交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害等級別アプローチ
交通事故外傷と後遺障害


■後遺障害等級別アプローチclick!

■別表気1、2級?click!

■2別表狂絨箴祿嘉級1級click!

■3別表狂絨箴祿嘉級2級click!

■4別表狂絨箴祿嘉級3級click!

■5別表狂絨箴祿嘉級4級click!

■6別表狂絨箴祿嘉級5級click!

■7別表狂絨箴祿嘉級6級click!

8別表狂絨箴祿嘉級7級

等級別後遺障害のアプローチ

 

 

8 別表供仝絨箴祿嘉級 7 級

7

1 一眼が失明し、他眼の視力が 0.1 以下となったもの、

2 両耳の聴力が 40 儖幣紊竜離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

3 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では、普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

4 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの、

5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの、

6 一手の親指を含み 3 の手指を失ったもの又は親指以外の 4 の手指を失ったもの、

7 一手の 5 の手指又は親指を含み 4 の手指の用を廃したもの、

8 一足をリスフラン関節以上で失ったもの、

9 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの、

10 一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの、


11 両足の足指の全部の用を廃したもの、

12 女子の外貌に著しい、醜状を残すもの、

13 両側の睾丸を失ったもの、

1051

56

42

7-1 一眼が失明し、他眼の視力が 0.1 以下となったもの、

7-2 両耳の聴力が 40 儖幣紊竜離では普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

両耳の聴力が 50dB 以上で、かつ、最高明瞭度が 50 %以下のものであり、 7 級 2 号が認定されます。

7-3 一耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が 1m 以上の距離では、普通の話声を解することが出来ない程度になったもの、

1 耳の聴力が 90dB 以上で、かつ、他耳が 60dB 以上のものであり、 7 級 3 号が認定されています。

1 耳と他耳との聴力レベルの組み合わせによる認定基準一覧表

両耳の聴力レベルと最高明瞭度との組合せによる認定基準一覧表

耳の聴力レベルと最高明瞭度との組合せによる認定基準一覧表

他覚的検査 ?

聴力障害検査

検査の内容

検査機器

純音聴力検査

オージオメーター

語音聴力検査

スピーチオージオメーター

ABR 、聴性脳幹反応

ABR

SR 、あぶみ骨筋反射

インピーダンスオージオメトリー

7-4 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの、

1 従来の脳損傷=低次脳機能障害では、中程度の神経系統の機能又は精神の障害のため、精神身体的な労働能力が一般平均人以下に明らかに低下しているもの、独力では一般平均人の 2 分の 1 程度に労働能力が低下している場合がこれに該当します。

2 高次脳機能障害では、一般就労を維持出来るが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことが出来ないものと言われています。
一般就労を維持出来るが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことが出来ない状況で、昔は、タバコ屋の店番程度?と説明されていました。

3 外傷性てんかんのため十分な治療にもかかわらず、 1 ヶ月に 1 回以上の意識障害を伴う発作があるか、 又は発作型の特徴のため、一般平均人の 2 分の 1 程度の労働能力しか残されていないもの、
てんかんの特殊性からみて、就労可能な職種が著しく制限されるものは 7 級 4 号が認定されています。

4 中程度のめまい・失調・平衡機能障害のために、労働能力が一般平均人の 2 分の 1 以下程度に明らかに低下しているものは 7 級 4 号が認定されています。

5 脊髄損傷では、明らかな脊髄症状のため、独力では、一般平均人の 2 分の 1 程度の労働能力しか残されていないものは、 7 級 4 号が認定されています。

6 反射性交感神経ジストロフィー

反射性交感神経萎縮症= Reflex Sympathetic Dystrophy と呼ばれており神経因性疼痛の代表的なものです。

交通事故受傷で神経が損傷され、慢性の痛みや痺れ不調に悩まされている状況を言います。

国際疼痛学会では、痛みの全てについて交感神経が関与している訳ではないところから、総称して CRPS 、 Complex Regional Pain Syndrome と呼び、その中で交感神経の関与が強いものを RSD 、そうでないものをカウザルギーとしています。

RSD は「疼痛」「腫脹」「関節拘縮」「皮膚変化」の 4 つの徴候が認められれば、強く疑われます。

受傷後から時間が経過し、医学的には治癒段階と考えられる時期に発症することが多いのも特徴です。

症状は四肢に多く見られ、体幹や顔面部は稀です。

痛みは灼熱痛と表現される持続痛でその範囲は次第に拡がる傾向です。

Nliro 調査事務所は RSD の後遺障害認定の要件として以下の 3 つを要件としています。

ヾ慇畊棺未認められること、
骨萎縮=ズディック骨萎縮が確認出来ること、
H乕羶Г吠儔修認められること、

上・下肢の関節部に発生した RSD は、上記基準で 7 、 9 、 12 、 14 級が認定されています。
外傷性頚部症候群をきっかけとした CRPS で H20-12 、 7 級を獲得しています。
RSD 、カウザルギーの疼痛性感覚異常により、軽易な労働以外の労働に常に差し支える程度の疼痛があるものは、 7 級 4 号が認定されます。

更に、厚生労働省は、関節拘縮に至るものは、関節の用廃として後遺障害等級を認定するとの指針を発表、労災の業務災害による左手指の RSD で、 H19-1 に 7 級が認定された被害者の審査請求で、 H20-4 、左手指と左手関節の用廃で併合 6 級の上位等級が認定されています。
この被害者は、左肘と左肩関節に RSD 症状が拡大しており、再審査請求で、 1 上肢 の用を全廃したものとして 5 級 6 号の獲得を目指しています。
関節拘縮による用廃で後遺症障害等級が上がる! これをシッカリ憶えて下さい。

7-5 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することが出来ないもの、

中程度の胸腹部臓器の障害のために、労働能力が一般平均人以下に明らかに低下しているもので、独力では一般平均人の 2 分の 1 程度の労働能力しか残されていないものは 7 級 4 号が認定されます。

1 呼吸器の障害については、別表妓絨箴祿嘉級 1 級 2 号を参照して下さい。
2 心臓機能の低下により、除細動器を植え込んだもの、
3 胃の全部または一部を切除したことにより、消化吸収障害+ダンピング症候群+逆流性食道炎を残すもの、
消化吸収障害とは、胃の全部または一部を切除したことにより、食餌が十分に消化されなくなって発症します。  BMI の数値が、体重÷(身長) 2 = 20 以下であれば、認定されます。

ダンピング症候群とは、叩き売りではなく、胃の出口部分、幽門部を切除したことにより、胃の内容物が急速に腸に送り込まれ、食後にめまいや起立不能等の症状を生じるものをいいます。

胃切除後逆流性食道炎とは、ダンピング症候群の逆で、胃の入口部分、噴門部を切除したことにより、胃液等が食道に逆流し、食道に潰瘍等を生じ、胸焼け、胸痛等の症状を生じるものをいいます。
交通事故受傷で、胃の全部または一部を切除した場合は、その事実だけで 13 級が認定されます。

4 人工肛門を造設したもの、

5 小腸または大腸の皮膚瘻を残すもの=瘻孔から小腸または大腸の内容の全部または大部分が漏出するもの、
瘻孔から漏出する小腸または大腸の内容がおおむね 100ml/ 日以上で、パウチ等による維持管理が困難なもの、

6 完全便失禁、

7 腎臓を亡失、 GFR の値が 31 〜 50ml/ 分のもの、

8 非尿禁制型尿路変更術、禁制型尿リザボアの手術を行ったもの、

9 持続性尿失禁を残すもの、切迫性尿失禁または腹圧性尿失禁のため、終日パッド等を装着し、かつ、パッドをしばしば交換するもの、

10 生殖器の障害では、

[沼Δ伶亟櫃鮗困辰燭發痢
⇔沼Δ陵饒磴鮗困辰燭發痢
常態として精液中に精子が存在しないもの、
ぞ鐶屬箸靴突饂劼形成されないもの、
これらが胸腹部臓器の機能障害として 7 級 5 号が認定されています。

7-6 一手の親指を含み 3 の手指を失ったもの又は親指以外の 4 の手指を失ったもの、

7-7 一手の 5 の手指又は親指を含み 4 の手指の用を廃したもの、

7-8 一足をリスフラン関節以上で失ったもの、

7-9 一上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの、

等級認定基準が改正されました。

偽関節とは、長管骨の骨折部の骨癒合が停止、異常可動域を示している状態のことです。

医師は、長管骨の一部が癒合していない状況を偽関節と説明しますが、後遺障害に該当するには、周囲の骨癒合が不良で、異常可動性が認められなければなりません。

物を保持し移動させることは、上肢の役目の一つですが、偽関節により、この保持機能を喪失し、硬性装具なくしては、物の保持や移動が困難になった状況が、著しい運動障害に該当します。


私の 30 年以上の経験則でも、この状態に至る偽関節は余程の骨折=開放性粉砕骨折、開放性挫滅骨折でなければならず、少数例です。

更に、最近の医療技術では、このレベルの後遺障害を残すことは通常考えられません。

仮に残したとしても、専門医で修正が可能です。

従って、上肢の偽関節による 7 、 8 級は滅多に発生するものでないと理解して下さい。


上腕骨および橈骨・尺骨の偽関節

等級

認定基準

7 級 9 号

‐縅唸に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、

∠骨及び尺骨に異常可動性を有する偽関節説を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、

8 級 8 号

上腕骨又は橈骨及び尺骨に偽関節を残すもので、物を保持したり移動するのに時々、硬性補装具を必要とするもの、

7-10 一下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの、

偽関節 とは、長管骨の骨折部の骨癒合が停止して、異常可動域を示している状態です。

医学的には、長管骨の一部が癒合していない状況でも偽関節と呼びますが、後遺障害に該当するには、骨折部の周囲全てに骨癒合が未完成で異常可動性が認められなければなりません。

下肢の役目は、立位と歩行することにあると考えられています。

偽関節により、この立位と歩行機能を喪失し、硬性装具なくしては、立位の保持や歩行が困難になった状況が、著しい運動障害に該当します。

脛骨の骨癒合を優先させる必要から、腓骨の一部を骨採取し脛骨に骨移植する治療が実施されることがあり、腓骨は偽関節で日常に何ら支障がなくとも 8 級が認められる? 多くを経験してきましたが、今後、これが偽関節として認められることはありません。

大腿骨および脛骨・腓骨の偽関節

等級

認定基準

7 級 10 号

‖臑楾に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、

∽骨に異常可動性を有する偽関節を残し、硬性補装具を常に必要とするもの、

8 級 9 号

脛骨及び腓骨に偽関節を残すもので、立位や歩行に時々、硬性補装具を必要とするもの、

術後の MRSA 感染による骨髄炎等の影響により、下腿骨の偽関節が想定されるのですが、イリザロフやアルビジア・ネイル等の脚延長術が進化、大胆な骨切りによる根治術が可能です。
現在では、偽関節そのものが大幅に減少しています。

7-11 両足の足指の全部の用を廃したもの、

7-12 女子の外貌に著しい、醜状を残すもの、

外貌の著しい醜状とは、頭部では手のひら大以上の瘢痕が残った場合、

頭蓋骨に手のひら大以上の欠損が残った場合を言います。

手のひらとは、指の部分を除いた手の面積、大小の違いがありますが、この場合は被害者の手のひらの大きさで判断がなされています。

顔面部では、鶏卵大以上の瘢痕、 5cm 以上の線状痕、 10 円硬貨大以上の窪みが残った場合が 7 級に該当、耳殻軟骨部の 2 分の 1 以上の欠損、鼻軟骨部の大部分を欠損した場合も、著しい醜状に該当します。

2 個以上の瘢痕又は線状痕が相隣接し、またはあいまって、 1 個の瘢痕または線状痕と同程度以上の醜状を呈する場合は、それらの面積、長さ等を合算して等級を認定すると規定しています。

この取扱いは、 Nliro 調査事務所によってバラツキが見られます。

私が大変危険に思うのは、認定基準の、「他人をして醜いと思わせる程度、つまり、人目につく程度以上のもの?」この部分で、これには Nliro 調査事務所の担当者の主観が入ります。
女性であっても男性であっても、チョーイケ面からチョーイケテナイ面に至るまで多彩なラインアッ プです。
イケ面なら目立つ線状痕が、目立たない?事実としてあるのです。

すれ違う前から、目をそむける顔がゴマンとあるのです。
従って、私は、「具体的にどんな大きさ、何僉」 これで迫るのです。

4141 の爺さん会の主観で決められたのでは、堪りません!
ご存知と思いますが、 4141 は、 Nliro 調査事務所の電話番号なのです?

7-13 両側の睾丸を失ったもの、

7-5 胸腹部臓器の後遺障害で説明しています。


■9別表狂絨箴祿嘉級8級click!

■10別表狂絨箴祿嘉級9級click!

■11別表狂絨箴祿嘉級10級click!

■12別表狂絨箴祿嘉級11級click!

■13別表狂絨箴祿嘉級12級click!

■14別表狂絨箴祿嘉級13級click!

■15別表狂絨箴祿嘉級14級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト