交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

■8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?click!

■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

■19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折click!

■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?

25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?


骨の間に欠片が挟まると、痛み、運動制限を生じます。
 

膝関節の中に大腿骨の軟骨が剥がれ落ちてしまう障害のことです。
血流障害により、軟骨下の骨が壊死すると、骨軟骨片が分離し、進行すると関節内に遊離します。
初期では、運動後の不快感や鈍痛の他は特異的な症状は出ません。
関節軟骨の表面に亀裂や変性が生じると疼痛も強くなり、日常の歩行でも支障を来します。
さらに、骨軟骨片が関節の中に遊離すると、膝の曲げ伸ばしで、引っかかり感、ズレ感を生じ 、
関節に挟まると、激痛を発症、膝がロックして動かなくなってしまいます。

一般的には、スポーツで、走行、跳躍、肘の回転などを繰り返し行うことで、関節に負担が蓄積して発症すると考えられています。


関節遊離体は、1〜2cmの大きさです。
関節液の栄養を吸収して大きくなることがあります。
自然に消える、小さくなることはありません。
 

ロッキング症状、激痛があるときは、関節鏡視下で、生体吸収性ピンを用いて遊離、剥離した骨軟骨片を、
欠損部に元通りに修復するオペが実施されています。
遊離した骨軟骨片の損傷や変性が著しいときは、自家培養軟骨の移植術が行われています。

自家培養軟骨とは?
軟骨は、膝などの関節の表面を薄く覆っていて、関節の動きを滑らかにする役目を果たしています。
関節部の軟骨は、硬くて弾力性に富み、滑らかな硝子軟骨で組成されています。
その滑らかさはアイススケートで氷上を滑る際の10倍とも言われています。

軟骨の耐久性はきわめて高く、関節を動かしても軟骨組織が磨り減ることはほとんどありません。
しかし、交通事故や変形性関節症で軟骨が失われると、歩行も困難なほどの痛みを発症します。

軟骨組織は、損傷を受けると自然には治りません。
どうして、軟骨は治らないのか?
実は、軟骨組織には、血管が走行していないのです。

足の擦過傷や骨折では、出血します。
血液の中には、傷を治すのに必要な細胞が、細胞を増やすための栄養が含まれているのです。
これらの成分が傷を治す働きをしています。
しかし、軟骨組織にはもともと血管がありません。
軟骨組織が損傷されても、治すための細胞、細胞を増やすための栄養も供給されないので、
軟骨が自然治癒することはないのです。

自然に治ることが難しい軟骨ですが、軟骨細胞には増殖する能力があります。
被害者の軟骨組織の一部を取り出し、軟骨細胞が増殖できるような環境を整えて作られたのが自家培養軟骨です。
軟骨欠損に自家培養軟骨を移植することで修復が期待されます。


赤○から軟骨組織の一部を採取、約4週間、培養します。
培養軟骨を移植し、𦙾骨から採取した骨膜で蓋をします。
 

整形外科の専門医によって、侵襲の少ない関節鏡手術で膝の軟骨が少量採取されます。
この軟骨を、ゲル状のアテロコラーゲンと混合して立体的な形に成型した後、培養します。
約4週間の培養期間中に軟骨細胞は増殖し、軟骨基質を産生して本来の軟骨の性質に近づいてゆき、これを移植するのです。
自家培養軟骨の価格は、200万円以上で、高額療養費制度を利用すれば、患者負担は10万円ほどになる見込みです。

膝離断性骨軟骨炎における後遺障害のキモ?

1)2014年の無料相談会で、この傷病名が記載された診断書を発見しました。
私は、膝離断性骨軟骨炎は、スポーツによるストレスの繰り返しで発症するものであり、
交通事故とは関係のない傷病名と理解していました。
初診の救急病院の診断書には、左鎖骨骨折、右膝捻挫と記載されています。
右膝離断性骨軟骨炎は、最後に診察を受けた医大系膝関節外来の専門医が診断したものです。
これで、ピンときました。
初診の整形外科医は、XPで右膝をチェック、骨折がなかったので、右膝捻挫と診断したのです。
「静かにしていれば、その内、治る?」 これでスルーされたのです。

「なにか、スポーツをやっておられる?」
被害者は、趣味でジョギングをしていたのですが、事故後1カ月でウォーキングを開始した頃から、
右膝に痛みを感じるようになり、3カ月を経過してジョギングに復帰すると、突然の激痛で膝が曲がらなくなったとのことです。
ネット検索で医大系病院の膝関節外来を受診、右膝関節離断性骨軟骨炎と診断され
、関節鏡視下で修復術を受けたとのことです。

受傷6カ月で、症状固定、膝関節に機能障害はなく、圧痛と動作痛が認められました。
左鎖骨骨折で、12級5号、右膝関節は、神経症状で14級9号が認定されました。

2)積極的であれ!
治療に積極的であれ! ここで、学習すべきことです。
主治医を盲目的に頼るのではなく、医大系膝関節外来の専門医の診察を受けたことが、早期社会復帰につながりました。
しかし、大多数の被害者は、グズグズと漫然治療を続け、この積極性がありません。
「右膝が痛く、歩行にも支障があるのに、主治医が診てくれない?」
交通事故では、加害者に対する呪いからか、こんな不満がタラタラ述べられることが多いのです。

怪我をしたことは、加害者側の責任であっても、怪我をした以上、治すのは被害者の責任です。
もし放置していれば、徐々に変形性膝関節症の方向に進行していきます。
遊離した骨軟骨片の損傷や変性が著しくなると、自家培養軟骨の移植術が選択肢として提案されるのですが、
受傷から6カ月以上を経過していれば、保険屋さんは治療費等の負担を拒否します。
では、健保でオペとなるのですが、入院3カ月、リハビリ通院4カ月が、許されるでしょうか?

こんなことを強行すれば、職場におけるあなたの位置は、アザーサイドとなります。
交通事故では、6カ月以内に職場復帰を果たさないと、その後の人生を失うのです。

3)本来、交通事故で、膝離断性骨軟骨炎は想定されていません。
膝関節捻挫と診断しても、その後の経過で、膝離断性骨軟骨炎を発見すれば、関節鏡視下で修復術が行われ、
普通は、後遺障害を残しません。

問題となるのは、膝関節捻挫と診断され、放置されたときです。
後遺障害の対象は、膝関節の可動域制限と膝関節部の痛みです。
器質的損傷は、MRI、CTで立証します。
予想される等級は、膝関節の機能障害で12級7号、神経症状で14級9号、12級13号です。

限りなく、医原性ですが、そんなことは口にしてはいけません。
しかし、漫然治療に終始したことについては、反省しなければなりません。


■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

■30下腿のコンパートメント症候群?click!

■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

■65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?click!

■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト