交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

■8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?click!

■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

■19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折click!

■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

■25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

■30下腿のコンパートメント症候群?click!

■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?

36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?
 

ACL前十字靱帯とPCL後十字靱帯は、ともに膝関節の中にある靭帯で、大腿骨と𦙾骨をつなぎ、
膝関節における前後の動揺性を防止している重要な靱帯です。

交通事故では膝をダッシュボードで打ちつけて発症することが多く、dashboard injuryと呼んでいますが、
PCLだけの単独損傷はほとんどありません。
多くは、膝蓋骨骨折、𦙾骨顆部骨折、MCL損傷を伴いますので実に厄介な外傷となるのです。

運転席や助手席で膝を曲げた状態のまま、ダッシュボードに外力・衝撃などによって、膝を打ちつけ、
𦙾骨が90°曲がったまま後方に押しやられ、PCL後十字靱帯損傷となるのです。
同時に、膝蓋骨骨折・𦙾骨顆部骨折などに合併して生じることが多いのです。

後十字靭帯損傷は、前十字靭帯損傷と比べ、機能障害の自覚や痛みが少ないのが特徴です。
前十字靭帯損傷に比して、痛みや機能障害の自覚が小さいものの、痛みと腫れは出現します。
訴えは、膝蓋骨骨折等の痛みが中心となります。

この治療を得意としているのは、整形外科、スポーツ外来で、専門医が配置されています。
ACL損傷に同じく、PCL損傷もテストによって診断をおこないます。
靭帯が切断されているときは、当然ながら、膝がぐらつくので、そのぐらつきの有無や特性により診断が行われています。

posterior sagテスト

膝を90°屈曲すると、下腿の重みで𦙾骨が後方に落ち込みます。
仰向けで股関節を45°と膝を90°曲げます。
後十字靭帯断裂では、𦙾骨上端を後方に押すとぐらつきます。

上記のテストで大まかな診断が可能ですが、損傷のレベルを知るためには、
単純X線写真、CTスキャン、関節造影、MRI等の検査を行います。
MRIがとても有効です。

▲好肇譽XP撮影

𦙾骨を後方に押し出し、ストレスをかけた状態でXP撮影を行います。
断裂がある場合、𦙾骨が後方に押し出されて写ります。
後十字靭帯損傷とは、靭帯が部分断裂したレベルであり、単独損傷では、大腿四頭筋訓練を中心とした保存療法の適用です。
膝を90°屈曲すると、下腿の重みで𦙾骨が後方に落ち込むのですが、これが10mm以上となると、
後十字靱帯は断裂しており、再建術の適用となります。
自家組織のハムストリング腱、膝蓋腱などを編み込んで、
アンカーボルトで留めるという高度な技術の必要な再建術が行われています。

オペとなれば、膝の専門医のいる医大系の総合病院を選択しなければなりません。

PCL 後十字靱帯損傷における後遺障害のキモ?

1)現在に至るも、医学界では、PCL後十字靱帯損傷の治療は、保存療法が中心です。
部分断裂であれば、硬性装具とハムストリングの強化で、一定の改善が得られます。
ドンジョイの装具で、自転車を漕ぐリハビリが効果的とされています。

完全断裂であっても、上記の保存的療法が推奨されているのですが、であれば、一生涯、脚が細くならないように、
筋トレや太ももの強化リハビリを継続しなければならず、現実的な選択肢ではありません。
やはり、完全断裂の根治は、再建術に頼ることになります。

2)大多数の整形外科医は、後十字靱帯のオペは非常に難しく、感染症で人工関節の危険も予想されるところから、
日本では、再建術を実施しない病院が殆どであると説明します。
確かに、オペのできる医師は極めて少なく、1例の経験もありませんが、深部感染では、
人工関節置換術の可能性も0ではありません。

3)無料相談会でも、保存療法に終始し、効果の得られていない被害者が、たくさん参加されています。
4カ月以上を経過していれば、6カ月を待って症状固定としています。

先に、症状固定とし、等級を確定させてから手術?
この説明には、やや不正な響きが感じられるのですが、絶対に不正ではありません。

PCL後十字靱帯断裂も、4カ月を経過すると陳旧性となっています。
※陳旧性とは、新鮮さを失った古傷のことです。
今から、再建術を行っても、陳旧性であれば、専門医の執刀でも、元通りの保証はありません。
後遺障害等級が薄まる程度の改善が得られれば、御の字です。

4カ月、6カ月が経過した段階で、保険屋さんに再建術を申し入れても、快く、治療費が負担されることはなく、
大方は、弁護士対応で逃げられてしまうのです。

さらに、再建術では、3、4カ月の入院と3カ月以上のリハビリ通院が必要となります。
ここから4、5カ月も休業すれば、勤務先では、解雇か、アザーサイド、忘れ去られてしまいます。
サラリーマンであれば、その後の会社人生を、完璧に、失ってしまうのです。
そして、このことは、本件の損害賠償の対象にはならないのです。

ほぼ全員の被害者が、泣く泣く、症状固定を選択しているのです。

4)膝に動揺性が認められるときは、膝を4点で固定するドンジョイを選択してください。

後十字靱帯の損傷、断裂は、MRIで立証します。
動揺性は、ストレスXP撮影で、健側に比して○mmの動揺性が認められると、明確な記載を受けます。

下肢の動揺関節による後遺障害等級

8級7号

労働に支障があり、常時固定装具の装着を絶対に必要とする程度のものは、
1関節の用を廃したものとして8級7号が認定、

10級11号

動揺関節で労働に支障があるが、固定装具の装着を常時必要としない程度のもの、

12級7号

動揺関節で通常の労働には固定装具の装着の必要がなく、
重激な労働等に際してのみ必要のある程度のもの、習慣性脱臼および弾発膝を残すもの、

後遺障害の立証には、必ずストレスXP撮影が必要となります。 
ストレス撮影で動揺が立証されない限り、12級以上の認定はなされないと、承知しておくことです。


■37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

■65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?click!

■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト