交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?

8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?
 

本来、骨組織が存在しない部位に発生する骨化と定義されています。
異所性骨化症と診断されることもありますが、骨化性筋炎と同じ傷病名です。
筋肉、腱、靭帯、臓器、関節包などの軟部組織に、石灰が沈着して異所的骨形成が起こるのです。

外傷性骨化性筋炎は、筋肉の炎症に引き続き、カルシウムが沈着し、
石灰化現象が起こって筋組織の中に骨が形成されることを意味しているのです。

血液検査による血中ALPの数値、XP画像、骨シンチグラム検査で確定診断が容易です。

骨化筋炎、異所性骨化症は、以下の経過をたどって進行していきます。
ー傷、筋組織の損傷と血腫の形成、

⇒血腫の吸収と同時に石灰化が生じる、

⇒L2週間で石灰化部分が拡がる、

⇒3、4週間を経過すると、石灰化した部分が明瞭となり、骨化がXPで鮮明となる、

⇒ヌ4、5カ月、患部を愛護的に動かしてやれば、骨化した部分が徐々に小さくなっていく、

受傷直後は、RICE処置が重要であり、これにより、血腫の拡大を防ぐことができます。
患部の修復が始まる2〜3週間位は、固定し、患部への刺激は極力避けるのがベターです。
血腫が徐々に減り、石灰化した部位がXPで確認できる段階となれば、固定を外します。
固定を外しても、無理やり動かすリハビリを実施するのは逆効果、タブーです。
痛みを伴わない角度の範囲内でストレッチや関節運動を開始します。
これで、骨化した部分は徐々に消失し、それに伴って、可動域も回復します。

外傷性骨化性筋炎は、打撲に対する不適切なケアがもたらす長期的な合併症なのです。

外傷性骨化性筋炎における後遺障害のキモ?

1)血液検査による血中ALPの数値、XP画像、骨シンチグラム検査で確定診断が容易であり、
これに対する治療法も確立されています。

大きな血腫では、血栓溶解剤を血腫内に注射し、固まった血腫を溶かして吸い出す治療も実施されており、
この方法であれば、3週間前後で治癒すると報告されています。

大きな血腫ではなく、筋肉内に広範囲に拡がる点状出血では、上記の治療はできず、自然治癒を待つしかありません。
やや、時間がかかることもありますが、いずれも、後遺障害を残すことなく、改善が得られています。

2)ところが、私が経験した外傷性骨化筋炎は、もっと深刻なものです。

頭部外傷、遷延意識障害、左股関節後方脱臼骨折で入院中の被害者、23歳男性ですが、
受傷から3カ月を経過した段階で、左股関節部に、上記の外傷性骨化筋炎が認められました。
入院治療先は、頭部外傷、遷延意識障害の治療に集中しており、左股関節後方脱臼骨折は、放置されたままでした。

この外傷性骨化性筋炎は、これまでに、私が経験したものではありません。
その後、意識は回復したのですが、左股関節と左膝の関節は、完全強直状態でした。
主治医に確認したところ、頭部外傷、脊髄損傷では、11〜22%で異所性骨化が発症すると報告されており、
頭部外傷後の長期昏睡期間や多発骨折による長期間の関節運動停止が誘因ではないかと言われているが、
原因の究明には至っていないとのことでした。
異所性骨化の発生部位は股関節、肘関節、肩関節に多いと報告されています。

本件の被害者は、飲酒で赤信号横断の事故発生状況であり、70:30の過失割合で、
相手の保険屋さんの対応は受けられず、相手の自賠責保険も重過失で20%減額が予想されます。
別居の未婚の子であり、東北地方の実家にある自動車の任意保険を調べたのですが、
人身傷害保険に加入しておらず、損害賠償はお手上げ状態です。
程なく、関西から東北に転院され、その後の解決は、相談がなく、不明なままです。

現在、頭部外傷、脊髄損傷後や股関節形成手術後の異所性骨化には、
骨代謝改善剤が用いられており、効果を上げているとのことです。

3)被害者側が、任意保険の人身傷害保険に加入していれば、損害のリカバリーはできる?

加害者が任意保険に加入していない無保険車事故であっても、被害者が自動車を保有しており、
任意保険に加入していれば、人身傷害保険、無保険車傷害保険に請求することができます。

このときの被害者が、実家を離れて自活をしていても、独身であれば、別居の未婚の子として、
実家の人身傷害保険、無保険車傷害保険に請求することができます。

先の被害者は、自動車を保有しておらず、実家の自動車にも人身傷害保険の加入がありません。
深夜の飲酒による赤信号無視の横断であり、労災保険の適用も受けられず、相手方の自賠責保険のみの請求ですが、
それさえも、重過失減額で、傷害・後遺障害部分は20%カットとなります。
23歳の若者で、後遺障害は高次脳機能障害で1級1号が確実視されるのですが、
自賠責保険からの3200万円の支払で解決せざるを得ません。

つい最近も、頭部外傷後の遷延意識障害について相談を受けましたが、
夜間・幹線道路に路外から自転車で飛び出しており、過失割合は、50:50が予想されます。
保険屋さんは、当然のことながら、任意保険対応を拒否しています。
「こちらが被害者なのに、相手の保険の対応が受けられない、そんなバカな?」
相談が寄せられたのですが、保険屋さんの主張に大きな間違いはありません。
しかも、自宅の自動車には、任意保険の加入がありません。
We can not do anythingで相談が終わったのです。

本来なら、カバーできる損害ですが、上手の手から水が漏れるというのか?
こういうところに、重篤な事故は忍び寄ってくるのです。
日頃の備えを疎かにしてはなりません。


■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

■19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折click!

■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

■25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

■30下腿のコンパートメント症候群?click!

■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

■65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?click!

■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト