
肘部菅症候群と呼び、圧迫があるので、手術により尺骨神経の圧迫を開放します。
他の疾患により尺骨神経麻痺を生じているときは、基本的にその原因を調べ、それに応じた治療がおこなわれています。

尺骨神経麻痺における後遺障害のキモ?

1)私の経験則では、橈骨・尺骨・正中神経麻痺では、圧倒的に尺骨神経麻痺です。
肘部管症候群、ギヨン管症候群の傷病名であれば、尺骨神経が肘部管、
ギヨン管のトンネルの中で絞扼・圧迫を受けて神経麻痺を発症しているのであり、
この要因を排除してやれば、改善が得られます。
切断や挫滅による神経麻痺であれば、マイクロサージャリーで尺骨神経をつなぐオペとなります。

大多数は、切断・挫滅ではなく、肘部管やギヨン管の中での絞扼・圧迫による神経麻痺となります。
したがって、出会いが早ければ、オペで回復が得られ、神経麻痺の後遺障害を残しません。

2)受傷から6カ月近くを経過しており、切断・挫滅や神経絞扼・圧迫であっても、
骨間筋萎縮が認められ鷲手変形をきたしているときは、陳旧性、つまり、古傷となっていますから、
この段階から専門医のオペを選択しても、元通りは期待できないのです。

オペを強行しても、本来なら、手関節の屈曲制限で10級10号、
親指以外の2の手指の用廃で10級7号、併合9級が認定されるのですが、
12級もしくは併合11級レベルに薄められ、損害賠償額は大幅に減額されるだけの結果となります。
したがって、症状固定を選択、損害賠償を解決してから、オペを着手することになります。
つまり、出会いが全てを決定づけるのです。

3)最近、外傷性頚部症候群で、肘部管症候群の傷病名が目立ちます。
肘関節部の切創、上腕顆上骨折、上腕骨内上顆骨折、事故による変形性肘関節症、外反肘、
手関節切創などの傷病名がなく、外傷性頚部症候群のみでは、事故との因果関係は否定されます。

傷病名が肘部管症候群であっても、神経伝達速度検査や針筋電図検査で立証されていないものがほとんどで、
これらは、上肢の痺れの訴えが強いところから、間違った診断をしたものが大多数です。
言ってみれば、整形外科・開業医のレベルでは、神経麻痺の確定診断を苦手としているのです。

4)本来の尺骨神経麻痺であっても、専門医を紹介して対応を委ねる医師は例外的です。
さらに、切断や挫滅した尺骨神経をつなぎ合わせるオペとなると、
日本でも、専門医が10名いるか、いないかのお寒い現実です。
そんな、こんなで、解決を迎えているのです。


■37.ズディック骨萎縮Sudeck骨萎縮click!

■38.ド・ケルバン病?click!

■39.手の構造?(てのこうぞう)click!

■40.手根骨の骨折,有鈎骨骨折(ゆうこうこつこっせつ)click!

■41.手根骨の骨折,有頭骨々折(ゆうとうこつこっせつ)click!

■42.手根骨の骨折,舟状骨々折(しゅうじょうこつこっせつ)click!

■43.手根骨の骨折,月状骨脱臼(げつじょうこつだっきゅう)?click!

■44.手根骨の骨折,舟状・月状骨間解離click!

■45.手根骨の骨折,三角・月状骨間解離?click!

■46.キーンベック病=月状骨軟化症click!

■47.手根骨の骨折,手根不安定症(しゅこんふあんていしょう)click!

■48.手根骨骨折のまとめclick!

■49.手根骨の骨折,TFCC損傷?click!

■50.手指の各関節の側副靭帯損傷、親指MP関節尺側々副靭帯の損傷=スキーヤーズサムclick!

■51.手指伸筋腱損傷(てゆびしんきんけんそんしょう)click!

■52.手指の伸筋腱脱臼?click!

■53.手指屈筋腱損傷?click!

■54.手指の脱臼と骨折、中手骨頚部骨折click!

■55.手指の脱臼と骨折、中手骨基底部骨折click!

■56.手指の脱臼と骨折、中手骨々幹部骨折?click!

■57.手指の脱臼と骨折、ボクサー骨折?click!

■58.手指の脱臼と骨折、PIP関節脱臼骨折?click!

■59.手指の脱臼と骨折、マレット フィンガー=槌指click!

■60.手指の脱臼と骨折、親指CM関節脱臼click!

■61.クロスフィンガーclick!

■62.ばね指click!

■63.手指の靱帯・腱損傷および骨折における後遺障害click!

■64.突き指のいろいろ?click!

■65.手指の欠損について?click!

■66.胸郭出口症候群 (きょうかくでぐちしょうこうぐん)click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト