交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 下肢外傷の傷病名と後遺障害のキモ
交通事故外傷と後遺障害


■1骨盤の仕組みclick!

■2.骨盤骨折;軽症例1)腸骨翼骨折2)恥骨骨折と坐骨骨折3)尾骨骨折click!

■3.骨盤骨折の重症例?straddle骨折、Malgaigne骨折?4)恥骨結合離開と仙腸関節の脱臼?click!

■4.骨盤骨折に伴う出血性ショック?内腸骨動脈損傷click!

■5股関節の仕組み?click!

■6股関節後方脱臼・骨折(こかんせつこうほうだっきゅう・こっせつ)?click!

■7股関節中心性脱臼(こかんせつちゅうしんせいだっきゅう)?click!

■8外傷性骨化性筋炎(がいしょうせいこっかせいきんえん)?click!

■9変形性足関節症?click!

■10.ステム周囲骨折?click!

■11.股関節唇損傷?click!

■12.腸腰筋の出血、腸腰筋挫傷click!

■13大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)? click!

■14大腿骨転子部・転子下骨折(だいたいこつてんしぶ・てんしかこっせつ)?click!

■15大腿骨々幹部骨折(だいたいこつこつかんぶこっせつ)?click!

■16大腿骨顆部骨折(だいたいこつかぶこっせつ)?click!

■17梨状筋症候群 (りじょうきんしょうこうぐん)click!

■18膝関節の仕組み?click!

■19.膝関節内骨折、𦙾骨顆部骨折、𦙾骨近位端骨折、𦙾骨高原骨折、プラトー骨折click!

■20𦙾骨と腓骨の働き 腓骨って役目を果たしているの?click!

■21𦙾骨顆間隆起骨折(けいこつかかんりゅうきこっせつ)?click!

■22膝蓋骨々折(しつがいこつこっせつ)?click!

■23蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)?click!

■24膝蓋骨々軟骨々折とスリーブ骨折?click!

■25膝離断性骨軟骨炎(しつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■26膝蓋前滑液包炎(しつがいぜんかつえきほうえん)?click!

■27膝窩動脈損傷(しっかどうみゃくそんしょう)?click!

■28腓骨骨折(ひこつこっせつ)?click!

■29𦙾・腓骨々骨幹部開放性骨折(けい・ひこつこつかんぶかいほうせいこっせつ)?click!

■30下腿のコンパートメント症候群?click!

■31変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)?click!

■32腓腹筋断裂 肉離れ?click!

■33膝関節内骨折 𦙾骨顆部骨折(けいこつかぶこっせつ)?click!

■34半月板損傷(はんげつばんそんしょう)?click!

■35ACL前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■36PCL 後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)?click!

■37MCL内側々副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■38LCL外側々副靭帯損傷(がいそくそくふくじんたいそんしょう)?click!

■39PLS膝関節後外側支持機構(ひざかんせつこうがいそくしじきこう)の損傷?click!

■40複合靭帯損傷(ふくごうじんたいそんしょう)?click!

■41座骨・腓骨・𦙾骨神経麻痺って、なに?click!

■42坐骨神経麻痺(ざこつしんけいまひ)?click!

■43𦙾骨神経麻痺(けいこつしんけいまひ)?click!

■44腓骨神経麻痺(ひこつしんけいまひ)?click!

■45深腓骨(しんひこつ)神経麻痺=前足根管(せんそっこんかん)症候群?click!

■46浅腓骨(せんひこつ)神経麻痺click!

■47.仙髄神経麻痺click!

■48.足関節の構造と仕組みclick!

■49右腓骨遠位端線損傷?click!

■50右足関節果部骨折click!

■51.足関節果部脱臼骨折、コットン骨折click!

■52アキレス腱断裂?click!

■53アキレス腱滑液包炎?click!

■54足関節不安定症?click!

■55足関節に伴う靱帯損傷のまとめ?click!

■56.足関節離断性骨軟骨炎(あしかんせつりだんせいこつなんこつえん)?click!

■57腓骨筋腱炎?(ひこつきんけんえん)?click!

■58.変形性足関節症?click!

■59足の構造と仕組み?click!

■60足根骨の骨折 外傷性内反足(がいしょうせいないはんそく)?click!

■61足根骨の骨折距骨(きょこつ)骨折?click!

■62足根骨の骨折 右踵骨不顕性(みぎしょうこつふけんせい)骨折?click!

■63足根骨の骨折 踵骨(しょうこつ)骨折?click!

■64.足根骨の骨折 距骨々軟骨(きょこつこつなんこつ)損傷?click!

65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?

65足根骨の骨折 足根管症候群、後𦙾骨神経麻痺?

上肢の外傷に、よく似た傷病名で手根管症候群があります。
これは、上肢を走行する正中神経が、手根管のトンネル部で圧迫、締め付けられたことにより、
麻痺したもので、交通事故では、橈骨の遠位端骨折や月状骨の脱臼に合併して発症しています。

足根管症候群も、手根管症候群と同じく、絞扼性神経障害で、後𦙾骨神経が麻痺する症状です。
𦙾骨神経は、下腿から足の方へ向って走行、足の内くるぶしの付近で枝分かれをして、足の裏の感覚を支配しています。
内くるぶし付近では、足根管というトンネルが存在して、後𦙾骨神経がその中を通り、交通事故では、
𦙾骨内果・距骨・踵骨の骨折、脱臼に合併して発症しています。

症状は、足指や足底部の痺れ感や疼痛を訴えるのですが、痛みの領域が足首以下に限定され、
かかとや足関節、足裏に痛みが生じていること、足の親指の底屈不能、
痛くて眠れないほど、夜間に痛みが増強するが、足の甲には痛みやしびれが出現しないのが典型的な症状です。

足根管部に圧痛や放散痛が認められ、皮膚の表面から軽く叩いただけで、
極めて激しい痛みが放散するチネルサインも陽性となります。
神経の障害ですから、後𦙾骨神経が支配している筋肉の筋電図をとると異常が認められます。

治療としては、保存的に、ステロイド剤の局注、鎮痛消炎剤の内服、足底板の装用、安静で改善を見ることもありますが、
効果が得られなければ、屈筋支帯を切離し、神経剥離術を実施します。
オペは、整形外科・スポーツ外来、専門医の領域です。
予後は良好であり、絞扼性神経障害では、後遺障害を残すことは稀な状況です。

足根管症候群における後遺障害のキモ?

1)交通事故では、𦙾骨内果・距骨・踵骨の骨折や脱臼に合併して、
このトンネルが圧迫を受け、足根管症候群を発症しているのです。
したがって、後遺障害の本線は、脛骨、距骨、踵骨の骨折後の変形、疼痛、可動域制限となります。
足根管症候群は、治療で治癒することを目指します。

軽度な足関節捻挫でも、足根管症候群を発症することがあります。
多くの被害者が、オペを後回しにして後遺障害を獲得しようと考えますが、それは間違っています。
治癒することが分かっていて、現状で、後遺障害を認めるほど、調査事務所はオバカではありません。

2)4年前、大阪の被害者、40歳男性は、左足関節両果骨折、左足根管症候群の傷病名で、
神経剥離術を受けたのですが、症状が改善しません。
「治療先の医師を、医療過誤で訴えたいが、どうしたらいいか?」こんな相談に来られたのです。

症状は、かかとや足関節、足裏の痛みとだるさ感、足の親指の底屈不能でした。
これらの痛みは、夜間に増強し、痛くて眠れないとの訴えです。
神経剥離術の失敗が予想されるのですが、それは後遺障害を獲得してから検証しましょうと説得、
被害者であるおっさんを押さえ込みました。

後脛骨神経麻痺は筋電図、骨折後の骨癒合と変形のレベルは3DCTで完璧に立証しました。
結果、左足関節の機能障害で10級11号、左親趾の用廃で12級12号、併合9級が認定されました。

連携弁護士に委任、訴訟基準で保険屋さんと交渉した結果、
後遺障害慰謝料690万円、
逸失利益 672万6900円×0.35×14.643=3447万6000円
後遺障害部分の損害賠償額は、4137万6000円となりました。

3)さて、問題の医療過誤です。
医療過誤とは、医師や看護師などの医療関係者が、治療を行うにあたって当然必要とされる注意を怠ったため、
患者に損害を与えることです。
薬剤の誤投与や衛生管理の不徹底による感染などは、民法・刑法・行政法上の責任を問われることになりますが、
立証責任は患者側にあります。
本件の神経剥離術に医療過誤があったとしても、交通事故による破滅的な損傷であり、
神経剥離術が失敗であったとしても、それは不可抗力であって医療過誤ではないと主張されるでしょう。
そして、交通事故医療では、この蓋然性が非常に高いのです。
先の見えない戦いに突入しようものなら、保険屋さんは、支払責任を免れますから、大喜びです。

私が保険調査員時代にも、ある被害者が、医療過誤訴訟を立ち上げました。
結論は、手術は失敗ではなく不可抗力であったと思料される。
ただし医師としてその手術を選択したことに注意義務違反があり、インフォームド・コンセントも十分ではなかったとして、
僅かな見舞金の支払が命じられたのみで、結審しました。

この被害者は、オペ直後から病院内で医療過誤を叫び、治療先から用心されていました。
そして、そのことを保険屋さんに報告、保険屋さんから弁護士の紹介を受けて争ったのです。
お人好しも、ここまで来るとスーパーノーベル賞レベルです。
担当していた私は、1回だけ、「医療訴訟なんて考えるものではありませんよ?」とアドバイスしたのですが、
熱くなっており、全く耳を貸さないので、手を引いたのです。

「ハサミや鉗子、ガーゼが留置されていた?」
まる分かりの医療過誤であっても、そんなことで大騒ぎするのではなく、
まず、後遺障害を確定させて、保険屋さんとの損害賠償請求を訴訟基準で完結させるのです。
その後、引き続き弁護士にお願いして、真綿で首を絞めるように見舞金を請求すればいいのです。


■66足根骨の骨折 足底腱膜断裂(そくていけんまくだんれつ)?click!

■67足根骨の骨折 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)?click!

■68モートン病 (MORTON病)?click!

■69足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)?click!

■70足根骨の構造?click!

■71足根骨の骨折 ショパール関節脱臼骨折click!

■72.足根骨の骨折リスフラン関節脱臼骨折click!

■73足根骨の骨折リスフラン靱帯損傷click!

■74足根骨の骨折 第1楔状骨(けつじょうこつ)骨折?click!

■75足根骨の骨折 足の舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折?click!

■76.足根骨の骨折 立方骨(りっぽうこつ)圧迫骨折=くるみ割り骨折?click!

■77足根骨の骨折 舟状骨裂離(しゅうじょうこつれつり)骨折?click!

■78足根骨の骨折 有痛性外𦙾骨(ゆうつうせいがいけいこつ)?click!

■79.足根骨の骨折 二分靱帯(にぶんじんたい)損傷?click!

■80.足根骨の骨折 踵骨前方突起(しょうこつぜんぽうとっき)骨折?click!

■81足趾の骨折 基節骨の骨折click!

■82足趾の骨折 中足骨骨折click!

■83.足趾の骨折 第5中足骨基底部骨折=下駄骨折?click!

■84足趾の骨折?click!

■85足趾の骨折?click!

■86.下腿骨の切断、足趾の切断click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト