交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

■8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?click!

■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折

19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折
 

診断書には、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折と記載されています。
年配の医師は、𦙾骨高原骨折、𦙾骨近位端骨折、若手の医師はプラトー骨折、𦙾骨顆部骨折と記載する印象ですが、いずれにしても、同一の傷病名です。

𦙾骨の上端部の外側部を外顆、内側部を内顆と呼んでいます。
𦙾骨顆部骨折は、外顆に多く、陥没骨折の形態となるのが特徴です。

𦙾骨顆部骨折は、膝に衝撃が加わった際に多く発症します。
膝に対する衝撃なので、𦙾骨顆部骨折は単独で起こることは少なく、通常は、膝の靭帯損傷や脱臼、膝蓋骨骨折などを伴います。

イラストでは、骨の上端部がホンの少し骨折したイメージですが、軟骨損傷を伴い重傷です。
上肢・下肢とも、関節部の骨折は関節の運動制限や骨癒合の不良を伴い、難治性です。

症状は、受傷直後から、激痛、腫脹、膝の変形、痛みによる運動制限などが出現し、ほとんどで歩くことができません。
診断は、単純XP撮影が中心ですが、軟骨損傷、靱帯損傷、半月板損傷などを想定するのであれば、MRIや関節鏡検査が有用です。

𦙾骨顆部は海綿状の骨であるところから、骨欠損部には骨移植を必要とし、強固な内固定が得られにくいのが特徴です。
転位のないものは、保存的にギプス固定となりますが、多くは手術となります。

陥没骨折では、膝部外顆関節面の軟骨損傷を伴うことから、後遺障害を遺残し、5〜10年の経過で、深刻は変形性関節症に発展することも予想されます。

´↓は、外顆部の骨折と陥没骨折です。
きキΔ任蓮外顆、内顆、全体の骨折で、陥没変形をきたしています。
↓い任腓骨の骨折を伴うこともあります。

陥没骨折に加えて骨折片転位が認められるときは、関節面を戻すとともに骨折片をスクリューまたはプレートで整復固定がなされています。
このタイプは関節面の壊れ方がひどくなるため、後遺障害を残しやすく、正確な整復が必要です。

4挧弭折では、陥没部の真下側に穴をあけ、関節面を整復し、できた空洞に自分の腸骨や人工骨を埋め、スクリューで固定します。

きキζ碚骨折では、僅かな転位でも内反変形=O脚変形となることが予想され、放置すると、将来、変形性関節症になりやすいので、オペにより、しっかりと固定しなければなりません。

関節面に段差のあるときは、骨移植、内固定をしっかり行うことは当然なのですが、関節鏡を使用して合併する靭帯損傷を修復し、半月板損傷は可能であれば縫合、不可能であれば切除し、関節面の整復を正確に実施する必要があります。
不完全な治療が行われたときは、被害者は近い将来、外傷性膝関節症に悩まされることになります。

関節面の段差が8〜10mmでは、一般に保存的治療が選択されていますが、専門医であれば、5mm前後から関節鏡を使用して、軟骨損傷、靱帯損傷、半月板損傷などを検証、それらを正確に診断し治療を適切に行っています。

この骨折の治療期間は全荷重が許可されるまで8〜12週間を要しています。
術後は、膝の可動域制限を防止する観点から、CPM=持続的他動運動器を使用されています。

膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折における後遺障害のキモ?

1)後遺障害の対象は、膝関節の可動域制限と疼痛です。
私の、これまでの経験則では、𦙾骨顆部骨折は、機能障害で、12級7号が認定されています。
交通事故外傷と後遺障害をアップした2002年頃は、多くが10級11号でした。
関節鏡術が進化したこともあり、10級11号は減少傾向となっています。 3DCTで骨癒合状況を、MRIで軟骨損傷のレベルを立証しなければなりません。

2)膝関節の疼痛では、患側と健側の膝関節部について、XP正面像の撮影を受けます。
2つの比較で、患側の関節裂隙狭小化を立証します。
さらに、MRI、3DCTで軟骨下の骨硬化や関節面の不整などを立証することができれば、局部の頑固な神経症状として12級13号が認定されます。

3)骨移植による腸骨の変形は、体幹骨の変形として12級5号ですが、裸体で変形が確認できることが認定の要件です。𦙾骨顆部の陥没骨折であれば、骨採取も少なく、腸骨後方からの骨採取により変形が目立つこともなく、要件を満たさないことが大半です。
人工骨を用いた骨移植は後遺障害として考慮されません。

4)不完全な治療が行われた結果、2分の1以下の可動域制限と膝部の疼痛を残しているときは、治療先に問題があったのですが、それは無視して、症状固定を選択することになります。
治療先でXP、画像診断クリニックで3DCT、MRI撮影を受け、変形性骨癒合、軟骨損傷、関節面の不整、軟骨下の骨硬化を丁寧に立証すれば、10級11号が認定されます。

症状固定ではなく、専門医による再固定術を想定します。
膝関節は陳旧性に変性しており、再固定術では、最低でも4カ月の入院が必要となります。
すでに、受傷から3カ月以上の休業が続いており、新たに、6カ月の休業となれば、サラリーマンとしての人生は、そこで終わってしまいます。
さらに、陳旧性ですから、どこまで改善するか? 保証の限りではありません。
やはり、10級11号を確定させてから、再手術のタイミングを計ることになります。

骨折面の固定はできても、関節面の正確な整復は、やはり専門医でないと不可能な状況です。
手術では、医大系の膝関節外来を受診、評価の高い専門医を選択する必要があります。


■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

■25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

■30下腿のコンパートメント症候群?click!

■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

■65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?click!

■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト