交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

■8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?click!

■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

■19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折click!

■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

■25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

30下腿のコンパートメント症候群?

30下腿のコンパートメント症候群?
 

上・下肢の筋肉、血管や神経組織は、筋膜や骨間膜に囲まれており、この閉鎖された空間、構造をコンパートメント、
あるいは筋区画と呼んでいます。
下腿には、イラストで示すように、前部、外側、深後部、浅後部の4つのコンパートメントがあります。

※参考までに、前腕部のコンパートメントは、屈筋群、伸筋群、橈側伸筋群の3つです。
前腕部に生じたものは、コンパートメント症候群ではなく、フォルクマン拘縮と呼ばれています。
前腕部では、屈筋群が非可逆性壊死に陥り、その末梢に拘縮や麻痺を生じることが多いのです。

交通事故による大きな衝撃で、この内部に出血が起きると内圧が上昇し、細動脈を圧迫・閉塞、
筋肉や神経に血液が送れなくなり循環不全が発生し、筋・腱・神経組織は壊死状態となります。
この状態が長く続くと、元に戻らなくなってしまいます。
元に戻らなくなることを、医学の世界では、非可逆性変化と言います。
筋肉は4〜12時間、神経は12時間を経過すると非可逆性となるのです。
𦙾骨々幹部骨折に合併して、コンパートメント症候群を発症することがあり、
ここ数年の交通事故相談会では、1年間に2例程度を経験しています。

下腿のコンパートメント症候群では、前𦙾骨筋、足の親指を伸ばす筋肉である長母趾伸筋、
前𦙾骨動静脈・腓骨神経が障害を受けるのです。

経験則では、下腿骨の徒手整復術を終え、ギプス固定の状態で病室に戻って来た被害者が
下腿部の疼痛を訴えるところから始まります。

puffiness=著明な腫れ、
pain=疼痛、
pulselessness=動脈拍動の減少ないし消失、
pallor=四肢の蒼白、
paralysis=知覚異常、

これら5つのPが認められれば、コンパートメント症候群です。
初期症状を説明しましたが、最終的には、筋肉がカチカチに拘縮してしまいます。

治療では、ただちに筋膜の切開、血腫の除去が実施されます。
安静や下腿を上にあげたりしますが、フォルクマン拘縮と同じく、一度コンパートメント症候群が進み、
筋肉の壊死までなってしまうと、基本的には治療法はありません。
あくまでも、発生予防を心がけることになります。

飛行機の長旅で死に至る、エコノミー症候群が、一時、話題になりましたが、これも、コンパートメント症候群の一種です。

エコノミーの狭い座席に長時間座ったままでいると下半身の静脈内に鬱血が生じます。
血流の停滞が静脈内血栓を発生させる原因となるのです。
目的地の空港に着陸、歩き始めたときに静脈内血栓が下大静脈内に流れ出し、
肺動脈に詰まると肺動脈内血栓症を発症、突然の呼吸困難から循環不全に陥り、死に至ることもあります。

この予防法は、
“行機内を定期的に歩き回る、 足首の背屈運動を行い筋肉のポンプを利用して静脈の鬱血を取る、

¬覺屬涼水を避けるために水分を十分に摂る、
こうするとトイレにも頻繁に行かざるを得なくなり,量榲も達成されます、

水分は血栓の発生を予防するマグネシウムをたくさん含んだ、深層水が良いとのことです。

𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折における後遺障害のキモ?

1)𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折など、オペによる内固定がなされたときは、
コンパートメント症候群を発症することは滅多にありません。

注意を要するのは、𦙾・腓骨の閉鎖性骨折で転位が少ないときです。
非開放性で、転位のないときは、整復の上、ギプス固定がなされます。
被害者が下腿の疼痛を訴えるも、鎮痛消炎剤の投与で見過ごされたときは、
時間の経過にしたがって、深刻な症状を来します。
私の経験則では、非可逆性に進行し、腓骨神経障害により、足関節の用廃で8級7号、
1足の足趾のすべての用廃で9級15号が認定され、7級相当が認定されたことがあります。

2)医療過誤か、不可抗力か?
𦙾・腓骨々幹部骨折でコンパートメント症候群となり、放置して後遺障害を残したとなると、
これは、常識的には、やるべき処置を怠った医療過誤であると思われます。
ギプス固定、オペによる内固定であっても、実態として、被害者は入院下にあります。

puffiness=著明な腫れ、
pain=疼痛、
pulselessness=動脈拍動の減少ないし消失、
pallor=四肢の蒼白、
paralysis=知覚異常、

被害者の訴えと、上記の5つを見逃すことがなければ、筋膜の切開、血腫の除去により、
コンパートメント症候群は治癒すると考えられるからです。
しかし、医療過誤の可能性が高いときであっても、それを軽々に口にしてはなりません。

医療過誤となれば、保険屋さんは治療費を含む損害賠償から撤退するからです。
入院中に、医療過誤など口走ろうものなら、主治医、治療先とは、敵対関係に入ります。
後遺障害診断における通常の対応でさえ、得られなくなります。

そんなときは、じっと我慢して、交通事故110番に連絡してください。
全国、どこであっても、有能な弁護士を帯同して、入院先を訪問します。


■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

■65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?click!

■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト