交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

■8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?click!

■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

■19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折click!

■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

■25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

■30下腿のコンパートメント症候群?click!

■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?click!

37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?

37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?
 

少々乱暴ですが、靭帯とは、膝を締め付けているベルトであると理解してください。
膝の左右の内・外側々副靭帯と、前後の十字靭帯というベルトで膝を強固に固定しているのです。
このベルトが伸びきったり、部分断裂したり、全部が断裂すると、当然に、膝はガクビキ状態、
膝崩れを発症、これを医学では、動揺関節と呼んでいるのです。

MCLは浅層、深層、後斜靱帯の3層構造となっており、
長さ10cm、幅3cmの範囲で膝関節内側部の大腿骨内上顆から𦙾骨内側部にかけて走行しています。
MCL損傷は、靭帯損傷の中でも最も多発する症例で、
交通事故では、膝の外側から大きな衝撃が加えられたときに生じます。

側副靭帯は、内側と外側にあるのですが、交通事故でも、
スキー・サッカー・相撲でも、圧倒的に内側々副靭帯の損傷です。
限界を超えて膝が外側に押し出されると、また外側に向けて捻ると、このMCLが断裂するのです。
膝関節内は出血し、ポンポンに腫れ、強烈に痛く、ある被害者は、受傷直後は、
アクセルを踏むことすらできなかったと話していました。

外反動揺性テスト膝の内側靭帯が断裂しているので、
膝をまっすぐに伸ばした状態で𦙾骨を外側に反らしたときに膝がぐらつく、で診断します。
損傷のレベルを知るために、単純XP、CTスキャン、関節造影、MRI等の検査を実施します。
近年、MRIがとても有効です。

動揺性の立証は、ストレスXPテストによります。
𦙾骨を外側に押し出し、ストレスをかけた状態でXP撮影を行います。

断裂があるときは、𦙾骨が外側に押し出されて写ります。

2015年初場所、常幸龍は、佐田の海戦でMCLを損傷し休場しました。
それでも、4日間の休場で、14日目から登場、5勝6敗4休の成績でした。
サッカー選手でも、2週間以内にピッチに戻ってきます。

MCLだけの損傷であれば、痛みやぐらつきも少なく、手術に至ることはありません。
保存的に膝の外反を避けつつ、運動療法を開始し、筋力訓練を行います。
アスリートでない被害者であれば、靭帯の機能が完全に回復するには、3カ月を要します。

単独損傷が多いのですが、ACL、PCL損傷や、内側半月板損傷を合併することもあります。
ACL、MCLと内側半月板を合併すると、Unhappy Trias、不幸の3徴候と呼ばれています。
単独損傷では、初期に適切な固定を実施すれば安定しますが、ACL損傷を合併しているときは、緩みやすくなります。
MCLが緩むことにより、その後に半月板損傷に進行することが多いのです。

MCL内側々副靱帯損傷における後遺障害のキモ?

1)膝部の靱帯損傷では、以下の3つのグレードに分類されています。

Grade I  靭帯繊維に軽度の損傷のあるもの、
Grade II 機能に影響を与える程度に損傷はあるが、一部の繊維に連続性が残っているもの、
Grade III 靭帯の完全断裂により高度の不安定性を有するもの、

Grade I は、支持機構の部分的な損傷であり、いわゆる膝関節の捻挫と呼ばれる程度のものです。
いずれの靭帯であっても、Grade機↓兇亙歛故屠,砲茲蝓改善が得られています。
Grade III では、保存療法で改善が得られることはなく、早期の靱帯再建術が必要ですが、専門医以外では、
この対応にもたついて後遺障害を残すことが圧倒的に多いのです。

2)ストレスXP撮影は、不安定性を定量的に立証する上で、絶対に必要なものです。

これは、放射線科の医師と技師にお願いすることですが、健・患側の差を比較するときは、
放射線の照射方向が重要で、正確な正面、あるいは側面のXP画像で比較評価をしなければ、
誤った判定となるのです。この点、注意が必要です。
MRIは靭帯や半月板の診断には欠かすことはできない検査であり、それぞれの靭帯の走行に沿った断面での撮影により、
靭帯損傷の評価を正しくすることができます。
特に、前十字靭帯損傷では、靭帯陰影の消失だけではなく、
その走行が𦙾骨関節面となす角度に注意する必要があります。

3)後遺障害の対象は、動揺関節と損傷部の痛み、神経症状です。
MCLの単独損傷で、Grade Iであれば、常識的には後遺障害を残すことはありません。

Grade IIになると、ストレスXP撮影で軽度の動揺性を立証、損傷そのものはMRIで明らかにすると、
12級7号が認定される可能性があります。
MCLの運動痛で、14級9号、12級13号が認定されることも予想されます。

Grade IIIで、保存療法で漫然治療となり、陳旧性となったものは、やや深刻な左右の動揺性が認められます。
やはり、ストレスXP撮影とMRIで丹念に立証する必要がありますが、動揺性で10級11号が認定される可能性があります。

動揺関節の機能障害と運動痛の神経症状は、併合の対象ではなく、いずれか上位の等級が認定されています。


■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

■65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?click!

■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト