交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 頚腰部捻挫周辺の傷病名と後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■受傷機転click!

■頚椎神経根症=radiculopathyclick!

外傷性頚部症候群の神経症状について?

外傷性頚部症候群の神経症状について?
 
ほ乳類は、くびの長さに関係なく、キリンからカバに至るまで7個の頚椎を有しています。
参考までに、例外のナマケモノは9個の頚椎を有し、頭部を270°まで回転させることができます。

頚椎、cervical spineは、Cで表示、C1〜C7と呼びます。
さて、人間の頚椎も7つの椎体で構成されており、頭部を支える役目を有しています。
焼き場でお骨あげのとき、「仏様ですよ?」 と最後に喪主が拾い上げるのは喉仏、C2です。

脱線が続きましたが、外傷性頚部症候群の神経症状とは、左右いずれかの頚部、肩、上肢から手指にかけての痺れです。
痺れといっても、14級9号のレベルであれば、それほど深刻なものではありません。
無料相談会では、「重さ感、だるさ感、軽い痛み、しびれ感はありませんか?」
自覚症状の範囲を拡大して、確認しています。

外傷性頚部症候群で注目すべきは、C5/6、C6/7の神経根に限られています。
脊髄から枝分かれをしたC5/6、C6/7の左右2本の神経根は、左右の上肢を支配しているからです。
C5/6右神経根が圧迫を受けると、右手の親指と人差し指に、C6/7では、薬指と小指に痺れが出現するのです。

XPやCTは骨を見るためのもので、神経根が確認できるのは、MRIだけです。

受傷後に撮影したMRIで、C5/6/7の神経根の通り道が狭まっている?
明確に圧迫を受けている?
これらが確認できたときは、自覚症状に一致した画像所見が得られたことになるのです。
後遺障害の獲得に一歩、近づいたことになるのです。
ですから、早期にMRIの撮影を受けてくださいと、申し上げているのです。
早期とは、受傷から2カ月以内です。

外傷性頚部症候群における後遺障害のキモ?

1)MRIで注目すべきは、C5/6とC6/7です。
自覚症状に一致するMRI所見が得られるのは、C5/6/7であるからです。

2)4つの必要十分条件?
ーVS車の衝突では、30万円以上の物損、
∋故直後からの症状の出現、早期、2カ月以内のMRI撮影、
6カ月間の真面目な整形外科通院、
た損療、常識的で信憑性が感じられる療養態度、

後遺障害では、上記の4つが重点的に審査されています。
4つが達成できないと、後遺障害の認定はありません。

3)損害賠償は、有能な弁護士に?
専業主婦でも、弁護士が交渉すれば、14級で320万円、12級なら735万円が期待できます。
なぜ? 裁判で適用される地方裁判所支払基準で示談交渉を進めるからです。

交通事故無料相談会で、等級獲得までの一切を説明しています。
実は、この場で説明できないことがたくさんあります。
後遺障害を確実なモノにしたいとお考えの被害者は、できるだけ早期に、受傷から2カ月以内に、
MRIのCDを持参して、交通事故無料相談会に参加してください。
14級9号か、12級13号か、それとも非該当か、根拠を明らかにして納得できる説明を行っています。
それが、交通事故110番の自慢とするところです。


■バレ・リュー症候群と耳鳴り、その他の障害について?click!

■4頚肩腕症候群click!

■5椎骨脳底動脈血行不全症click!

■6環軸椎亜脱臼、AADclick!

■7肩関節周囲炎click!

■8変形性脊椎症click!

■9仙腸関節機能不全、AKAclick!

■10頚椎椎間板ヘルニアclick!

■11腰椎椎間板ヘルニアclick!

■12脊柱管狭窄症click!

■13後縦靭帯骨化症=OPLLclick!

■14脊椎分離・すべり症click!

■15上位脊髄損傷、C1〜C2click!

■16脊髄損傷click!

■17中心性脊髄損傷click!

■18腕神経叢損傷click!

■19脊髄空洞症click!

■20脊髄不全損傷=非骨傷性頚髄損傷click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト