交通事故110番  
まず初めに! コンテンツ 掲示板 相談メール 会員サイト サイトマップ
TOPページへ
交通事故外傷と後遺障害 高次脳機能障害 頚・腰部捻挫 判例の解説 健康保険&労災保険 保険の約款 支払基準 別表 物損 扮セン他
top > コンテンツ > 交通 事故外傷と後遺障害 > 後遺障害等級別アプローチ
交通事故外傷と後遺障害


■後遺障害等級別アプローチclick!

■別表気1、2級?click!

■2別表狂絨箴祿嘉級1級click!

■3別表狂絨箴祿嘉級2級click!

■4別表狂絨箴祿嘉級3級click!

■5別表狂絨箴祿嘉級4級click!

■6別表狂絨箴祿嘉級5級click!

■7別表狂絨箴祿嘉級6級click!

■8別表狂絨箴祿嘉級7級click!

9別表狂絨箴祿嘉級8級

等級別後遺障害のアプローチ

 

 

9 別表供仝絨箴祿嘉級 8 級

8

1 一眼が失明し又は一眼の視力が 0.02 以下となったもの、

2 脊柱に運動障害を残すもの、

3 一手の親指を含み 2 の手指を失ったもの又は親指以外の 3 の手指を失ったもの、

4 一手の親指を含み 3 の手指の用を廃したもの又は親指以外の 4 の手指の用を廃したもの、

5 一下肢を 5 儖幣綯蚕未靴燭發痢

6 一上肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの、

7 一下肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの、

8 一上肢に偽関節を残すもの、

9 一下肢に偽関節を残すもの、


10 一足の足指の全部を失ったもの、

819

45

34

8-1 一眼が失明し又は一眼の視力が 0.02 以下となったもの、

8-2 脊柱に運動障害を残すもの、

等級認定基準が改正されています。
別表兇 6 級 5 号を参照して下さい。 

8-3 一手の親指を含み 2 の手指を失ったもの又は親指以外の 3 の手指を失ったもの、

8-4 一手の親指を含み 3 の手指の用を廃したもの又は親指以外の 4 の手指の用を廃したもの、

8-5 一下肢を 5 儖幣綯蚕未靴燭發痢

短縮障害は下肢だけに認められるもの、上肢に短縮障害はありません。
1 下肢を 5cm 以上短縮したもの= 8 級 5 号、
1 下肢を 3cm 以上短縮したもの= 10 級 8 号、
1 下肢を 1cm 以上短縮したもの= 13 級 9 号、

Nliro 調査事務所の規程では、上前腸骨棘と下腿内果下端の間の長さを測定し健側と比較して算出する? とされていますが、誤差が大きく生じる可能性が考えられます。

私はロールレントゲンフィルムで下腿骨の全長を撮影し、左右を比較、計測する方法で申請しています。
これなら、間違いが生じることは、ありません。
機転を利かした申請を行って下さい。

8-6 一上肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの、

ヾ慇瓩龍直又はこれに近い状態にあるもの、
⊃牲佶竅稘により自動運動不能又はこれに近い状態にあるもの、
人工骨頭又は人工関節を挿入したもの、
用廃の要件は上記の 3 つでしたが、等級認定基準が改正され、人工骨頭、人工関節は排除されました。
1 上肢の 2 関節の用廃は 6 級 6 号、 1 関節の用廃は 8 級 6 号が認定されています。
別表兇 6 級 6 号を参照して下さい。

上肢における関節の強直は、関節固定術、 CRPS を原因とする関節拘縮が考えられます。
神経麻痺は、上腕神経叢麻痺が代表しています。

8-7 一下肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの、

ヾ慇瓩龍直又はこれに近い状態にあるもの、

⊃牲佶竅稘により自動運動不能又はこれに近い状態にあるもの、

A綾住靱帯、後十字靱帯の断裂による動揺関節で、労働に支障があり、常時固定装具の装着を絶対に必要とする程度のもの、

た郵骨頭又は人工関節を挿入したもの、
用廃の要件は上記の 4 つでしたが、等級認定基準が改正され、人工骨頭、人工関節は排除されました。

1 下肢の 2 関節の用廃では 6 級 7 号、 1 関節の用廃なら 8 級 7 号が認定されています。
別表兇 6 級 7 号を参照して下さい。

8-8 一上肢に偽関節を残すもの、

‐縅唸又は橈骨及び尺骨に偽関節を残すもので、物を保持したり移動するのに時々、硬性補装具を必要とするもの、
∠骨又は尺骨の一方に偽関節を残し、物を保持したり移動するのに時々、硬性補装具を必要とするもの、
上記では、 8 級 8 号が認定されます。

 

8-9 一下肢に偽関節を残すもの、

≧骨及び腓骨に偽関節を残すもので、立位や歩行に時々、硬性補装具を必要とするもの、
∽骨に偽関節を残し、立位や歩行に時々、硬性補装具を必要とするもの、
上記では、 8 級 9 号が認定されます。
腓骨に偽関節を残すものは、 12 級 8 号に格下げされています。

8-10 一足の足指の全部を失ったもの、

従来の認定基準では、脾臓または 1 側の腎臓を失ったものが 8 級 11 号とされていました。
これらは、今回の改正により、 13 級 11 号に格下げされています。


■10別表狂絨箴祿嘉級9級click!

■11別表狂絨箴祿嘉級10級click!

■12別表狂絨箴祿嘉級11級click!

■13別表狂絨箴祿嘉級12級click!

■14別表狂絨箴祿嘉級13級click!

■15別表狂絨箴祿嘉級14級click!

前のページに戻る このページの最初に戻る

TOPページへ 交通事故相談サイト