交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 頚腰部捻挫周辺の傷病名と後遺障害
交通事故外傷と後遺障害


■受傷機転click!

■頚椎神経根症=radiculopathyclick!

■外傷性頚部症候群の神経症状について?click!

■バレ・リュー症候群と耳鳴り、その他の障害について?click!

■4頚肩腕症候群click!

■5椎骨脳底動脈血行不全症click!

■6環軸椎亜脱臼、AADclick!

■7肩関節周囲炎click!

■8変形性脊椎症click!

■9仙腸関節機能不全、AKAclick!

10頚椎椎間板ヘルニア

頚・腰部捻挫周辺の傷病名と後遺障害

 

10頚椎椎間板ヘルニア

(1)病態
椎間板の変性を基盤にして、線維輪断裂部や髄核の一部が、後方や斜め後方に飛び出し、神経根や脊髄を圧迫している状況を椎間板ヘルニアと説明します。 ヘルニアの好発部位は、C5/6、C6/7、C4/5の順となっています。

(2)症状
症状は、ヘルニアの脱出部位によって、異なります。

神経根症状
頚部神経根症で説明していますが、肩から上肢にかけての痛みや痺れ、筋肉の萎縮、筋肉の痙攣等、圧迫を受けている神経根、つまり末梢神経の支配領域に限局した症状が出現します。


脊髄圧迫症状
脊髄本体の圧迫により、障害は圧迫部位より下方の体幹から両下肢にかけて、痛みや痺れの知覚障害、歩行障害、筋力低下や筋萎縮、膀胱・直腸障害等の深刻な症状が出現します。
神経学的検査では、深部腱反射の亢進や病的反射が陽性を示します。

頚椎椎間板ヘルニアの場合、先の神経学的所見の他に、両手の全体の知覚が低下し、ボタンのかけ外し等の指先の巧緻運動の障害や筋肉の萎縮等が出現します。 

(3)診断

/牲从症状誘発テスト
末梢神経である神経根症状を確認するテストで、スパーリングとジャクソンの2種類です。

⊂綮茲両評による診断
持続的に生じている疼痛や知覚障害が末梢神経の支配領域に限局しているのか?両上肢に認められるのか?上肢の腱反射が、低下・消失しているのか? 亢進しているのか?
疼痛や知覚障害が、左右のどちらかに限局、どちらかの上腕二頭筋や三頭筋の腱反射が低下、消失して、左右差が認められる場合は、ヘルニアが神経根を圧迫している証左となります。

逆に、両上肢に疼痛や知覚障害が認められ、腱反射が亢進している場合は、ヘルニアが脊髄本体を圧迫している状況を示しています。

    
スパーリング            ジャクソン

J篏診断
XP検査で、骨棘形成、椎間の狭小化、脊柱の狭窄等の脊髄や神経根に対する圧迫所見を確認します。

だ埒饌け
一般的には、脊椎の固定術を前提にして実施されるもので、ミエログラフィー検査と呼びます。
造影剤を脊髄腔内に注入して撮影、ヘルニアによる神経根や脊髄の圧迫所見が確認できます。

ツ粘嵌賃け
椎間板に造影剤を直接に注入して撮影、椎間板の後方隆起等の確認が可能です。

(4)治療と後遺障害
治療は、大きく分けて、保存的治療と手術療法にわかれます。

(歛古治療
受傷直後は、安静が最も重要な治療となります。 
安静に加え、消炎鎮痛剤、筋弛緩剤の薬剤が内服投与、頚椎カラーやコルセットの装用が指示されています。
受傷から、3〜4週間経過後からは、先の薬剤に加えて、牽引を代表とする理学療法が始められます。

⊆蟒冦屠
我慢できない疼痛が存在しているケース
神経根に対する高度の圧迫で、筋萎縮が進行しているケース
脊髄麻痺が進行しているケース
等は、手術適用となります。

B緝重な前方固定術について
脊髄や神経根を圧迫している椎間板を前方から摘出すれば、ただちに圧迫は軽減されます。

しかし、本来あるべき椎間板が除去されれば、頚椎の安定性は損なわれます。

頚部がグラツキ、脊髄を傷つける可能性を残しますので、大変危険な状況です。

そこで、患者の腸骨の一部を骨採取し、これを砕いた後に、本来あるべき椎間板の隙間に埋め込んで固定、前方固定術は喉の方向から、頚椎に達します。

■11腰椎椎間板ヘルニアclick!

■12脊柱管狭窄症click!

■13後縦靭帯骨化症=OPLLclick!

■14脊椎分離・すべり症click!

■15上位脊髄損傷、C1〜C2click!

■16脊髄損傷click!

■17中心性脊髄損傷click!

■18腕神経叢損傷click!

■19脊髄空洞症click!

■20脊髄不全損傷=非骨傷性頚髄損傷click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト